やっとわかった…(;^_^A (SR SUNTOUR Q-LOC2 15mmアクスルの外し方)


先日新しくしたMTBのフロントフォークのメーカーが『SR SUNTOUR』だったのですが、そのフロントフォークの15mmスルーアクスルの取付方式と使用しているホイールの相性が悪く、ホイールの取り外しをしようとすると…

こんな感じでハブの途中で『スルーアクスル』が引っかかってしまいフロントホイールが外せないと言う事態になってしまう事がよくあり困っていました。(特にフロントホイール取付方法がコンパーチブルモデル(9mm、15mm、20mmすべてに対応可能のホイール)との相性は悪い…。)
ところが今日、『スルーアクスルシャフト』の仕組みがわかりようやくスムーズに取り外せる方法を今更ながら解りました。

ちなみになぜ途中で引っかかるかと言うと


こちらがクイックレバーを開放しただけの状態です。この状態のままだと


このような状態になり『スルーアクスル』をハブから抜けなくなります。ただ、金色の部分を棒状のものかマイナスドライバーで押し続ければ

写真のように『出っ張り部分』が『軸部分』と『エンド部分』に収納され『スルーアクスル』をホイールから抜くことができホイールを取り外せることができます。このため今までは金色部分をマイナスドライバーなどで押し続けていたのですが、実はこの状態のままにできる機構が備わっていました。(^^;)

まず、アクスルのエンド部分を奥まで押し込み、シャフトの先にある『Cリング』部分を金色の部分よりも飛び出させます。

『Cリング』部分が出ている状態で、エンド部分を左右どちらでも構いませんので捻ります。

すると

ちょっと見えずらいですが、押し込んだ状態で『軸部の黒い十字』部分を捻ることにより軸の位置がズレ『エンド部の金色』の部分にひっかかり『エンド部分を押し続けた状態』を維持してくれます。

『押し出す前』

『軸十字部分を押し出して溝に引っかかっている状態』

これでこの状態が保てます。

これによりスムーズに『スルーアクスル』を抜くことが可能になりました。しかし、早く気づけばよかった…。と言うか袋に入っていた『マニュアル』を読めば良かった。(^^;)
まあ、言い訳としては『自分のバイク』と言う油断もありますし…『ファミコン世代』の店長としては『有野課長』のように『説明書』を読まずに『コントローラー』を握り、『ゲームスタート』すると言う思考回路なんです…たぶん…w




この『ディスクローター修正ツール』けっこう使い勝手いいですよ!

シマノフロントデイレーラーの『スキッドプレート』


『スキッドプレート』とはシマノの機械式フロントディレーラーに付いてる黒いパーツの事で変速する際にチェーンを押しあげたり、インナーxロー時のフロントディレーラーとチェーンの接触音をやわらげたりする役目をしているパーツです。
この『スキッドプレート』プラスチック製のためフロントディレーラーの使用頻度にもよりますがチェーンに『ガリガリ』と削られ摩耗します。


左が摩耗したもの 右が新品

下が摩耗したもの 上が新品

上記の摩耗したスキッドプレートは約1万キロぐらい使用したフロントディレーラーのスキッドプレート。そりゃ、1万キロも使ってたらこのくらい摩耗するよね…と言う感じです。
また、取付方法がプラスチックの爪でフロントディレーラーにハマっているだけなので、何かの拍子にポロっと取れちゃうなんて事もあります。
フロントディレーラーの変速時やインナーxローの時に『カリカリ』と金属音が大きくなっていたり、変速がなんかスムーズじゃないな…と言う時、一度この『スキッドプレート』の摩耗や『有・無』を確認してみるといいかもしれません。




『フリー』が本当に『フリー』になっちゃう前に…


先日、『クランクをどんなに漕いでもギアがクルクル回って動きません…』と言う修理を受けました。カンパホイールで(記憶が曖昧なのでフルクラムかもしれませんが…(^^;))なんとなく症状的に検討がついたためホイール部のフリーを分解してい見ると予想どおり、フリーを駆動さる『爪』を起こすための『pawl spring』が折れていました。

こんな感じで真ん中からポッキリ…。このスプリングが折れているとリアのホイールを駆動させる事ができないため漕いでも漕いでも進みません。(ローラー台無負荷のインナーxロー的な)
近所であればいいですが、ロングライドの途中や峠の途中でこの状態になった日にはロードサービスを呼ぶか上りと平地は『押し』、下りのみ『自転車にまたがる』と言ういつになったら帰れるの状態になってしまいます。(実際にMTBサイクリング中に起きた事ありました。里山トレイルだったため距離は短くそこまで酷いことにはなりませんでした。)

新品に帰れば元通り!カンパ、フルクラムホイールユーザーの方で1~3年に一度オーバーホールやハブのグリースアップをされる方はついでに交換することをお勧めします。(ゴリゴリ乗る方は1年経ったら交換しましょう。)




そろそそ『暑気払い』の季節ですね。飲んでおくと翌日がかなり楽です!

『防ぐ』とは言っているが『錆びない』とは言っていない…(^^;)


最近、電動アシスト車に比較的標準装備されている『防錆チェーン』。たしかに通常にくらべると『錆びにくく』はありますが『錆びない』わけではありません。しかも、表面上は防錆用のコーティングで大丈夫そうに見えてしまうのでなかなか厄介…(^^;)
今回のケースも表面はまあ少し錆びてるかな…くらい見えますが実際はは『チェーンのリンク部分(コマ部分)』が錆びて固着してしまい、テンションプーリーでチェーンがプーリーに上手くかみ合わないため、ペダルを漕いでいる時に違和感が出てくるのと『カチっ』と言うような異音が発生する状態になっていました。(アシスト車の場合、アシスト機能により多少の抵抗があっても漕げてしまうため気づいていない方もいらっしゃいます。)
こうなってしまうと『注油をした後にチェーンのリンク部分をほぐす』と言う事をしてあげないとなかなか異音やペダルを漕いでいる時の違和感は解消されないです。
と言う事で『防錆チェーン』と書いてあってもちゃんと『注油』はしてあげましょう!

『とりあえず注油』の場合、定番のこちら!




スプロケットが固くて取り外せない時。工具の取付位置を確認してみましょう。

『「スプロケット」を交換しようと思ったら固くてとれな~い』と言う事ありますよね。そんな時。『スプロケット外し工具』の使い方(取付位置)によって外しづらくなっていることがあります。一度、下記のポイントを確認してみてください。大まかに気を付けて頂きたい点は二つ。

1 スプロケット外し工具(チェーンが付いているモノ)の取付位置
チェーンが付いている取外工具の『スプロケットへの取付位置』によって取り外しやすさはけっこう変わります。

取り外しにくいチェーンのかけ方

歯数の小さいギア(トップ側)にチェーンをかけてしまうと、『ロックリング』を緩める際に一緒に回ってしまう『スプロケット』を抑える力が弱くなってしまいます(またはチェーンが上手くギアかみ合わずに工具がスリップしてしまう。)


このため、歯数の大きいギア(ロー側)にチェーンをかけるようにしましょう。このようにするとしっかりとスプロケットの供回りを抑えることができます。

2.スプロケット外し工具の取付位置2


こちらは悪い例。「スプロケット外し工具」をこのような位置で取り付けると「スプロケット外し工具」に『力』が伝わりにくいため『ロックリング』を緩めようとしてもなかなか緩める事ができません。


こちらが正解。このように取り付けると『ロックリング』に力が伝わりやすく『ロックリング』を緩めやすくなります。

以上の内容は『スプロケット』を外す際の基礎です。スプロケット交換作業の際に『うーん。スプロケットが外れない!』と言う時は一度、工具の位置を確認してみてください。




ついでにスプロケット交換のついでに洗浄するならこちらがおススメ!

E-TUBEの知らなかった新メニューと日曜日のサイクリングコース変更


なんかバタバタしている今日この頃です…
そんな中、『土砂降りの雨の中を走っていたらリアメカが動いたり動かなかったり状態になっちゃいました…(;_;) 』と言う『お預かりの自転車』の『di2リアメカ』をPCに直接つないだところ…

『認識しません…』

とPCから『悲しい通知』が…

さらにシマノさんに

『di2は修理はしておりません。』

と『とどめの通知』を受けてしまいました。

とは言え、その際に『E-TUBE画面に『復旧』の項目がありますので一応そちらで試して下さい』と言われ…『何?復旧画面って…』と思ったらメニュー項目が記憶していたよりもけっこう増えておりました。w
と言う事で『最後の望み』をかけて

復旧スタート!そして!!

『最後の望み』は見事に打ち砕かれてしまいました。『水没』はどうにもならないらしい…
とりあえず、お客様には店長が昔使っていたdi2のリアメカでしばらく走ってもらって対策考え中です。(^^;)

さて、今週末の『1日サイクリング』ですが当初『風張峠』を上って降りての予定だったのですが、いつも『風張峠』と言うのもあれなので拝島スタート&ゴールと距離&獲得標高もほぼ変わらず(8:10ぐらいスタート予定は変わらず)の『峠を二つ超えるコース』に変更したいと思います。両方とも『林道』ですがたしか舗装はされているらしい。また、『気温が高い天気予報』のため『ダブルボトル』の方がいいかもしれません。




そうか…週プロも『kindle』で出てるんだ… でも、携帯の画面ちっちゃいんだよな…(^^;)

アヘッドステム交換作業時の注意点

先月に書いた記事の補足的な話になりますがステム交換時に気をつけた方がいいかもと言う事を書きたいと思います。
まず、ステム交換の際にネジの締め込み順番を間違える方が時々見られるので順番を書きたいと思います。順番的にはそんなに難しいものではないです。



トップキャップのネジを締め付け『ヘッドパーツの玉当たり調整』をする。感覚としては『軽い力』で締めこんでいき、締め込みが止まったところから1/4回転ぐらい締めこむ感じです。(あくまでも感覚的な話です。状況に応じて締めこみ具合は変わります。)



ステム固定ボルトを上下交互に締める。
※この際にトルクレンチを使用しているからといって片側だけ一気に規定トルクで締めないように気を付けましょう。

と言う感じで作業は簡単です。ただ、『玉当たり調整』に関しては経験値が必要な作業でもありますので、全開の記事でも書きましたが不安な方は自転車店にて作業してもらう、または確認をしてもらいましょう。(もしくは『自己責任』にはなりますが『グーグル先生』にお問合せください。(^^;))

あと、『点検作業』などで時々気になっている事なのですが。

ステム交換作業時に『ステム下部にあるコラムスペーサー』の枚数を変更しなかった場合、ステムを交換後下記の写真のようにステムからはみ出ている『フォークコラム部』にコラムスペーサーを入れていくことになるのですが


その際に『コラムスペーサー』の入れ方(使用する枚数)を間違えると『ヘッドパーツの玉当たり調整(ベアリング部)』に問題が生じてくることがあります。特に…


外観をすっきりとさせるためにこんな感じで『フォークコラム』と『コラムスペーサー』を面一の状態にしている自転車。『同じ高さ』にしたい気持ちは非常にわかるのですが大抵の場合、面一に見えて実はフォークコラムの方がビミョーに高かったりします。

このため、写真のように『トップキャプ』と『コラムスペーサー』にわずかな『隙間』ができ、『トップキャプ』のネジををいくら締めこんでも『玉当たり調整』ができません。このため『玉当たり調整』ができずにヘッド部分にガタが生じていることが多くみられます。

ちゃんと『ヘッドパーツの玉当たり調整』をするためには


※わかりやすくちょっと長めのコラムスペーサーにしています。

こんな感じで『フォークコラム部分』よりも『コラムスペーサー部分』の方を高くしないとトップキャプのネジを締め込みができない(玉当たり調整ができない)ので気を付けていただければと思います
(何故できないかは……考えてみてね!w)




ネジがなめにくく、おススメのヘックスレンチ。

 

たしかに『チェーン洗浄』って『油汚れ』を落とす作業ですしね…


先日、同業者の友人と『WAKO’S CHAINLUB Liquid Extreme』は『対水性』や『チェーンオイルの賞味期限』も『Extreme』だが『洗浄にかかる手間』も『Extreme』だよね…なんて話をしていたのですが、その件を営業さんに聞いたところ一工夫で時間が短縮できるそうです。それは…

『中性洗剤で洗浄する際はお湯を使う!!』

と言う事らしいです。落ち方が水でやるより全然違うらしい…たしかに『フライパンの頑固な油汚れ』や『食器やお弁当箱の頑固な油汚れ』には『J〇y』+『お湯』で洗えば『油汚れ』は楽におちますものね…(その反面、若くないため手肌が…(;_;))
皆さん、チェーンとかスプロケを洗う際はお試しください。
ちなみに当店は『お湯』は用意できないため…


『超音波洗浄器』に頼るのみ。『隙間汚れ』も浮き出てくるの(写真のは水のみです)と微振動で水もやや温めになるので多分落ちているはず…(^^;)