飛行機輪行の際の輪行袋への収納

これからの夏休みシーズン、飛行機輪行に初挑戦と言う方もいらっしゃると思います。昨日の『段ボール収納』の方が自転車の保護という点では安心なのですが、到着先での段ボールの置き場所や廃棄の手配、レンタカーを使用する場合は車内の収納スぺース等によっては『段ボール』を使用するよりも『輪行袋』を使用した方がいい場合があります。
収納方法としても『普段の輪行の仕方』と変わらないため、輪行したことのある方でしたら保護材を巻き付けるだけなので比較的簡単に収納する事が可能です。
(写真は過去の写真を使用しているので自転車が時々違っています。m(__)m)




最初に書きましたが輪行袋への収納の仕方は通常と変わりありません。フレーム、チェーンリング、スプケット部分をきちんと養生することが重要です。また、輪行袋のタイプですが個人的には『前後輪外しタイプ』で『ひっくり返してハンドルとサドルで自立するタイプ』が比較的安定感があり収納もしやすいのでお勧めです。私が使用している輪行袋は『MARUTO ツアーバックスマート』 と言うものです。(お近くの人はお店で注文してね。w)

 

また、本来は『エンド金具』は使用しなくてもいいのですがフレームの損傷を防ぐためとチェーンが輪行袋でバタつかないように私は使用しています。


ダンボールの時と違って、リアディレーラーも外しておいた方安心です。私の場合はウェスにくるんでフレームにくくりつけてしまいます。あと、なぜ『MARUTO ツアーバックスマート』をお勧めするかと言うと

こんな感じで付属のS字フックと大きめな輪ゴムで本体と前後ホイールを固定します。これが三か所止めると輪ゴムで簡単な割には確実に固定してくれます。


最後に外側からさらにプチプチと段ボールで補強して完成です。この状態でタクシーの運転手さんに荷室のドアの攻撃で数回挟まれましたが無事でした。w

あと、最近増えて来ている電動変速を使用している方の場合ですが

使用している『変速システム』が『電動』のため輸送中に変速スイッチに何かが触れて誤作動を起こさないように『フレームから出ている電装ケーブル』を下の写真のように取り外した方が安心です。(写真は旧タイプの電動です。)

このときに使う工具名は『TL-EW02 Di2用プラグ挿抜工具』と言います。バッテリーを抜いておくと言う方法もありますが、飛行機会社によっては取り外したバッテリーに最初に付属されている『端子キャップ』を装着しておかないと搭乗できないと言う話も聞いた事があります。(詳しくは航空会社にご確認ください。)また、内装バッテリーの方の場合は外しようがないため(手間暇かければ外せますがやる人は99%いないでしょうw)この方法が誤作動を防ぐ確実な方法だと思われます。ただし、工具を忘れると変速できなくなるため、必ず持ち忘れのないようにしましょう!


気になる方は『ディレーラーハンガー』のスペアも持っていきましょう。
以上が輪行袋で飛行機輪行する際の収納の仕方です。写真に載っている『養生用の白い筒』ですが自転車屋さんに行けばあればおそらく無料でもらえると思います。
『飛行機輪行』は慣れると自転車で走るフィールドが今までの比ではなく広がり、日本だけでなく海外を自分の自転車で走ることも可能になります。いきなり、海外はハードルが高いと思いますが海外に比べれば荷物を丁寧扱ってくれる国内線でこの夏、飛行機輪行に挑戦してみるのはいかがですか?





飛行機輪行または自転車を配送する際の段ボールへの収納方法

ツールド沖縄のエントリーが昨日から始まっていますね。100kmクラス40オーバーはすでに定員のキャンセル待ち状態です。(友人は油断してエントリーできず…もう140kmしかないじゃんと愚痴ってました。w)

ツールド沖縄等の遠方の自転車イベントに参加する場合、飛行機で向かうことが多いと思いますが飛行機に自転車を乗せるには『何か』で梱包しなければなりません。今回はその中でも低コストで梱包できる『自転車納品箱』と『輪行袋』で飛行機輪行する場合の梱包の仕方を載せたいと思います。まずは第一弾で『段ボール編』です。(写真は過去記事からの抜粋のためパーツが古めなのは許してください。)

段ボール編

まず、自転車配送用段ボールですが、自転車屋さんに行けば納品用の段ボールを普通は貰えるはずです。この時、自宅まで持って帰るのは大変かと思いますが収納を楽にしたい場合『一番大きい箱』をもらってきましょう。一番は26、27インチモデルの電動アシスト車の箱。次が29インチMTBの箱(フレームサイズが大きいとなお良し)、あとは似たり寄ったりなのですが可能な限りフレームサイズが大きい自転車の箱を譲ってももらうのがベストです。

電動アシストの箱だとフレームサイズにもよりますが540ぐらいまでなら前輪とシートポストを抜けばそのまま収納可能な事が多いです。また、写真を見やすくするために梱包材を使用していませんが、実際は『ぷちぷち』などの梱包材を使用することをお勧めします。
収納方法ですが


①ペダルを外します。
ペダルレンチという工具を使用します。ペダルによっては六角レンチでも可能です。

②前後のタイヤの空気を抜きます。おそらく気圧の変化によるバーストはしにくいとは思いますが
手荷物預けの際にも係員さんに確認をされますし、何かあってもいやなので抜いておきます。
この事から現地に到着後すぐに自走される方はしっかりと空気が入るハンディポンプが必要です。(CO2ボンベは飛行機内に持ち込み(預けでも)は諸説ありますがやはり無理そうな感じです。また、チェーンオイルのスプレータイプも同じように持ち込み不可なため気を付けましょう。)


③前輪を取り外します


④前輪を外したフロントフォークの先にフォークエンドを保護するキャップをはめ込みます。この製品は自転車本体が商品として入荷するときについてくるものなので、スポーツ自転車を扱っているお店でモノがあれば無料で貰えるはずです。もしくは段ボールやプチプチで養生しても大丈夫です。


⑤外したフロントホイールにも保護用キャップをはめ込みます。こちらも自転車入荷時についてくるものなので無料で入手可能だと思います。もしくは段ボールやプチプチで養生しても大丈夫です。


⑥可能であれば後ろの変速機を取り外しておいた方がフレームの変速機取付部分(ディれーらーハンガー)が曲がってしまう等のトラブルを回避できるのでおススメです。

⑦もし、後ろの変速機を取り外すと取り付けるのに自信がない…と言う方は
前ギア内側、後ギアも内側(ギア比でいえば一番軽いギアの設定です。)にしておくと後の変速機が内側に入り込むのでトラブルのリスクは軽減できます。

⑧後ろの変速機を取り外さない場合は、後ろの変速機に保護用のキャップを取り付けます。これも無料で手に入るはずですが、キャップの形によっては取りつかない場合もあります。こちらもない場合は『プチプチ』等の緩衝材でリアディレーラー、スプロケットごと養生します。

⑨シートポストを取ります。その際に現在のサドルの高さを覚えておくためテープか何かで目印を付けておきます。

⑩前ブレーキのワイヤーを外しておきます。取り付けたままでも可能ですが、外しておくとハンドルを本体に固定しやすいと思います。

⑪ステムごとハンドルを取り外し、ハンドルを輪ゴムや紐などで固定すれば出来上がりです。
ハンドルだけではなくステムごと取り外しているのは再組立ての際に楽だからです。ハンドル、ホイールの固定方法ですが大きめ輪ゴムの方が箱内で動きにくいので紐よりもおススメです。


⑫箱に入れ、なるべく中で自転車が遊ばないように梱包材や荷物で隙間をなくすようにしてください。最後にペダル。クイックレバー、装備品の忘れ物がないか確認して(小さめの箱に全部入れておくいいですよ)蓋をしめましょう。
スペースがあればイベントで使用するジャージやシューズ、ヘルメット、フロアポンプを入れておくと当日『忘れた~!!』と言う心配が軽減されるためおススメです。







ASHIMA PCD のオイル交換をしてみた。

P6060370 P6060374 P6060376

オイル交換をしてみました。
ブリーディングの仕方はほぼAVIDとほぼ同じ方式。作業していて『おっととと』と感じたのは通常の油圧ディスクと違ってキャリパー内のみにオイルが入っているため強く注入してしまうとピストンが簡単に出てきます。
また、オイル注入口の蓋であるネジ部分にはOリング等がないため水道工事用の止水テープ等を巻いてから締めた方がいいかもしれません。一度、何も巻かずにブレーキレバーを握ったところオイルがにじみ出てきてしまい。ブリーディングやり直し…となりました。w
それ以外は説明書通りに行えば問題なさそうです。
あとはワイヤーの引きをなるべく軽くするためにちょっとした工夫などはしてみました。あとはお客様に感想を聞いてみます。(^_^;)








ディレラーハンガー

2016-03-21 15.55.51
リアディレーラーの取付部分になっているパーツの『ディレーラーハンガー』。
転倒したり、自転車を倒してしまったりした時に運が悪いとわりと簡単に曲がってしまいます。(^_^;)
曲がっただけなら『変速が上手くいかないな…今度修理に持っていこう』で済むのですが、その状態のまま、登り坂で一番軽いローギアに入れてしまうとホイールにリアディレーラー巻き込まれ、リアディレーラーごとハンガーがボッキリ…もしくはチェーンがスプロケットに噛みこみ車輪が回らなくなったりと走行不能なトラブル(ある程度の修理の知識があれば修理は可能な事もあります。)になることもあります。

2016-03-21 15.58.10
ハンガーが曲がるとこんな感じです。

もし、曲がってしまった場合、『3.4.5.6段あたりの変速がスムーズでなくなる』症状が発生することが多いので、転倒や自転車を倒してしまった後に上記のような症状が出た場合は一度確認してみるといいかもしれません。

曲がってしまっていた時の対策としては

1.目視でまっすぐになるように手で無理やり曲げ直す(そのまま、ディレーラーハンガーが折れるリスクはあります。)

2.ローギアを使わないように走る

3.ディレーラーハンガーを交換する。

等の方法があります。
1日で終わるサイクリングの場合はとりあえず『1』や『2』の方法でどうにか帰宅し、その後自転車屋に持って行って修理をするという方法がとれますが、それが難しいと思われる『日数がかかる長距離のツーリング』や『オフロード走るようなシーンがあるイベント(MTBだけでなくロードも)の場合は『スペアのディレーラーハンガー』か『エマージェンシーハンガー』を装備して走ると安心です。










ホイールを外した時は気をつけましょう。(過去記事より)

気温もあがりいよいよ自転車が楽しい季節の到来!と言う感じですね。これからの季節『輪行』をされる方も増えていくと思います。その際に下記のような『クイックリリースレバーのツルマキバネ』の取付ミスをすると『変速』や『ブレーキ』が動作不良がおこり乗車できない状態になったりします。(『輪行』だけでなく『車体清掃』や『メンテナンス』の際におきる事あります。)

クイックリリースレバーを車輪から取り外さなければ起こらない話なのですが、そうは言っても慣れていないうちは思わずクイックリリースレバーを外してしまったりしてしまうこともあります。『車輪を付け外ししてから調子が悪くなった』と言う方は下記のような状態になっていないか1度確認してみてください。

バネの向きを間違って取付しまったクイックリリースレバー

間違い。外側に向かってバネが細くなっています。

正しい向き。 内側に向かって細くなります。

なぜ、フレームがホイールに対してまっすぐ取り付けられなくなるかと言うと…

『シマノハブ』だとわかりやすいのです。
まず、『ハブ軸』とハブ軸が収まる『フレームエンド部』の写真をつかって説明します。
こちらがハブ軸の写真。軸の細くなっている個所がフレームのエンド部分に収まる部分です。


こちらはフレームエンド部の写真。中央のくぼんでいるところがハブ軸が収まるところです。

次に『ツル巻きバネ』の向きが『正しい写真』『正しくない写真』です。ハブ軸の部分に注目して見てください。まず、『ツル巻きバネ』が正しい向きに入っている状態の写真です。ハブ軸に問題はありません。


次に『ツル巻きバネ』が正しい向きに入っていない状態の写真です。写真のようにハブ軸の上にバネが重なってしまい、ハブ軸に厚みが出てしまいます。このため、『ハブ軸』が 『フレームエンド部』のくぼみにちゃんと収まらず、車輪がフレームに対して正しく取り付けられないのです。(車輪が斜めにハマってしまう事例が多く見受けられます。)

このため、『ツル巻きバネ』をクイックリリースレバーから一度『外した』もしくは『外れてしまった』 際は『バネの向き』を確認してホイールの取付をしていただければと思います。





チェーンカッター!!!

2016-02-28 08.36.52
2016-02-28 08.36.55
ここ数週間のうちに何故かチェーンを交換・修理するための工具『チェーンカッター』の話題や出番が続く事があったので今回はチェーンカッターを使用したチェーンの修理方法を載せたいと思います。まず、チェーンカッターですが今回は普段私のサドルバックやツールカンに入っているモノを使用します。(時々忘れたりましたが…w)

P3010215
TOPEAK LINK11 ¥2,614(税込)

コンパクト収納で使い勝手も良く、お値段もお手頃な携帯チェーンカッターです。個人的にかなりおススメです。(とは言え…そんなに売れるものでもないのでお取り寄せ対応だったりします…(^_^;))

P3010216
P3010219
チェーンフックも付属されていますし、カンパチェーンの『カシメ』にも対応しております。もちろん11速対応!

P3010223
ちなみに携帯工具に付属されているチェーンツールはコンパクトになるので携帯するには便利なのですがやはり『チェーンカッター』単体の工具の方が使いやすいです。また、携帯工具付属の場合、11速に対応していない場合もあるのでお持ちの方は確認しておくといいでしょう。

P3010225
チェーンが切れる場合こんな感じでねじ切れる事が多いのですが、このねじ切れた箇所の近くの部分も『変形』が生じている場合があるため『切れた箇所からだいたい左右1コマ分』の箇所でチェーンをカットします。『1コマ分』とは

P3010241 _2ー
写真のように『内側の穴が3つ』で『1コマ』と覚えておくと解り易い?かもしれません。ちなみに『チェーンをカット(切る)』という作業は『紙やゴム等を刃物でカット(切る)』と言う作業とは違い、こちらの写真だと真ん中の穴にある『接続ピンを押し出し、チェーンを分割する』作業を行います。

P3010229 P3010228
まず、『チェーンの切る個所』をチェーンカッターに設置します。設置したのち、写真右側のハンドルが付いている『ネジ部分』をねじ込んでいきます。

P3010230
P3010232
すると、上記の写真のようにチェーンの『接続ピン』が反対側に押し出されてきます。

P3010234
右のハンドルが動かなくなるまで押しこむと、『接続ピン』は完全にチェーンから押し出されます。

P3010237 P3010239
ピンを抜いた状態でチェーンを軽く引っ張るとこのようにチェーンを切る(分割)する事ができました。

P3010220

『コネクトピン』を使用して修理する方法もありますが、今回は簡単な『ミッシングリンク』を使用します。ちなみにミッシングリンクは11速、10速、9速、6,7,8速とすべて種類が違うので、自分の使っている変速段数に合ったミッシングリングを用意しておきましょう。

P3010251
ミッシングリンクを使ってチェーンを繋げる場合、ミッシングリンクが『チェーン外側のプレート』になるため、必ずチェーンの両端が写真のようにチェーンリンク部内側になるようにカットしてください。

P3010253
この状態だとミッシングリンクは使用できません。

P3010240
P3010241
ミッシングリンク(写真はROTORのリンクです)を写真のように取り付けて…

P3010246

P3010248
ミッシングリンクの『リンク部』を合わせ左右に力をかけるとリンク部が噛み合い、固定されます。手で固定ができない場合は、後輪を地面に付けた状態でペダルを踏みこむと固定しやすいです。

とは言え、写真だとなかなか伝えにくいので、もう少し暖かくなったら今度、初心者向け朝サイクリングで『野外チェーン交換・修理教室』も行いたいと思います。









やっぱり駄目みたいですね…

2015-02-12 13.42.31
何がと言うと、ブリジストンの人気の三人乗り自転車の『HYDEEY.2』のタイヤ…この車種でお持ちいただいたパンク修理はほとんどの割合でタイヤサイド部の痛みによるパンクです。(根本的な原因は『空気圧不足』による『タイヤの規定以上の変形』が原因のようなんですが…)このMTBぽいタイヤのタイヤ自体は特に普通なのでしょうか用途にまったくあっていないのでしょうね。(ルックス重視かと思われます。)他の三人乗り自転車はちゃんとサイド部が強いタイヤを使用して『タイヤの規定以上の変形』の対策はある程度とられているいるのですからどうにかならないもんですかね…と、グーグル先生に聞いてみたら他の自転車屋さんでも同じような記事を書いて方がちらほら…やはり、根本的な解決策はタイヤ交換になってしまうようです。もちろん、タイヤを交換しても、そもそもの原因である『空気圧不足』を解決するためにこまめな空気補充(できれば一週間に一回)を心がけてください









チューブレスタイヤなどにシーラント剤を入れるのに便利です。

IMG_7284.JPG

以前、お客様との会話で
『シーラント剤を付属のインジェクターで入れようとしても全然入らず、挙句挿入口から拭き出るし…大変
『えっ、ぼくインジェクター使ってないですよ~XX使ってますよ』
『え~言ってくださいよ~
と怒られたのでやり方を載せたいと思います。
バルブコアが取れるタイプの仏式バルブが前提条件なのですが、
① 先にタイヤをリムにはめてしまいます。
② バルブコアを取り外します。(バルブコアの外し方はこちらの記事を参考ください)
③ 上記の写真のような『プラスチック製シリンジ』(プランジャー(押しこむ棒)もゴムキャップが付いていないフルプラスチックがおススメです。)をバルブコアを抜いた口に差し込んであとはシーラント剤を注ぐだけです。(30mlサイズくらいがちょうどいい大きさみたいです)
④ あとは待ってれば自然にチューブ内に流れていきますし、時間短縮のためシーラント剤を押し込む場合はバルブ口を真下ではなくやや斜め横の位置に変えて押しこむとシリンジをバルブ口から抜く時にシーラント剤が逆流しにくいです。
私も昔は『インジェクター』使っていましたがこちらの方が手や周りを汚す確率がかなり減ります。また、シーラント剤を入れた後にチューブレスタイヤのビートがなかなか上がらない場合、上記のバルブコアの外し方の記事を参考にしていただければと思います。