よくある話ですが…忘れたころにやってきた…(^^;)


OGK FLAIE マットホワイト S/M ¥21,500(税抜) ⇒  現品にかぎり¥19,500(税抜)
OGKの軽量ヘルメット「FLAIR」。8月に注文していたのをすっかり忘れていて今日届きました…。
さらに言うと実は10月末頃に約10%くらい値上げがされていた…。そんなわけでこちらの現品に限り、以前のまま¥19,500(税抜)(税込価格¥21,060)で販売いたします。「軽さ」を考えると値上がりした価格でも十分安いのですが狙っていた方はお早めに!ちなみにサイズ感は「OGK モストロS/M」や「ZENARAD S/M」、「AERO R-1 S/M」に似ています。




乾電池式ライトの新定番


CATEYE URBAN ¥2,400(税抜)

乾電池ライトの定番商品の「HL-EL140」の後継機種が販売されました。お値段はそのままで明るさ倍増!800カンデラ(HL-EL140は400カンデラ)、50ルーメン(約15ルーメン)となっております。大きさもちょっと小さくなりました。
最近は充電タイプのライトが主流ですが、価格的にはまだまだ乾電池式の方がお安く、うっかりバッテリー切れ!と言う時でも街中ならコンビニに駆け込めばすぐに使用可能!と言うメリットもあります。とりあえず、コストを抑えたいけどある程度の明るさは…いう方におススメのライトです!




まだ買っていない…

日泉ワイヤー


評判がいいので再び仕入れてみました。
アウターに関してはシマノでも日泉でもどちらでもいいかな~とも思いますが、インナーワイヤー(特にフレーム内装タイプのリアブレーキ)は日泉の方が引きは軽いような気がする。あくまでも感覚的なモノですけどね…(^^;)




「こどもてんちょう」のヨツバサイクルの後のギアを交換してみた。




こどもてんちょうが乗っている「ヨツバサイクル 20インチ」。街乗りに使うにはちょっとギア(18T)が軽そうだったのでメーカーから販売されているオプションパーツの16Tのギアに交換してみました。
このギア交換。最近のロットのモノであれば

このような「四爪」タイプのシングルフリーコグなので、お店にある工具で対応できたのですがこどもてんちょうの自転車の場合、販売初期の頃の商品のため

このように「爪」がないタイプが取り付けられていました。この場合、別途工具が必要になるのですが

こんな感じ…。8千円もしました。  お客様からのご依頼ならまだしも所詮は私用。何回使用するかわからない作業に八千円の工具を買う気にはなれず「力業」で外すことにしました。(かと言って依頼された場合も工具購入は躊躇することでしょうが…(^^;))

コグを分解して取り外しました。一応ベアリングを再び入れ直せば使用できるのですが、たぶん、ちいさなベアリングをぶちまけることになりますし、オプションパーツのコグは¥1,000(税抜)とお安いので再度18Tの付け替えを考えるならオプションパーツ「18T」を購入する方がおすすめです。(ちなみにシマノ製のシングルフリーコグの場合「SF-1200 ¥3,796(税抜)」といいお値段です。)

あとは工具を使ってコグをホイールに取り付けてギア交換は完了です。ただし、このあといくつかの調整が必要になります。

ギアの歯数(18⇒16)が少なくなったため、そのままではチェーンの長さが合わず、写真のようにチェーンがたるんでしまいます。そこで

このチェーン引きをつかって後輪を後方に移動させチェーンのたるみをとります。

チェーンは切らずに調整可能でした。オプションで販売しているだけのことはあり16T、18T、20Tとどのギアもチェーンをカットしなくても調整できるような設計なのかもしれません。そして、もうひとつ忘れてはならないのはブレーキの仕組みが「ローラーブレーキ」や「ピストの様なブレーキ無し」の自転車ではなく「リムブレーキ」のため

後輪が後方に移動したことにより「ブレーキシュー」のリムに当たる位置が変わります。このためリアブレーキの動作確認は必ずしブレーキシューの位置調整をおこないましょう。
以上のことからこの「ヨツバサイクルのギア交換」。実はスポーツバイクの「スプロケット交換」よりはハードルは高いと思われます。しかも!「こども」がこの作業を求めるかと言ったらほぼ求めないのでしょうから確実に「親の自己満足」だしね。
今回の作業、やって意味があったかどうかは後日、こどもに聞いてみたいと思います。ちなみに…

ハンドルバーも変えてしまった…w



錆に強いチェーン!


KMC X8EPT ¥3,080(税抜)

KMCさんの錆に強いチェーンが入荷いたしました。こちらのチェーン、防錆加工EPT(エコプロテック)が行われており、従来の防錆加工「ラストバスターコーティング」の塩水噴霧試験500時間よりも150時間長い『650時間』も耐える仕様になっています。
存在は以前から知っていたのですが「高いな~」と思って仕入れていませでした。しかし…「6,7、8速用」に関してはシマノさんの度重なる値上げにより従来在庫してるチェーンと価格差がさほどなくなったことが判明…(^^;)
と言う事で「6、7、8速用」のこちらのチェーンを在庫することにしました!(防錆性能は良さそうですがまだ、9速、10速、11速用はそれなりに価格差があります)
通勤、通学に使われているクロスバイクや外装変速付き軽快車に多く使われているこちらのチェーン。チェーンが錆びてきたな~と思っているそこのあなた!そろそろ交換いかがですか~ 「チェーンの伸び」の点検は無料でいたしますよ!

※チェーン交換依頼の場合、別途工賃¥1,000(税抜)がかかります。

 




現品特価の子供用ヘルメット


ALPINA FBjr 2.0 ¥5,832(税込)⇒¥4,200(税込)
ブラック/ブルー/ホワイト

ALPINA FBjr 2.0 ¥5,832(税込)⇒¥4,200(税込)
ホワイト/バタフライ

ALPINAの現品セール品の子供用ヘルメットが入荷いたしました!数に限りがございますので気になる方はお早めに~。
サイズは50~55cmです!




昨日はクロスバイクもディスクブレーキだ!と言いましたが…


RITEWAY SHEPHERD 26インチ(適応身長160cm~170cm) マットグレーシルバー ¥55,800(税抜)

「Vブレーキ仕様」しかも最近少ない「26インチ」のクロスバイクの入荷です。w

毎日「通勤・通学」に使うのであればディスクブレーキモデルの方がおススメなのは間違いないのですが…(^^;)
「雨の日」は自転車には乗らず、「通勤、通学」以外にも休日にプラプラ走りたい。と言う方には従来どおりの整備性が高く、補修パーツも手に入りやすいVブレーキに前1枚(48T)、後ろ8枚のギア(11-34T)で小回りと安定感のある26x1.5のタイヤと言う感じで「街乗り」に割り切ったこんな感じのクロスバイクもおススメだったりさします。(デザインもシンプルで「スポーツバイク!!」と言う感じがしないのもいいですね。)
ロードは持っているけど、もうちょっと「ゆるい感じ」のセカンドバイクを探している方にもおススメの1台です!




やはり通勤・通学用「クロスバイク」は「ディスクブレーキモデル」がおススメです。


2019 MERIDA  GRAN SPEED 100-D ¥79,900(税抜) サイズ 47

晴れている日でも「ストップ&ゴー」が多く、雨の日でも関係なく走る「通勤・通学」用のクロスバイクはやはり「油圧ディスクブレーキモデル」のタイプが一番お勧め!
しかも、こちらの「GRAN SPEED100-D」「GIANT ESCAPE RX DISC」など、まあままあ手ごろなお値段(税抜で¥80,000くらい )で油圧ディスクブレーキが採用されている(シマノ製)がクロスバイクが今年から増えているような気がします。
10万円を切る価格帯もそうですが乗車回数がロードよりも多いであろう「クロスバイク」の方がもしかしたら「ディスク化」の標準化は早いのかもしれませんね。

「ST-EF505」 一体式変速・油圧ブレーキレバーと「MT-200」ブレーキキャリパー。シマノ製の一体式タイプの変速・ブレーキレバーで「油圧ブレーキ用グループ外商品」が去年あたりからリリースされた事がディスクブレーキモデルが増えている要因の一つでもあるんですかね?? (お値段調べたら単品なら(ホース等の付属品は除く)機械式のモデルよりもなぜか安い…(^^;))