毎年同じようなことを書いていますが…


急に寒くなりましたね…「なぜ「寒い」のに自転車に乗るのか…。」過去のブログを読み返してみるとほぼ毎年このくらいの時期にこのての記事を書いています。とは言え30歳代前半は「寒くてもみんなで自転車乗ろうぜ!!」と言う雰囲気が見えますが、年々「勢い」は落ちていき最近では「義務感」やら「まあ、無理せず…w」的な内容になり今年なんかはすでに「もうコタツに入りながら「ゾンビランドサガ」見てたほうが楽しいよね…」なんて心の声も聞こえてます。w
とは言うものの…やはり、冬でも自転車に乗ることは変わらないわけで…今回は過去記事からこの冬を乗り越えるためのヒント(またの名を「手抜き」w)を書いてみたいと思います。 特に今年の夏、冬にスポーツバイクを乗り始めた方は参考になるかもしれません。のでご一読ください。

1.『走る約束をしてしまう』 『朝』から走りにいくならこれが一番効きます。 特に自分からお誘いを言いだせば余程の事がない限りは逃げ出せません (笑)
2.『11時過ぎに走り始める』 11時を過ぎれば寒いとはいえけっこう気温も上がります。今の時期であればまだメッシュのグローブでも平気かも知れません。
3.『ローラー台に乗る』  これが一番寒くないです。楽しいかどうかは個人差はありますが 窓全開で半袖ウェアでも暑いくらいです。下手したら扇風機が必要です。タブレッドで映像を見たり、音楽を聴きながらローラーに乗ると案外1時間くらいならあっという間に終わります。
4.『グラベルロードやシクロクロスバイク、MTBで芝生の上を走る』 これが案外おススメ、。荒サイの場合『低速で高強度』の乗り方で走っていた方が『寒さの感じ方』は比較的マシです。まあ、個人差がありますし、寒い事は寒いですけどねw
5.『ウインドストッパージャージの上に薄いウィンドブレーカー』  冬のウエアは『走り始め』が少し寒いくらいが走行時には丁度いいものですが、「走り始めが寒い」と気分が『げんなり』する私の場合、最初は『今、暖かい格好』で走り始めて、温まったらウィンドブレーカーを脱ぐようにしています。サイクリングやツーリングの場合、バック等のウェアを収納できる装備しているのであれば、最初はダウンを着て走り始めるのも構わないとも思っています。(脱ぐタイミングを間違えると『汗冷え』で風邪などをひいてしまいますので注意は必要です。)
6.「八の字」や「スラローム」などの基礎練習を行う 暖かい時期は「距離」を乗りたくなるものなので、寒い時期は基礎的な事を復習するのもおススメです。自分がどういう動作が苦手なのかがわかるためサイクリングの際に気を付けて起きたい点がわかりやすくなります。
7.「夜」に走る。 「昼」の方が暖かいのは間違いないのですが「朝」よりは「夜」の方が気温はまだ高く、冬は空気が澄んでいるいるため夜景がきれいに見れます。12月はイルミネーションのイベントも多いため「明るめのライト」や「反射素材」を装備して「ナイトライド」を行うも一つの方法です。
8.MTBで山を走る。 山の中は「底冷え」は多少あるものの木々で「風」が入ってこないためけっこう暖かいものです。同時にバイクコントロールの技術も身に付きますし個人的には冬に一番おススメの方法です。難点はMTBを買わないといけないと言う事…(^^;)
9.高機能冬用ウェアを買う! 最近の冬用高機能ウェア(アンダーも含む)は優秀で冬でも快適なサイクリングができるようになります。ただ、夏物と違い冬の高機能ウェアはかなりお値段がいいお値段になりますが…(^^;) まあ、「高いモノ」を買ったからには…乗るぞ!!と言う感じになる効果もあるので「一粒で二度おいしい」的なモノかもしれません。w

以上が冬を乗り切るためちょっとしたヒントでした。あと、どうでもいい話ですが最近ハマっている「おやつ」

お菓子を買うよりはきっとヘルシなーはず。お値段もお手頃だし。




そういえば、サイクルモードの写真を貰ってた…w このバックミラー良さそう。


今月、上旬にあったサイクルモードの写真をOさんから頂いていたので、ちょこちょこと見ていたのですがこのミラー良さそうですね。取扱はないのですが「TEAM BEAM」と言うブランドの「CORKY」と言う商品でミラー部を折りたたみが可能になっており使用しない際はエンドプラグになるようです。ミラーの角度調整も360度ができるのも良さそう!
気になる方は検索してみてください。(^^♪




久々にチューブレスタイヤがパンクした~。


そういえば、先日の高半サイクリングからの帰り道。秋カ瀬公園のあたりで「木の枝」でも踏んでしまったのかタイヤをパンクをしてしまったのですが「シーラント材」が一瞬噴き出るものの「チューブレスレディタイヤ」と「シーラント」のおかげでどうにか帰れるくらいの空気圧が維持できていたのでそのまま帰宅することができました。翌日もタイヤはペチャンコになっていなかったためお店で7気圧ぐらいまでタイヤに空気をいれてみると高圧には耐えられないのかまた「シーラント」が勢いよく噴き出てきます…(^^;) 「コリャだめだ…」とタイヤの内部を確認してみるとなかなかの大きさの傷が…。
このくらいの傷だと本当は交換してしまった方が安心なのですが、自分が使用しているIRCさんのチューブレスタイヤの場合、普段通りのパンク修理が可能なのでタイヤの裏側からパッチ修理を行い修理完了。(しかし、二度目のビート上げは何故か手こずるんですよね…。まあ、そこは自転車店!この技とコンプレッサーを使用すればどうにかなるのです。w) 今のところ問題なさそうです。
ダメなときはダメですが、今回みたいにとりあえず走れちゃう時もあるのがチューブレスのいいところですね!(パンク修理の際のシーラント材の掃除はめんどくさいですが…(^^;))




ST-4500に「ST-4500のブラケットカバー」が廃盤だったので「ST-4600のブラケット」を取り付けてみた。け


先日「ST-4500」のブラケットカバー交換を依頼されシマノ在庫を確認してみるとなんと「廃盤」の文字が…
仕方がないので「どうにかなればラッキー」くらいの感じで「ST-4600」のブラケットカバーを取り寄せて取り付けたところ写真のようにブラケット上部に少し隙間ができてしまいますが触った感じではいわゆるシマノ「B互換」くらいにはなっているのではなったような気がします。(仕様上の大きな不満はでなさそう感じ)

年数が経つと劣化するブラケットカバー。今回の件があったので現在、在庫の怪しそうなシマノのブラケットカバーを確認しまたところ、横からシフトワイヤーが出ているタイプの9速モデルがそろそろ廃盤時期で…
ST-7700 ST-6500 ST-5500 は廃盤でメーカー在庫なし
ST-7800、ST-6500 も廃盤在庫なし ST-6600、5600(共用)は在庫ありませんでしたが一応まだ廃盤にはなっていないようです。(12月ごろメーカー上がり予定)ではないようで す。(2018./11/15日現在)
ST-7700の年代に関しては多少諦めが付くとは思いますが、ST-7800はまだ現役で使用している方もいると思われますので店頭在庫を見つけたらGET!しておいた方が良さそうです。また、ST-6600、5600を使用の方も¥1000円くらいなので、1個ぐらいはスペアで持っておくのもいいかもしれませんね。




ついにこの時がきたか…


今日、ブリジストンのカタログをちらちらと見ていたのですが最初は「子供乗せ自転車(幼児二人同乗適合車)」のページ。

ふむふむ…

なるほど…

へ~

てっ、もう終わりかい!しかも、電動アシスト車ばかり!!

何度見返しても「電動アシスト自転車」ではない「アシストなしの自転車」の「幼児二人同乗適合車」はありませんでした。(^^;)
まあ、たしかにお子様を前後に乗せるつもりで「こども乗せ自転車」を買われる方のほぼ100%「電動アシスト自転車」。(当店で電動アシスト自転車でない幼児二人同乗適合車を購入された方は私を含めスポーツバイクを趣味にもつ父がいる3家族のみw)まあ、メーカーとしても販売数の少ないラインナップは残さないでしょうから「ついにこの時がきたのか」とも言えますね。
そうなると「アシスト車じゃない幼児二人同乗適合車」はまだ数社あるようですがなんとなくイメージで「丸石サイクル」さんの「フラッカーズ」シリーズ一強になるのかな??




TERRENE Tires


今年は夏もMTB乗っていましたが、そろそろ冬のオンシーズン!なのでこんなタイヤの装着を依頼されました。いつものトレイルも安定・安心で気持ちよく走れますよ! ひとつ問題をあげるとするとおそらくいつも一緒に遊びに付き合っていただいてる方のほとんどが装着しようとした場合、もれなくフレームというか…ホイールというか…自転車本体が買い直しになってしまうというところ…(笑)

下が2.2サイズで上が2.6サイズです!




シートポストの固着…


三日間、隙間からラスペネを差し込みながら、浸透しやすくするためと固着が弱まればとフレームをヒートガンで熱してみたり…プラハンでフレームとシートポストを叩いてみたり…シートポストを捻じってみたり…とやってみてもビクともしないシートポスト。
最終手段と「シートポスト壊れるかもしれません…」とお客様に承諾を得たうえてシートポストにハンドルバーを固定して力いっぱい回したらどうにか取れました。
酷い場合はシートポストを適度な長さでカットしたあと、金鋸で地道にシートポスト部のみたて切りに切り込みをいれて破壊!と言う地味で時間がかかる作業になる覚悟もしていていたので普通に取れて本当によかったよかった…(^^;)

金属系フレームと金属系シートポストを使用の際は必ず「グリス」か「アッセンブリールブ」を塗りましょうね!自転車屋さんからの切実なるお願いです!保管状況によっては本当に抜けなくなりますから!!w




「こどもてんちょう」のヨツバサイクルの後のギアを交換してみた。




こどもてんちょうが乗っている「ヨツバサイクル 20インチ」。街乗りに使うにはちょっとギア(18T)が軽そうだったのでメーカーから販売されているオプションパーツの16Tのギアに交換してみました。
このギア交換。最近のロットのモノであれば

このような「四爪」タイプのシングルフリーコグなので、お店にある工具で対応できたのですがこどもてんちょうの自転車の場合、販売初期の頃の商品のため

このように「爪」がないタイプが取り付けられていました。この場合、別途工具が必要になるのですが

こんな感じ…。8千円もしました。  お客様からのご依頼ならまだしも所詮は私用。何回使用するかわからない作業に八千円の工具を買う気にはなれず「力業」で外すことにしました。(かと言って依頼された場合も工具購入は躊躇することでしょうが…(^^;))

コグを分解して取り外しました。一応ベアリングを再び入れ直せば使用できるのですが、たぶん、ちいさなベアリングをぶちまけることになりますし、オプションパーツのコグは¥1,000(税抜)とお安いので再度18Tの付け替えを考えるならオプションパーツ「18T」を購入する方がおすすめです。(ちなみにシマノ製のシングルフリーコグの場合「SF-1200 ¥3,796(税抜)」といいお値段です。)

あとは工具を使ってコグをホイールに取り付けてギア交換は完了です。ただし、このあといくつかの調整が必要になります。

ギアの歯数(18⇒16)が少なくなったため、そのままではチェーンの長さが合わず、写真のようにチェーンがたるんでしまいます。そこで

このチェーン引きをつかって後輪を後方に移動させチェーンのたるみをとります。

チェーンは切らずに調整可能でした。オプションで販売しているだけのことはあり16T、18T、20Tとどのギアもチェーンをカットしなくても調整できるような設計なのかもしれません。そして、もうひとつ忘れてはならないのはブレーキの仕組みが「ローラーブレーキ」や「ピストの様なブレーキ無し」の自転車ではなく「リムブレーキ」のため

後輪が後方に移動したことにより「ブレーキシュー」のリムに当たる位置が変わります。このためリアブレーキの動作確認は必ずしブレーキシューの位置調整をおこないましょう。
以上のことからこの「ヨツバサイクルのギア交換」。実はスポーツバイクの「スプロケット交換」よりはハードルは高いと思われます。しかも!「こども」がこの作業を求めるかと言ったらほぼ求めないのでしょうから確実に「親の自己満足」だしね。
今回の作業、やって意味があったかどうかは後日、こどもに聞いてみたいと思います。ちなみに…

ハンドルバーも変えてしまった…w