『防ぐ』とは言っているが『錆びない』とは言っていない…(^^;)


最近、電動アシスト車に比較的標準装備されている『防錆チェーン』。たしかに通常にくらべると『錆びにくく』はありますが『錆びない』わけではありません。しかも、表面上は防錆用のコーティングで大丈夫そうに見えてしまうのでなかなか厄介…(^^;)
今回のケースも表面はまあ少し錆びてるかな…くらい見えますが実際はは『チェーンのリンク部分(コマ部分)』が錆びて固着してしまい、テンションプーリーでチェーンがプーリーに上手くかみ合わないため、ペダルを漕いでいる時に違和感が出てくるのと『カチっ』と言うような異音が発生する状態になっていました。(アシスト車の場合、アシスト機能により多少の抵抗があっても漕げてしまうため気づいていない方もいらっしゃいます。)
こうなってしまうと『注油をした後にチェーンのリンク部分をほぐす』と言う事をしてあげないとなかなか異音やペダルを漕いでいる時の違和感は解消されないです。
と言う事で『防錆チェーン』と書いてあってもちゃんと『注油』はしてあげましょう!

『とりあえず注油』の場合、定番のこちら!




2018 ORBEA展示会。『雑…』と怒られそうですが…(^^;)

基本的には各モデル継続のようです。通常仕様のカラーリングは結構好きなんですよね~あとは『ORBEA』の幕が被さっていたプレゼンテーション発表モデル。おそらく今夜には各WEBサイトで出ているのではないでしょうか…(画像や詳細は7月2日解禁らしいです。(^^;))と人任せ…(^^;)




スプロケットが固くて取り外せない時。工具の取付位置を確認してみましょう。

『「スプロケット」を交換しようと思ったら固くてとれな~い』と言う事ありますよね。そんな時。『スプロケット外し工具』の使い方(取付位置)によって外しづらくなっていることがあります。一度、下記のポイントを確認してみてください。大まかに気を付けて頂きたい点は二つ。

1 スプロケット外し工具(チェーンが付いているモノ)の取付位置
チェーンが付いている取外工具の『スプロケットへの取付位置』によって取り外しやすさはけっこう変わります。

取り外しにくいチェーンのかけ方

歯数の小さいギア(トップ側)にチェーンをかけてしまうと、『ロックリング』を緩める際に一緒に回ってしまう『スプロケット』を抑える力が弱くなってしまいます(またはチェーンが上手くギアかみ合わずに工具がスリップしてしまう。)


このため、歯数の大きいギア(ロー側)にチェーンをかけるようにしましょう。このようにするとしっかりとスプロケットの供回りを抑えることができます。

2.スプロケット外し工具の取付位置2


こちらは悪い例。「スプロケット外し工具」をこのような位置で取り付けると「スプロケット外し工具」に『力』が伝わりにくいため『ロックリング』を緩めようとしてもなかなか緩める事ができません。


こちらが正解。このように取り付けると『ロックリング』に力が伝わりやすく『ロックリング』を緩めやすくなります。

以上の内容は『スプロケット』を外す際の基礎です。スプロケット交換作業の際に『うーん。スプロケットが外れない!』と言う時は一度、工具の位置を確認してみてください。




ついでにスプロケット交換のついでに洗浄するならこちらがおススメ!

スポーツ自転車において、個人的に過去に戻ってほしくない『発明』。


先日、使用不能になった我が家の洗濯機。木曜日に使用不能になり、金曜日の夜に購入しましたが配送されてきたのは日曜日…その4日間はコインランドリー生活なるものをしていたのですがそれなりに大変な日々でした。
この時、思ったのが『洗濯機』と言う『文明の利器』のありがたさ…。最近、『現代は便利になり過ぎ…』と言う方もいらっしゃいますが、いや~やっぱり不便ですよ。『洗濯機』とか『冷蔵庫』とか『掃除機』とか使えないと…w
と言う事を考えながらそういえば、「『自転車』だと『どんな発明』が一番昔に戻ってほしくないかな~』と言うことを考えてみました。
ぱっと思いついたのが『多段変速』『手元変速機構(シマノでいう『デュアルコントロールレバー』)』『アヘッドシステム』『電動多段変速」『コンパクトクランク』『油圧ディスクブレーキ』『サスペンション機構』『ビンディングペダル』あたりですかね。全部過去の技術に戻ってほしくはないのはたしかですが、個人的に戻って欲しくない一番の『発明』がこちら…


クイックレリースレバー

1920年代にカンパの創業者のカンパさんが発明したと言うこちらの商品。『メンテナスの仕事』的にも『プライベートのサイクリング」的にもホイールの固定方法が『ナット』や『大きな蝶ナット』と言うのは『ギアなし』や『ダブルレバー』よりも辛いかも…(まあ、軽快車や電動アシスト車、ピストなどはナット止めですけどね)
あと、一つと言いながら二つ目を出しちゃいますが『チューブラータイヤ』含めたうえでダンロップさんが開発したという『空気入りタイヤ』が無くなるのも絶対に嫌ですね。
むしろ、こちらの方が絶対に戻ってほしくないですね。w
とりあえず、自転車も様々な発明をしてくれた技術者の方に感謝です。(^◇^)




これはクーポンが適用されるみたいです。サイズ感は自分も履いていますがやや小さめでいつもよりハーフサイズ大きめにしています。

『R8000』や『FD-5801』の発表の片隅で…

『情報のアンテナが弱い』店長ですw。昨日、お客様から教えてもらったのですが『SRAM GX』のラインナップに『Eagle』カテゴリーがリリースされるているらしいです。つまり、『1x12』の普及モデルと言うわけです。(6月だからエイプリルフールじゃないよね…(^^;))
本国サイトはこちら

価格ですが本国サイトを見ると
シフター $40
リアメカ $110
クランクセット $120-170
スプロケット $195
チェーン $30
チェーンリング $99
とのこと。
『XD』ボディの関係もあるのでわざわざこのコンポに乗せ換える人は少ないような気がしますが…個人的にちょっと興味があるの『18モデルの完成車』!  40万円台で『カーボンフレーム(ブースト規格)』&『1x12』がなんとかできそうな気がするんですがどうですかね…間に合わないですかね…メーカー様…(^^;)




『R8000』発表の片隅で…


105グレードのフロントディレーラー(以下Fメカと記載)『FDー5801』がこっそりとモデルチェンジしておりました。ケーブル取付方法が『R9100』や『R8000』と同じくケーブルアジャスター機能がFメカ内に搭載されているタイプになり、アウターワイヤー途中のアジャスターが必要なくなります。これで、ハンドル付近の見た目がスッキリしますね。また、上位モデル同様に『従来モデル』からのデザイン変更がおこなわれ『変速性能の改善(変速時の操作力を手の動きに合わせて再設計)』『広いギア間に対応(OLD135mm、チェーンステー410mm。大雑把に言うとディスクロード向け)』するスペックとなりました。

わざわざFメカだけ交換する人がいるの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、『ケーブルアジャスター』の『アジャストするネジ部』が緩み、そこからくる『フロントディレーラーの変速の不具合(インナーワイヤーのテンションのズレ)と言う現象はけっこうあったりします。また、『エアロロード』などの複雑なアウターワイヤールーティングを要するフレームの場合『ケーブルアジャスター』をアウターワイヤーのどの部分に設置するかによりハンドル操作や変速操作に影響を及ぼすこともあります。その点、新しい設計のFメカを使用すると上記の問題点がほぼ解消されると言うわけです。(逆に言えば上記の問題点がなければわざわざ変える必要性はあまりないと言う事ですが…(^^;))
まあ、個人的な感想としては最近の複雑なワイヤールーティングのバイクだった場合、『アウターワイヤールーティングまたやり直すの…(^^;)』と言う気持ちも少しでてきたりして…w

FD-5801
直付タイプ 価格 3,671円
バンドタイプ(31.8/28.6mm)価格3,913円
バンドタイプ(34.9mm) 価格3,852円

いよいよ終盤!今日の夜がまちどおしい…w

原作はドラマが終わったら読もうっと!




きっと、どこもこの話題でもちきりでしょうが…w


洗濯機が壊れたっぽく朝から憂鬱な店長です…(;_;)
さて、ウチも本日情報解禁になった『シマノ R8000』シリーズのご紹介!日々ブログネタに困っているお店としては大変ありがたいものです。
まずは皆さんが気になるであろう納期ですが、定番のSTIレバー、170mmクランク(50-34)、Fメカ(直付)、Rメカ(SS)、CS(11-28)、キャリパーブレーキ、チェーンの7セットをさっさと申し込むと… なんと今月6月末の入荷予定らしいです。(第2段が7月中旬
その他のギアの組合せ(52-36や53-39)のクランクで7月中順~8月末。バラバラの組み合わせて頼むと8月末~9月上旬ぐらいになるのではないかとのことでした。
また、あくまでも予定ですが『di2』は11月『ディスクモデル』が12月とのことです。(価格はシクロワイアードさんを見てね!)
気になる価格ですが7点セットで¥97,346+税 となっております。

次に個々のパーツ価格ですが(税別表記)
STIレバー ¥32,989円

Fメカ

直付け  ¥4,902円
バンド(34.9)¥5,353円
バンド(28.6、31.8)¥5,407円

Rメカ

SS(30T対応) ¥8,617円
GS(34T対応) ¥ 9,181円

クランク

50-34 ¥25,955円
52-36 ¥25,955円
53-39 ¥25,955円
46-36 ¥25,390円

BB ENG、ITA ¥ 1,999円


スプロケット
ついに11速も1:1ギア比が可能に!w
11-25T( 11-12-13-14-15-16-17-19-21-23-25T ) ¥7,697円
12-25T ( 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25T) ¥7,697円
11-28T(11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28T )  ¥7,697円
11-30T (11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30T ) ¥8,291円
11-32T ( 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32T) ¥8,291円
11-34T  (11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T) ¥8,696円 ※グループ外商品

ブレーキ

キャリパーブレーキ前後セット ¥13,814円
キャリパーブレーキフロント ¥ 7,309円
キャリパーブレーキリア ¥ 6,799円
ダイレクトマウントブレーキフロント ¥7,884円
ダイレクトマウントブレーキリア(チェーンステー) ¥ 6,912円
ダイレクトマウントブレーキリア(シートステー) ¥7,884円

ペダル

ノーマル ¥14,557円
+4mm  ¥ 14,792円

あと、見た目の違いが写真だとわからないのですが…(^^;)

6800アルテホイールの後継モデル『 WH-RS500』 (R500じゃないよ!)
・チューブレス対応 ・オフセットリム ・目標重量 F : 705g R: 944g(F/R:1649g) ・リムハイト F/R : 24mm ・リム幅 F/R : 20.8mm ・スポーク本数 F : 16本 R : 20本
前後セット ¥48,918円
フロント ¥23,644円
リア ¥25,274円
8月上旬頃ファーストデリバリー予定。


RS-81の後継モデル 『WH-RS700』
・チューブレス対応 ・アルミ/カーボンラミネートリム ・OPTBALパターン、オフセットリム ・目標重量 F : 625g R: 943g(F/R:1568g) ・リムハイト F : 24mm R : 28mm ・リム幅 F/R : 20.8mm ・スポーク本数 F : 16本 R : 21本
前後セット ¥ 83,485円
フロント     ¥38,613円
リア    ¥ 44,874円

となっております。注文が入るといいな~(^^;)

買ったがまだ読んでいない…




『ハンドルが遠いな~』と思った時、ポジションをいじる前の注意点。


ある程度、スポーツバイクに乗っている方には一般的な話だとは思いますが、初心者の方で『うーん、ハンドルがちょっと遠くて乗車姿勢がつらいかも…』と感じて、『ポジションをいじってみようかな…』と思っている方にちょっと注意していただきたいことを書きたいと思います。
それは、

『ちょっとハンドルが遠いかも』と言う場合、ステムを買うのはお金がかかるからとりあえず『サドルの前後位置(サドルを前に出す)』を動かして距離を縮めよう!と言うのはやめた方がいいと思うよ!たぶん…

と言う事。なぜなら、『ポジションの考え方』に関しては各々の考え方に沿っていただくとして『サドルの前後位置』を変更すると言う事は『サドル~ハンドルまでの距離』だけではなく『ペダルと膝の位置関係』がまでもが大きく変わってしまうからです。

この『ペダルと膝の位置関係』、自転車を進ませるための『ペダルを踏む(これもいろいろな考え方がありますがとりあえず『踏む』と記載させていただきます。)』と言う動作において一番重要なところで、その位置関係を変更すると言う事は『現状のペダルを踏む動作を変更する』と言う事になります。ちなみに今回の話にある『サドルを現状の位置よりも前にだす』という作業を行った場合、『膝の位置は現状の位置よりも前方にくる』ため、現状の『ペダルを踏む』動作よりも『後ろに踏んでいく(後蹴り?)』と言う感じの状況になります。

つまり、『乗車姿勢が辛いので乗車姿勢を楽にしようとしたら、乗車姿勢は楽になったけど、なんだか今度はペダルを今までどおり踏めなくなったぞ…(ペダリングがおかしくなった??)』となりその結果『サドル位置を戻してからもう一度考える』となればいいのですが『サドル位置そのままでサドル高を高くしてみる』『ハンドルまでの距離を戻すため、サドル位置は変更したまま、ステム長を長くする』と言うさらなる泥沼化…と言う事態になってしまうことも…

以上の事から『ハンドル~サドル間の距離の改善』をする際は『ステム』または『ハンドル(リーチ・ドロップの距離)』または『ブラケットの角度』で改善を図るようにするといいと思います。そして、『サドルの前後位置』を変更する時は基本的に『ペダルと膝の位置関係』を改善したい時に行うものと考えた方がいいでしょう。(同時にサドル高の変更もでてくると思いますが)

 

やっと、第二期がプライムで配信だ!もう最後まで一気に見ちゃった…『ライダー』の最後に涙した店長です。(T_T)