2018 MEIRDA SCULTURA シリーズ 

前回。画像をベタベタ張り付けただけだったので、個々のモデルをカタログ見ながら想像してみました。(展示会の時間がギリギリだったので説明を聞く余裕なし。(^^;))
まずは

写真上 2018 MERIDA SCULTURA TEAM-E完成車  ¥1,100,000(税抜) フレームセット ¥299,000(税抜)
写真下 2018 MERIDA SCULTURA DISC TEAM-E ¥1,200,000(税抜) フレームセット ¥329,000(税抜)

言わずと知れた『SCULTURA』のフラッグシップモデル。パッと見。去年とブレーキの位置しか変わらないじゃん!と思っちゃいますが…カーボンレイアップの見直しにより『CF4』グレードのフレームでフレーム重量が800gを下回りました。このため、昨年あった超軽量フレームのCF5グレードがなくなりました。(必要ないと言うわけですね。)
と言うと『軽量!』と言う点にばかり注目がいきがちですが、なによりも『SCULTURA』のいいところはクセがなく安定感のあるハンドリングと乗り心地もよく誰が乗っても乗りやすい!と言うところ。過去のモデルにはなってしまいますが1世代前の『SCULTURA』に乗った人全員(私を含め)が今は違うフレームに乗ってはいるものの『うーん、機会があったらまた乗りなおしたい…』と思うくらい『いい印象』があるフレームなのです。


2018 MERIDA SCULTURA 8000-E 完成車¥659,000(税抜) フレームセット ¥289,000(税抜)

TEAM仕様と同じフレームなのですが、カラーリングがなんにでもあう『マットブラック』になっています。完成車モデルは『8000系アルテグラDi2』コンポに『Fulcrum Quattro Carbon40』が装備されているモデルです。
『チームカラーがかっちょええ!』と言う感じでないなら、こちらのモデルのフレーム売りの方が若干お買い得な価格設定になっています。


2018 MERIDA SCULTURA 6000 ¥379,000(税抜)

CF4フレームにR8000機械式アルテグラが装備されている完成車。ある程度のいいホイールをすでに所持しているなら『これ買っちゃえばほぼ終了!もう買うものはほとんどありません!』と言う感じです。個人的に買うならこちらのモデルですかね。(リアメカGSにして、チェーンとスプロケ交換はしたいけど…)


2018 MERIDA SCULTURA 5000 ¥239,000(税抜)

『CF2』カーボンフレーム、R8000アルテグラ搭載の完成車。ハイエンドの『CF4フレーム』と比べ『STACK』が高く(ハンドルが位置が高く)と『REACH』は短め(ハンドルまでの距離が短め)になっているので、CF4に比べ楽な乗車姿勢をだしやすいです。『初めてカーボンロードバイクを買おう!』と考えている方には『CF4フレーム』よりはこちらの方がポジションは出しやすいと思われます。


2018 MERIDA SCULTURA 4000 ¥199,000(税抜)

こちらは『CF2フレーム』に『105コンポ』装備のモデル。メーカーとしても戦略モデルとして用意しているだけの事はあって『カーボンロードバイクを買おう!』と言う方は候補の一番に挙がるモデルではないでしょうか。ブレーキもちゃんと『shimano製』のブレーキが装備されています。クランクがFSAなのは価格的にショウガナカナ…


2018 MERIDA SCULTURA  DISC 4000 ¥239,000(税抜)
『CF2フレーム』のディスクブレーキモデル。今年あたりのモデルから『ロードディス
クブレーキの規格や設計もある程度の落ち着いてきたような気がします。これは2018年モデルはもしかすると『本当のディスクロード元年』になるかもしれませんね。
リアブレーキには上位モデルと同じCNC切削の放熱フィンが装備されいて、長い下りや連続した原則でも安定したブレーキ性能を発揮しているくれます。また、28Cのタイヤの装備も可能でちょっとしたフラットダートなら路面を気にせず走れそう。
カラーは写真のBK以外にバーレンメリダカラーがあります。




2018 MERIDA SCULTURA 4100 ¥199,000(税抜)

2018モデルからやっと『SCULTURA 4000』をベースに小柄な体格の方向けに開発されたカーボンフレームモデルがラインナップされました。基本的なコンセプト、ジオメトリーは昨年にもあった『SCULTURA 410』とほぼ同じです。一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となってます。
小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
(アルミモデルですがほぼ同じジオメトリーの『SCULTURA410』の試乗車ございます。)



2018 MERIDA SCULTURA 700 ¥169,900(税抜)

去年も書きましたがいまいち日が当たらないモデルです。(^^;) とは言え、個人的には初めてロードを購入される方に一番おススメのモデルです。振動吸収性はカーボンモデルにはやや劣りますがカーボンフレームに迫る軽量設計(同サイズだと400~500gぐらいしか変わらないそうな…また、勘違いしがちですが同じアルミフレームでも『SCULTURA 400』とは違うフレームです!)とアルミフレーム独特のきびきびした走りはカーボンモデルと違った楽しみが味わえます。なにより、初心者の方にとってはカーボンフレームよりはアルミフレームの方が精神的に扱いやすいというのもありますしね。
こちらもシルバー以外にバーレンメリダカラーがラインナップされています。


2018 MERIDA SCULTURA DISC 700 ¥209,000(税抜)

こちらはアルミフレームのDISCモデル。こちらも上記の『700』と同等にカーボンフレームはちょっと…と言う感じの方におススメの1台。クランクも『5800』が装備されていたりと地味に玄人受けするスペックとなっております。
こちらもバーレンメリダカラーがあります。


2018 MERIDA SCULTURA  400 ¥139,000(税抜)

おそらく、初めてのロードバイクを購入の候補にあがるモデル。当店でも何台も販売しているアルミフレーム、105コンポの安心しておススメできる1台です。ホイールさえ変えてしまえばカーボンモデルと遜色ない走りをしてくれます。そして、なによりお店的にはうれしい『BB』が『ねじ切り』です。


2018 MERIDA SCULTURA  410 ¥139,000(税抜)

昨年から展開している『SCULTURA  400』の小柄な人向けのモデル。こちらも『4100』同様に一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となっております。小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
※2017年モデルですが同モデルの38サイズの試乗車ございます。気になる方はお気軽に試乗してみてください。


2018 MERIDA SCULTURA  100 ¥93,900(税抜)

実は『400』とこの『100』の間に『SCULTURA  DISC 200』と言うモデルがあるのですが完全に忘れてました…(^^;) ただ、ディスクブレーキの規格が『ポストマウント規格』でリアホイールの規格が『135mmx9mmクイック規格』とこれから標準となるであろうロードディスクの規格ではないため(苦労話はこちら…w)ディスクロードが欲しいのならばやはり『700DISC』を購入した方があとあと大変なことにはならないのかな…と思います。
さて、こちらの『100』ですが、フレームは『400』と同じでコンポーネントを『SORA』にした事とホイールをグレードダウンしたことにより価格を下げています。とは言えロードバイクの軽快さを楽しむ事は出来ますので10万円のご予算で選ぶロードバイクとしては最適の1台となっています。

以上が『MERIDA 2018モデルSCULTURAシリーズ』をカタログ見ながらのご紹介です。とりあえず、どのモデルも本当にクセなく乗れて楽しめる1台です!




まだ、買っていない…

2018モデル MERIDA 画像

もう、先週の話なのですが2018モデル『MERIDA』展示会に行ってきました。諸事情により会場についたのが展示か終了まであと1時間を切るという状態。取り急ぎ写真だけとりあえず撮って帰る羽目に…(^^;) とりあえず、画像UPしておきます。
個人的な『好み』としては『NEW REACTO』よりも微妙に新しくなった『NEW? SCULTURA』の方がいいかな…




新刊。

夏季休業のお知らせと、お盆休み…長距離ツーリングに行かれる前は確認しましょう!


ここ3ヶ月くらい2011年とか12年くらいの自転車を組み立てる事が多かったのですが、何度も書きますが…『ワイヤー外出し』、『ねじ切りBB」は最高!w
個人的には『プロ』ではない『一般ユーザー』にとっては(もしかしたらヘビーユーザーにとっても)『ワイヤー内装』とか『プレスフィットBB』とかのメリットはあまり感じられないので(この前『その頃と比べて近年のフレームは進化はしているモノの『クロモリ・アルミ全盛』→『カーボンバイク全盛」ほど革新的な進化は見られないよね… って言うかBB規格とかデチュ…だしw』と言う話をみんなでしてたもので。)各社ミドルグレードぐらいまでは(なんだったらハイエンドも)ワイヤー取り回しとBB規格はそろそろ昔に戻しませんかね??まあ、戻れないないですよね…(^^;)

さて、話は変わって恐れ入りますが明日から9日(水)~13日(日)の間、夏季休業をいただいております。ご迷惑をおかけしますがよろしく願いいたします。明日は『休み』ですが『展示会』なんですがね…(^^;)
14日(月)は11:00より開店となっております。

そんな、お盆休みですが『休み』を使っていろいろと自転車で行かれる方も多いと思います。夏のサイクリングの基本である『こまめな水分・ミネラルの補給』、『日焼け対策』、『日陰での休憩』に気を付けて頂くのはもちろんですが出発前には下記のような簡易的な点検をすると安心です。

①前・後輪の『クイックレリーズレバー』がちゃんと締まっておりかつ『CLOSE』と書かれている文字が見えているかどうか(参考記事)、または『車輪の取付ナット』がゆるんでいないか、車輪が真っすぐ装着されているか(左右のブレーキパッドとのクリアランスが均等にあいているか)を確認。

②各部にガタ(特に初心者の方はハンドル周りのガタに気付いていない事が多いように感じられます)を確認。ハンドル回りは前ブレーキをかけながら自転車を前後にゆすります。『ガタ』がある場合はハンドル廻りが『カクカク』と前後に動きます。次に軽く自転車を持ち上げて、ストンと自転車を落とし、落下音の感じがあまりにもおかしい場合(どこかに『ガタ』や『緩み』がある場合は『チェーン』の『ガシャーン』と言う音以外に変な音がする傾向にあります。)

③ブレーキシューの減り方、効き具合、ブレーキワイヤーのほつれ具合(2、3回ブレーキレバーをおもいっきり握ってみてください。ワイヤーやブレーキ本体に損傷がある場合はワイヤーが切れたり、本体が壊れたりするので乗車前に損傷個所がわかる場合があります。)を確認。

④付属パーツの取付ネジの緩み(ボトルケージ、キャリア、ライト等)を確認

⑤変速が正しく動いているか。特にインナーxロー(一番軽いギア)に変速した際にチェーンがリアホイールに干渉していないかを確認

そのほかにも確認した方がいい項目はあるのですが最低限上記の項目は確認するようにしましょう。

10日発売っす。




『風が吹いて桶屋が…』ではなく『雹が降って自転車屋が…』も多少はあるようです…(^^;)


先週の話題の『雹』。お客様に『雹特需何かあったんじゃない?』と聞かれて、『いや~ないですよ~』なんて言っていたのですが。1週間たってみると少しはありました。
一つは『タイヤ交換』。どうやら雹に折れた『木の枝』等がタイヤに突き刺さりバースト…タイヤ交換に。
二つ目は

なんと、運悪く電装アシスト車のスイッチに『雹』が直撃し破損… ちなみに我が家はエアコンの室外機に数か所穴があきました。(^^;)
そして、最後はこちら

自転車用雨カバー!。これはどうやらビニールの劣化により固くなっていたサイクルカバーが『雹』の直撃により穴だらけになるという事例が多数出ていた模様です。当店に探し求めてきたお客様によると一部地域の自転車屋さんで『サイクルカバー』の品切れ続出!と言う状態だったそうです。w まあ、お店もそんなに在庫がある商品ではないですしね。

『自転車、自転車パーツ』って『天候、気候』によっての影響が大きい商品なのですが、まさか『雹』でも売上に変化がおきるんだなあ~…と感じた日でした。

そして、まさかの…価格に…。自転車屋がこんな風に書くのもあれですが…ある程度までいったら、変に『パーツ』をアップグレードするよりはこれで毎日体のケアをしていた方がたぶんタイムは良くなるような気が…w




地味に良心的…


こそっと取扱をしている『華やかさ』はないものの『しっかりとした作り』と『日本での組立』と地味におススメなドイツメーカーさん。
先日、久しぶりに注文が入って組立ていると地味に良心的な事を発見。こちらの自転車『105』の完成車なのですが2017年度モデルなのにもかかわらずフロントディーレーラーが最近モデルチェンジされた新型105フロントディレーラーで組付けされていました。この辺はさすが日本組立のため対応なんですかね。あと、サイズが42だったのですがちゃんとシマノの『105クランク』でしかも『クランク長165mm』が装着されていたり(他社の場合サードパーティだったりします。)とこちらも良心的な設定です。
しかも、現在サマーセール?と称して105完成車 ¥164,000+税が『TIAGRAの価¥138,000+税で購入可能です。気になる方はぜひ店頭にてお問い合わせください!




『フリー』が本当に『フリー』になっちゃう前に…


先日、『クランクをどんなに漕いでもギアがクルクル回って動きません…』と言う修理を受けました。カンパホイールで(記憶が曖昧なのでフルクラムかもしれませんが…(^^;))なんとなく症状的に検討がついたためホイール部のフリーを分解してい見ると予想どおり、フリーを駆動さる『爪』を起こすための『pawl spring』が折れていました。

こんな感じで真ん中からポッキリ…。このスプリングが折れているとリアのホイールを駆動させる事ができないため漕いでも漕いでも進みません。(ローラー台無負荷のインナーxロー的な)
近所であればいいですが、ロングライドの途中や峠の途中でこの状態になった日にはロードサービスを呼ぶか上りと平地は『押し』、下りのみ『自転車にまたがる』と言ういつになったら帰れるの状態になってしまいます。(実際にMTBサイクリング中に起きた事ありました。里山トレイルだったため距離は短くそこまで酷いことにはなりませんでした。)

新品に帰れば元通り!カンパ、フルクラムホイールユーザーの方で1~3年に一度オーバーホールやハブのグリースアップをされる方はついでに交換することをお勧めします。(ゴリゴリ乗る方は1年経ったら交換しましょう。)




そろそそ『暑気払い』の季節ですね。飲んでおくと翌日がかなり楽です!

『GARMIN Vector カートリッジKit Shimano PD-6800 』を取り付けてみた。


最近販売された『GARMIN Vector カートリッジKit Shimano PD-6800』を自分のVectorに取り付けてみました。(やはり、シマノペダルユーザーが圧倒的に多いので…(^^;))
交換手順はメディアの記事にも書かれていた通り簡単でした。

まずは

パッケージに付属されている専用工具とモンキレンチを使いVector本体からシャフトを抜き取ります。この際に左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため緩める方向に気を付けましょう。また、専用工具は樹脂でできているため『工具』がなめやすいです。モンキーレンチで工具を壊さないように気を付けましょう。(自信のない方は素直にショップに頼みましょう。)

次に


8mmと15mmのスパナを使ってVector用のカートリッジ(銀色のパーツ)を取り外します。


シャフトのみにした後はこちらもパッケージに付属されている『ワッシャーセット』の新品に交換をしておきましょう。

そして、ここからが本題。


PD-6800用のカートリッジに交換します。こちらも右ペダル用カートリッジ(ミゾなし)左ペダル用カートリッジ(ミゾあり)がありますので要注意です。



取り外すときの逆の手順で取り付けます。(8mmレンチと15mmレンチを使用)この時の8mmナットの締め付けトルクは7n-mです。
これでシャフト部の交換作業は完了です。

次に


PD-6800のシャフトを17mmのスパナを使って取り外します。こちらも左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため緩める方向に気を付けましょう。
シャフトを取り外したら6800用にしたVectorシャフトを取り付けます。


専用工具とモンキーレンチを使って取り付けます。締め付けトルクは10n-mです。
この時も左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため締める方向に気を付けましょう。また、専用工具は樹脂でできているため工具が『なめやすい』です。モンキーレンチで工具を壊さないように気を付けましょう。(乗車中にペダルが取れると大変です。自信のない方は素直にショップに頼みましょう。)

一般家庭にはないと思いますが…バイスを使うと作業はかなり楽でした。(^^;)


あとはクランクに取りければ終了!


まあ、こちらのパーツが出たからと言ってVectorユーザーが増えるとは思えませんし、なぜこの時期に『PD-R8000 』ではなく『PD-6800』なんだよ!とツッコミは多数あるでしょうが(案外使えたりして…(^^;))、Vectorユーザーからするとこれでやっと他のユーザーへ自転車やペダルの貸し出しがしやすくなり、何よりもクリートがかなり手に入りやすくなるメリットもあります。
ちなみにシマノさんは『PD-6800』の在庫はまだありますが、問屋さんによっては取扱終了しているところもありますのでご注意を。まあ、一番いい方法としては仲間から『使わなくなった6800ペダル』を譲り受け交換するのがいいのかもね…w




夏アニメ。

夏はいつ走る…


まだ『梅雨明け』していませんが、連日のように気温30℃超えの『暑い日』が続いております。(^^;)
そんな日中に自転車で外を走るのは『辛い』…しかも『熱中症』の危険性も…そんな時は『走る時間』等を工夫していくらかマシ?な状況で自転車に乗ってみるのもいかがでしょうか?

1.早朝 私は基本これです。AM5時くらいから走り始めると比較的涼しいです。日曜の朝サイクリングからの印象では荒サイを昼間走るならせめて10時くらいには切り上げた方がいいと思います。どうしても日中走られる場合は春に比べて乗る時間を短くし、『日焼け止め』『水分補給』は欠かさずに行いましょう。

2.夜 こちらも昼間よりはマシです。『虫ヨケ対策』や『前照灯等の強力ライト』『反射素材装備』の対策は万全に!

3.電車または車で涼しい場所へ移動。そこで自転車に乗る。 『レジャー』としては一番正しい方法のような気がします。ちょっと費用は掛かりますが新幹線を使えば約1時間で『軽井沢』、1時間10分ほどで『那須』に行けます。電車の場合、帰りは電車の中でビールを飲みながら帰れるというメリットも…w
高原以外であっても奥多摩や秩父で山の『川沿い』(荒サイも川沿いですけどね…(^^;))や林の中の走るとけっこう涼しいですよ!

4.自宅  エアコン設定20度くらい&扇風機でローラー台です… 『節電』完全無視で走っていても全然おもしろくないですが『快適』かでいえばこちらが一番快適でお手軽かも…

こんな感じで『暑い日々』を乗り越えていただければと思います。




最新刊は来月