自転車はこんな感じで入荷してきます。


これが一般的な軽快車(いわゆるままちゃり)の入荷してくる状態です。7分組といってここから車輪やハンドルの組付け、ブレーキなどの調整をしてからお客様へお渡しすることになります。
スポーツ車も完成車はほぼ同じような状態で入荷してきます。








これから送ります。


友人がイタリアへ持って行く自転車の梱包が終わり、今日、成田空港へ配送します。
自転車をもって飛行機で移動する場合は(特に国外線)できれば自転車がお店に入荷する時の段ボール(自転車屋さんに聞けば無料でくれると思います)か専用のケース(下の写真)4万~10万円くらいに入れると安心です。国内線の場合は輪行袋でも平気だよと言う方もいらっしゃいますが、私はちょっと怖いです。
段ボールには写真のように荷物の向きとできれば行き先、名前などを書いておくといいかも知れません。(乗り継ぎがある場合は特に)
自転車の梱包の仕方は改めてホームページにて紹介したいと思います。
成田空港までの配送はおそらくJAL ABC宅配サービスの大型荷物手配が一番安いのではないかと思います(片道¥3000ぐらい)ただし、国内線での配達は1月で終了してしまったらしく、国外線のみと窓口の方が言っていましたので、国内線でお考えの方は一度確認していただいたほうがいいと思います。
これで準備は万端、後は出発日に成田空港へ寝坊せずに行けば無事出発!のようです。
無事に2ヶ月間ツーリングを楽しんで来てください。日記楽しみにしています。

2月にタイに行ってきた時、私が使用したバックです。

SCICON エアロコンフォートプラス ¥54,600(税込)

ドラゴン完成


一ヶ月ぐらいお待たせてしたJAMIS『DRAGON』のディスクブレーキ化が完了。本日やっとお渡しすることができました。

ちょっと懐かしいXTRのSTIレバーをインストール

ちなみにこのホイールがピストになっていたホイールです。
今ではちゃんとフリーになっています。

先生の新車


ダニエル先生の新車が組み上がったらしく、お店まで持ってきてくれました。

これが『MID BB』と言うBBらしく、フレームにはBBのねじ山は切られておらず、
カートリッジベアリングを直にフレームの中へ圧入するそうです。人によっては
プラスチックハンマーで叩きながら!?入れるそうです。

NEWリアホイール

軽量化と言うよりはルックス重視で穴があいているそうです。

KAITAI号修理完了


やっと、イタリア縦断へ行く『KAITAI号』の修理が完了しました。修理を始めてみるとメーカーに修理パーツの在庫がなかったり、組付けてあったパーツが実は壊れていたり等、思ったより時間がかかってしまいましたが、なんとかGW前に完了しました。後は無事、イタリア縦断できるよう応援しています。
お客様と相談をした結果、通信トラブル等がなければ、お客様より毎日イタリア縦断日記が届く事になりました。ご期待下さい!

リペアパーツカタログ


今まで、毎年出ていたリペアパーツカタログの総集編というべき1冊。
1999年~2008年までのリペアパーツが網羅されています。

このような感じでパーツの展開図と価格表が載っています。
実はこのカタログ、取寄せですが商品として販売しています。¥3990(税込)です。

kaitai号


イタリア縦断される親子の「お母さんハードロック号」はオーバーホールが終わりお引き渡し完了。続いて「息子さんkaitai号」のオーバーホールを開始。まずはバリアスコートで磨くところからスタートです。