2019 グローブライド展示会 FOCUS編



先日の「corratec」のジャパンアッセンブリーモデルのホイールのアップグレードの説明が不十分でした。ホイールが「R501」の場合はホイール変更はできないのでご注意を!!
さて、2019モデル FOCUS展示会の撮った写真です。(例によって撮り忘れモデルアリ 特に「PARALANE」シリーズは完全に撮り忘れていた…(^^;) )

2019 FOUCS IZALCO MAX Di2
「マトリックスパワータグ」が使用しているFOCUSのフラッグシップモデル。フレーム:750g、フォーク:295g の軽量フレームです。こちらもジャパンアッセンブリーのため初期出荷時にステム長やハンドル幅等の選択ができコンポーネントのグレードによって価格設定が違います。
DURA ACE Di2 FULCRUM RACING3 ¥778,000(税抜)

ULTEGRA Di2 FULCRUM RACING3 ¥568,000(税抜)
FRAMESET ¥ 358,000(税抜)
また、アップチャージによるホイール変更も可能でこちらのモデル「RACING3」の場合、+10,000(税抜)で「SHIMANO RS700-C30+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C +ファストリボーン付き」に変更が可能になっております。
ちなみに奥の「レッド」は「機械式コンポ―ネントのIZALCOMAX」のカラーになります。

2019 FOUCS IZALCO MAX
先ほどの写真の「レッド」とこの「フリースタイル」と言うカラー展開が機械式モデルのカラーです。こちらの機械式IZALCO MAXフレーム。何が素晴らしいかと言うと「ワイヤーがすべて外通し!そう外装!!」なんです。自分で作業する人にしか共感は得られないと思いますが「メンテナンス性」や「ワイヤーの引きの軽さ」に関してはまだまだ外装の方がメリットがあるのです。
こちらもジャパンアッセンブリーで
DURA ACE  FULCRUM RACING3 ¥618,000(税抜)
ULTEGRA RS100 ¥418,000(税抜)
FRAMESET ¥ 358,000(税抜)
の価格設定です。
また、アップチャージによるホイールのアップグレードも可能で「RACING3」の場合、+¥10,000(税抜)「SHIMANO RS700-C30+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C +ファストリボーン付き」への変更と「RS100」の場合+¥45,000(税抜)のアップチャージで「SHIMANO RS500+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C+ファストリボーン付き」に変更が可能です。

ちなみ…奥に写っている「グレーぽい」感じのカラーのバイクが
2019 FOCUS IZALCO RACE 9.9 ¥448,000(税抜)
です。ULTEGRA Di2、DTSWISS P1850SPLINE 23仕様です。これ以降の商品はジャパンアッセンブリーではないためステム長やハンドルバー幅は選べません。


2019 FOCUS IZALCO RACE DISC 9.9 ¥324,000(税抜)
新型105の「R7020」シリーズ採用の「IZALCO RACE」のDISCブレーキモデル。(ホイールは「RS170」)
「105」グレードに正式な油圧ディスクブレーキデュアルコントロールレバーがラインナップされたことにより、この価格帯でも頭でっかちのST-R505じゃないのがビジュアル的になんとなくうれしい…。性能的にも上位モデルの技術が「R7020」には継承されているので間違いないし!

2019 FOCUS IZALCO RACE9.8 ¥338,000(税抜)
機械式ULTEGRA+DTSWISS P1850仕様。もともとモデルの「CAYO」(昨年、名称のみ変更)はワールドツアーチームの選手がパリ~ルーベの際に選択するほどのバイクでセカンドグレードなれど侮れない実力を持っています。マトリックスパワータグの佐野選手もこちらのバイクを愛用しています。

2019 FOCUS IZALCO RACE9.7 ¥259,000(税抜)
メインコンポーネント105(R7000)+ MAVIC AKUSIUM仕様の完成車

2019 FOCUS IZALCO RACE6.9 ¥168,000(税抜)
定評のあるIZALCOのアルミフレームモデル。105MIXコンポーネントとALEXホイールの仕様です。

2019 FOCUS IZALCO RACE6.7 ¥138,000(税抜)
こちらもアルミフレームモデル。写真の色は暗いですがメタリックブルーのきれいないろです。基本コンポーネントSORAとALEXホイールです。

2019 FOCUS MARES 9.9 ¥528,000(税抜)
シクロクロスも定評があるのFOCUSのカーボンフレームの完成車。FORCE1x11にDTのホイールが採用されています。

2019 FOCUS MARES 9.8 ¥478,000(税抜)
こちらはULTEGRA油圧ディスクブレーキ(リアメカはULTEGRA RX)&NOVATECホイールのカーボンフレーム完成車。なんとなくシクロクロスバイクと言うと価格差5万円があっても上記の「9.9」のSRAMの方が良さそうと思ってしまうのがSRAMの戦略の勝利と言う事なのでしょうか??。まあ、どっちでも性能的には問題ないんですけどね。
と言うか写真撮り忘れていましたが、アルミモデルの「MARS 6.8」¥228,000(税抜)も105油圧ディスクブレーキなのでそれが一番おススメなのでは??と言う話もあります。(^^;)

写真:手前 2019 FOCUS JAM 6.9 NINE ¥398,000(税抜)
写真:奥 2019 FOCUS JAM 8.9 NINE ¥438,000(税抜)

29インチのオールマウンテンバイク。奥がメインフレームがカーボンの「8.9」手前がメインフレームがアルミの「6.9」です。シクロワイアードの記事にも書いてありましたが4万の価格差ならカーボンモデルの方かな…。

と言う感じが全部のモデルではありませんが「2019モデル FOUCS』でした。



アダムくんつえええ!神に勝ちそう。

2019グローブライド展示会 corratec編



先週、行ってきた「corratec」や「FOCUS」を取り扱っているグローブライドさんの展示会の画像です。今回は「corratec」です。


2019 corratec DOLOMITI
サイズ:42(105、TIAGRAのみ、ボトルケージ台座はひとつ)、46、48、51、54
「corratec」のエントリー向けロードバイク。実際に乗ったことがありますがクセのない乗車フィーリングで万人受けするアルミロードバイクだと思います。また、「corratec」のロードバイクは日本でのアッセンブリー(CCT EVOは除く)が行われているため購入時に…

ハンドル幅、ステム長、コラム長、チェーリング歯数等が選択できます。
価格もコンポーネント別に選ぶことができ
ULTEGRA(R8000)+ホイール:SHIMANO RS100仕様 ¥198,000(税抜)
105(R7000)+ホイール:SHIMANO RS100仕様 ¥158,000(税抜)
TIAGRA COMPACT+ホイール:SHIMANO R501仕様 ¥138,000(税抜)※ホイールアップチャージ未対応商品
SORA+ホイール:SHIMANO R501仕様 ¥125,000(税抜) ※ホイールアップチャージ未対応商品
と言う価格構成になっています。
また、ホイールが「RS100」の場合+¥45,000(税抜)のアップチャージで「SHIMANO RS500+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C+ファストリボーン付き」に変更が可能です。
SHIMANO RS500 ¥51,364(税抜)+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C ¥7,600x2+ファストリボーン ¥1,000(税抜)の合計が¥57,564(税抜)と言う事を考えるとかなりお買い得なアップチャージではないでしょうか。105(R7000)コンポで購入を考えている方にはけっこうおススメです。

2019 corratec R.T.CARBON
サイズ:42(105のみ)、46、48、51
昔のモデルになりますがこのモデルをしばらく乗っていましたがやはりクセなく万人受けするモデルだと思います。こちらもジャパンアッセンブリーでステム長、ハンドル幅等を選択することが可能です。
価格構成は
DURAACE Di2+ホイール:FULCRUM RACING3 ¥658,000(税抜)
DURAACE機械式+ホイール:FULCRUM RACING3 ¥498,000(税抜)
ULTEGRA Di2+ホイール:RS100 ¥398,000(税抜)
ULTEGRA 機械式+ホイール:RS100 ¥288,000(税抜)
となっております。
こちららもアップチャージによるホイール変更が可能で、「RACING3」の場合+¥10,000(税抜)「SHIMANO RS700-C30+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C +ファストリボーン付き」に変更が可能です。RACING3とRS700では価格差はそこまで大きくないためタイヤ代を払って最初からチューブレス対応にするためのアップチャージと考えていいかと
また、ULTEGRAコンポに関しては「DOLOMITI」の時と同様にホイールが「RS100」の場合+¥45,000(税抜)のアップチャージで「SHIMANO RS500+IRC FOMURA PRO TUBLESS LITE 700x25C+ファストリボーン付き」の変更が可能です

2019 corratec DOLOMITI TEEN ¥98,000(税抜)
24インチの本格ジュニアロードバイク。基本コンポーネントはSORA。フレームサイズは38、トップチューブはホリゾンタル値で470となっております。しっかりと考えられて作られていますしなかなか人と被らない「通」なメーカーですので「他の子とは違ったモノを!」と言う方におススメです!!


「corratec」のクロスバイク「SHAPE」シリーズ。クロスバイクにもcorratecの代名詞「LPX」テクノロジーが採用。チェーンのバタつきによるフレームへのダメージを防ぎ安定した駆動性を確保しています。
「SHAPE SPORT」¥59,000(税抜)、「SHAPE URBAN BX」¥62,000(税抜)、「SHAPE URBAN DISC」¥70,000(税抜)の3モデルが展開されています。

2019 corratec A-ROAD
650bホイールのグラベルディスクロードバイク。こちらもジャパンアッセンブリーでステム長、ハンドル幅が購入時に選択が可能です。
105(5800系)+WTB650bホイール ¥198,000(税抜)
TIAGRA+WTB650bホイール ¥178,000(税抜)

上記は参考出品の「A-ROAD CARBON」

写真が暗い…ですが同じく参考出品の「RT CARBON DISC」

2019 corratec E-POWER SHAPE ¥298,000(税抜)
SHAPEシリーズのE‐BIKE。「corratec」のユニットは「BOSCH」を使用しています。実際にがっつと青山から神宮外苑を試乗してきましたが「SHIMANO STEPS」と違ったアシストのトルク感で面白かったです。これは「個人の好み」ですね。キャリアや前後泥除けが標準装備です。ただ、ブレーキがVブレーキなのが気になるかな…

2019 E‐POWER XVERT 650b ¥398,000(税抜)
こちらはMTBタイプのE-BIKE。こちらもユニットは「BOSCH」製になります。各社続々とラインナップされているE-BIKE。高価格帯なのが難点ですが最近、近所でも2台くらい見かけるの少しは売れてきているのかな???

以上が2019モデルの「corrtec」の画像です。本カタログではありませんが閲覧可能なカタログはございます。店頭にてお気軽にお声かけください。



2019 UVEX展示会。



今回はヘルメットメーカー「UVEX」さんの展示会。日本だと「KINAN CYCLING TEAM」が使用しています。(画像は例によってOさん(^^;))
今回の展示会のメインは新製品の「uvex race9」

2019 UVEX RACE9 ¥26,000(税抜)
とにかくベンチレーションを重視したヘルメット。革新的なベンチレーションシステムがヒルクライムのような低速時走行にもおいても確実な通気性を発揮します。たしかにフロントのベンチレーションフォールはめちゃくちゃ大きいです。フィット感ですが私はOGK AERO-R1を日常使用していて、こちらのヘルメットだと「57-60」サイズでした。
軽さは…最近のヘルメットにしては重め(285g、300g)ですがシェル内部には超軽量なケージ機構になっていて衝撃による圧力を分散しくてくれます。

ALPINA GRUNERLOKKA ¥9,500(税抜)
ALPINAの街乗り用ヘルメット。ツバ付きで一般的な自転車用ヘルメットはちょっと仰々しい…と言う方におススメです。

ALPINA PARKjr、XIMO ¥6,000(税抜)
ALPINAの「ディズニーキャラクター」シリーズ。ちなみに営業さんがちょっくちょっく質問されていたそうですが「STARWARS」ヘルメットの大人用はありません。(^^;)

以上が少ないですが「UVEX」「ALPINA」の展示会です。両方とも取り寄せ可能な商品です。お気軽にお問い合わせください。



2019 SHIMANO 展示会の画像。いっぱい!w



例によってOさんより画像を頂いたので手抜きの画像たくさん載せ!w

まずは「SHIMANO PRO」サドル、工具、バイクパッキング系のバック、ハンドルバー等
 
次に「M9100 XTR」と「R7000 105」等。そういえばM9100シリーズに「M9100」シリーズのブレーキレバー「BL-M9100とM9120」に取り付けられる「ドロッパーシートポストリモートレバー」がラインナップされています。また、重要な点として今回の「M91000」シリーズには「11スピード」も「M9100」シリーズとしてラインナップされていますが、今までの11スピードとは別ラインナップ扱いになり、ドライブトレインに関係する「シフター」「フロントディレーラー」「リアディレーラー」「スプロケット」「チェーン」はすべて「互換性なし」です。唯一「ボトムブラケット」のみ互換性があります。




2019シマノ展示会の画像。





先日の水曜日の「シマノ」さんの展示会の画像。例によってあまり写真撮ってません。今年は「NEW XTR」と「NEW 105」がメイン展示かと思いきや…写真のように今年もSTEPSが一番目立つ場所。シマノさん今年は特に本気で「E‐BIKE」を押してくるみたいです。

1x12にフルモデルチェンジした 「M9100」系 NEW XTR。新しくなったフリーハブをちょこっと触りましたが「ラチェット音」が「ほぼ無音状態」でびっくりしました。w
あと、フロントチェーリングの取付方法がダイレクマウント方式になったのですが、この方式でシクロクロス用クランクとか用意しないですかね…。

「左」が手が小さい向けに開発された油圧ディスクブレーキデュアルコントロールレバー「ST-R7025」。「右」NEW105油圧ディスクブレーキデュアルコントロールレバーの「ST-R7020」です。「ST-R7025」の方はレバーリーチが短いだけでなく、変速時により指がかかりやすいデザインになっていました。
写真少ないですが…と言う感じのシマノさんの展示会でした。




9月17日(月)までkindle版が50%OFFです。まとめ買いするなら今だ!そして 「ゆるキャン」は一巻しか50%OFFじゃないのはずるくないっすかw

2019GIANT展示会。 パーツ系

GIANTさん。パーツ系の写真が少々残っておりました…。

価格とリリース時期の写真&記憶がど忘れましたが「ダイレクトドライブタイプ」のローラー台が販売されます。価格は10~12万円くらいだったような気が…実際に試乗しましたがさすがの「静粛性」でした。

GIANTサドル専用クリップタイプのリアライトに取り付けることができるリアフェンダー。GIANTサドル限定になってしまいますがリアライトがフェンダーの上部にくるのは視認性的にありがたいですね。

一定の認知度を得た「GIANT WHEEL」。コストパフォーマンスもさることながらハブのエンドキャップを交換する事により多様なリアエンド幅、スルーアクスル、クイックレリースレバーに対応できるのがありがたいです。(BOOST規格は除く)

「サイクルコンピュータ」は…いまいち「いい記憶」がない…(^^;)

パーツ販売はしていませんが話題のGIANTオリジナルパワーメーター。多数のお客様より「使ってみてください!!」と言われますね。が、まだまだ「初代Vector」が壊れないので見送りです。(^^;)
しかし一昔前のパワーメーターの金額でパワーメーターが装着された完成車が購入できるようになったんですから技術の進化はすごいですね…。

以上でGIANT展示会の画像終了!明日は「シマノ」さん含む多数の展示会だ…。

これは同年代のファミコン世代にぜひYouTubeでPV(ショートバージョンだけど)を見てもらいたい。




2019 GIANT展示会多分最後! MTBシリーズ。



2019モデル GIANT展示会の画像。多分最後のMTBシリーズです。(全モデルではありません。)

2019 GIANT REIGN ADVANCED 1 ¥540,000(税抜)
フロント170mm、リア160mmのエンデューロレースとアグレッシブなトレイルライドのためのバイク。来シーズン3回くらい「常設コース」に行くのであれば欲しいよね。と思ってしまいますが「反射神経」とか「動体視力」が自分のコントロール域を超え怪我しそう。(^^;)
なによりも今年は「カラーリング」に惹かれる…。ちなみにカタログスペックですが重量13.5kgとなかなか軽量に仕上がっています。

2019 GIANT REIGN 2¥330,000(税抜)
上位モデルと同じ規格・システムを採用。アルミフレーム・エントリーグレードのコンポーネントを採用することにより手に届きやすい価格帯にしたモデル。

2019 GIANT TRANCE 29ER 2 ¥340,000(税抜)
今年から販売される29erでトレイルを楽しく走るために開発されたバイク。435mmの短いチェーンステーとヘッド角66.5°、シートアングル74.5°と29erに特化したジオメトリーが採用されています。シートアングル角がけっこう立っているのでトレイルで乗るとどんな感じなのかが気になるところです。他国ではメインフレームがカーボンの「ADVANCED」シリーズもラインナップされています。

2019 GIANT TRANCE ADVANCED 2 ¥470,000(税抜)
とりあえずMTBを買うならこれを買っておけば間違いない!と言うバイク。トレイルライドから常設コース。マラソンレースからXCレースまでこなす事が可能です。(もちろん、各競技に特化したモデルの方がより「速く」走れますが(^^;))
ロードバイクのモデルで考えると「ハイエンドカーボンフレーム」+「電動アルテグラ」+「40mmハイトのカーボンホイール」と言うスペックの完成車といったところでしょうか。

2019 GIANT TRANCE 3 ¥280,000(税抜)
同じく「これ」を買っておけば間違いない!モデル。規格やリンクシステムは上位グレードと同じ規格を採用。アルミフレームにパーツ類のグレードを下げる事により価格をお求め易くしています。約30万円で楽しいMTBライフが待っていますよ!

2019 GIANT FATHOM 1 ¥180,000(税抜)
2019モデルはセミファットタイヤ(「1」が27.5x2.6、「2」が27.5x2.4)が採用されたトレイル向けハードテイルバイク。
現在、2018モデルを乗っていますが(ホイールとブレーキ回りは変更)XCレースバイクからこちらのバイクに乗り換えて「 山遊び」がとても楽しくなりました。シマノSLX1x11、SUNTOUR120mmフォーク、ドロッパーシートポストが標準装備されトレイル遊び目的の「最初の1台目」におすすめのバイクです。ただ…なぜか2019モデルもリアが「スルーアクスル」じゃなく「クイックリリースレバー」です。しかも「141mmエンドのリアハブ」と去年モデルとエンド幅サイズ違うし…クイックでも十分楽しめるのですがホイールのアップグレードの選択肢がかなり減るんですよね。(^^;)
ちなみに店長が今乗っている「2018」モデルの「FATHOM 1」「FATHOM 2」XS、Sサイズは在庫メーカーにまだまだあるようです。(2018/9/10現在)お安くなりますので気になる方は店頭にてお問い合わせください。

2019 GIANT FATHOM2 ¥140,000(税抜)
ジオメトリー、120mmフォーク、ドロッパーシートポストと基本コンセプトは「FATHOM1」を継承し、パーツ構成のグレードを下げることにお手頃価格になった「FATHOM2」。こちらでも十分「山遊び」を楽しめることが可能です。いまのところ
GIANT FATHOM118万円(税抜)
MERIDA BIG.TRAIL400 約16万円(税抜)
GIANT FATHOM2 14万円(税抜)
の3車種が当店おススメの「初めてのMTB」ですかね。

2019 GIANT ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 1 ¥550,000(税抜)
昨年、フルモデルチェンジされた「ANTHEM」のカーボンフレームシリーズ。レース志向の方におススメの1台。こちらのモデルはリアスイングアームもカーボンです。コンポーネントはSRAM GX EAGLEです。

2019 GIANT ANTHEM ADVANCED 29ER 1 ¥450,000(税抜)
こちらはメインフレームがカーボン、リアスイングアームがアルミのモデルです。上記の「PRO」モデルとの価格差10万円…「ホイールは同じ」「コンポはややグレードが下がる」うーん悩むところです。

2019 GIANT ANTHEM  29ER 2 ¥320,000(税抜)
こちらはメインフレーム・スイングアーム共に「アルミ」のモデルです。同じアルミフレームモデルなら「TRANCE 29ER」の方が「遊び」の範囲は広いのですが「TRANCE 29ER」の方が1.7kgも重量が重い…(^^;)

2019 GIANT ANTHEM   2 ¥250,000(税抜)
メインフレーム・スイングアーム共に「アルミ」の27.5ホイールモデル。フロント130mm、リア110mm、ドロッパーシートポスト採用。BOOST規格、前後最新のマエストロシステムが採用されています。「MERIDA」もそうでしたが中級グレードにもいよいよBOOST規格が標準採用されてきましたね。

2019 GIANT XTC ADVANCED 3¥240,000(税抜)
ハイエンドXCレースモデル系であっという間に絶滅しそうな感じの勢いになった「27.5」サイズですが一応まだ生き残ってます。フロントはBOOST規格ですが、リアはBOOST規格にはなっていません…。(^^;)

2019 GIANT TALON3 ¥67,000(税抜)
なぜ、「XTC ADVANCED PRO 29ER 1」などの写真を撮り忘れて、こちらの撮ったのかはわかりませんが…「トレイルとかではなくちょっとオフロードとかを走ってみたい」と言う方におススメ。
お手頃な価格帯のわりには「油圧ディスクブレーキ」や「ロックアウト機能付き100mmフロントサス」採用と一昔前なら10万円くらいするスペックが採用されています。

以上が2019 GIANT MTBシリーズで気になったモデルです。日本サイトも2019モデルに切り替わり、お渡しできるカタログも数部ございます。細かな点に関してはお気軽に店頭にてお問い合わせください。




2019 GIANT展示会 CONTENDシリーズ



2019 GIANT展示会。CONTENDシリーズです。(画像の取り忘れもあります(^^;))

2019 GIANT CONTEND SL DISC ¥170,000(税抜)
「CONTEND」シリーズの上位モデルである「CONTEND SL」シリーズのディスクブレーキモデル。2019モデルより「CONTEND」シリーズは「700x28C」のタイヤが装着可能になりました。その中でもこちらの「CONTEND SL DISC」は700x28Cのチューブレスレディタイヤが標準採用され従来のモデルよりも「快適性」が向上されています。基本コンポーネントは新型105、ブレーキはGIANTオリジナルディスクブレーキの「CONDUCT SL」を採用しています。

2019 GIANT CONTEND SL 1 ¥150,000(税抜)
アルミフレーム(ALUXX SL)+新型105コンポの初めてロードバイクを購入する際に候補にする事が多いモデルではないでしょうか。「SL DISC」でも書きましたが2019モデルから「CONTEND」シリーズは「700x28C」と言うクロスバイクと同等の太さのタイヤを装着することが可能です。(28Cが標準装備採用されているのは「SL DISC」のみで「CONTEND」シリーズは25Cです。)また、この価格帯でも「チューブレスレディタイヤ」が採用されているのも「特徴」のひとつ。「快適性」、「転がりの軽さ」は通常のクリンチャータイヤと比べると確実に違います!

2019 GIANT CONTEND SL 2 ¥130,000(税抜)
「SL1」
との違いはコンポーネントが「105」と「TIAGRA」の差でそれ以外は同じフレーム・フォーク、パーツ構成です。この差は大きいような小さいような…あとから「新型105」にコンポーネントを変更するには「2万円」ではすみませんが「2万円」あれば主要なパーツ(ライト・鍵・ボトルケージ・フロアポンプ・エントリー向けヘルメット)は揃います。「最初の1台で基本パーツは変えない(面白かったらカーボンフレームな等の30万円くらいの完成車かうかも)」と割り切って考えるとよく考えられたモデルです。また、「CONTEND」シリーズ全て、フロントギア50-34 リアスプロケット11-34と言うギアの組合せになっており、一番軽いギアが1:1と言う「上り」が比較的楽になるギアレシオが採用されています。

2019 GIANT CONTEND 1 ¥98,000(税抜)
通勤・通学などの日常使用からエンデューロレース・ヒルクライムレースまで幅広く対応できるルミエントリーロードレーサーの定番商品。またリアエンド部にキャリアダボ穴があり、27.2のスタンダードなシートポストとシートクランプが採用さらているため他のモデルに比べリアキャリアの取付が容易なのも特徴の一つです。
写真撮り忘れましたが『CONTEND 2』¥84,000(税抜)はコンポーネントが「CLARIS」に変更されて、補助ブレーキが採用されているビギナーが安心して乗車できるモデルです。

以上 「CONTEND」シリーズでした。GIANT WEBページが2019モデルに変更されました。詳しいスペックはそちらをご参考ください。