リアライトを新しくして思ったこと…


GIANT NUMEN+ AERO TL ¥3,000(税抜)

今まで使用していたリアライトが壊れてしまったため、PROPELのエアロシートポストに対応しているGIANT社のモノに交換してみました。当たり前ですがちゃんと収まりよく付きました。がしかし、日本人体系の店長の自転車の場合、サドルバックを取り付けるとサドルバックが邪魔になるため…

こんな感じに取り付けるしかないんです…(^^;) まあ、収まりがいいので良ししましょう!ちなみに…

「某高級メーカー」さんにも収まりよく取り付けられました。エアロシート全体に相性がいいのかもしれません。

ところで「タイトル」の意図はこの「リアライトの収まり具合」の話ではなく…


最近の「ライト」や「サイコン」って「USB充電タイプ」のモノばかりなので…
机の引き出し開けたら「USBケーブルばっかりじゃん!こんなに要らないよ!!」とかになりません?(^^;)
うーん。みなさん、どうしてるんだろう…w




E-Bikeにちょこっと乗ってみた。


MIYATA RIDGE-RUNNER ¥369,000(税抜)

先日、宮田の営業さんに噂の「E-Bike」なるものをちょこっと試乗させてもらいました。いわゆる「電動ママチャリ」とは違ったフィーリングで

「電動ママチャリ」の場合、上記の写真のユニットについている「歯車」がペダルを漕ぐ力をアシストしてくれまするためペダルの入力に対してワンテンポ遅れる感じでアシストがかかるフィーリングなのですが、「E-Bike」はペダルの入力対してすぐスッーとアシストがかかる感じでした。これは「E-Bike」がペダルに対して同軸の「クランクシャフト」にアシストがかかるためでしょう。(特に漕ぎ出しからある程度速度に乗るまでの低速域が一番違いを感じました)

結論から言えば、上り坂にかんしてはさすが「アシスト車」!これはトレイルにある『短い距離の上り』も『鳥海山MTBサイクリング』のような「長ーい上り」どちらであっても『星』を取ったぴかぴか光ってる「某ひげのオジサン」無敵状態で走れるのは間違いなさそうw。しかも、「某ひげのオジサン」と違い、HIGHモードでも約95kmも無敵モードが維持できるんです。(^^♪
ただし、平地に関しては漕ぎ出しからしばらくするとアシスト力が弱まるため(法規制のため)「Bダッシュ!」はできませんw

乗ったのはちょこっとですが、メイン速度域を考えると「スポーツ」だけでなく「通勤・通学」にも使い勝手が良さそう…とりあえず、これは『面白い自転車』でした。2019モデルの他社の展開を加味して試乗車も考えようかな…
あと、皆さんが気になるであろうバッテリーの寿命ですが1000回充電が目安だそうです!




GARMIN Edge 130


GARMIN Edge 130 本体のみ ¥23,800(税抜) セット ¥29,800(税抜)

配送会社でなぜか2、3日眠っていた『GARMIN130』が昨日入荷してきました。w
実際に現物を見てみると非常にコンパクトで使いやすそう。キャットアイのストラーダシリーズや私が使っているEdge1000と比べると


こんな感じです。GARMIN1000ユーザーの私からすると一番良さそうなのが操作全てがボタン操作!これはかなり誤操作も減りそうです。ボタンは


左側に電源ボタン

下部にスタート、ラップボタン

右側にスクロールボタンとなっています。次にもっとも見る画面のメイン分割画面ですが8項目まで設定可能です。2項目から写真を撮ってみました。(ご予約したお客様のご厚意で電源を入れ撮影させていただきました!)


こんな感じで分割表示できます。
これからのGPSサイクルコンピュータの基準になりそうな価格(セットはセンサー単体で別々に買う事を考えると約6000円お得!)と性能のサイクルコンピュータ。気になる方はお気軽にお問い合わせください!
今のが壊れたらこれかな…(^^♪




荒サイ(秋カ瀬橋~新砂間をメインで走っている方)往復はもう飽きた…(^^;) 。「荒サイ往復」以外にもこんな感じのサイクリングがありますよ。


地域が限定されますがスポーツバイクを初めて半年くらい経つとよく聞くこちらのお話。たしかにスポーツバイクを買ったばかりの頃は『自転車に乗る』だけで楽しいんですが、ある程度の回数をこなすとタイトルみたいな感じになっちゃいますよね…。
そこで今回、今までの「往復サイクリング」を脱却し『目的のあるサイクリング』を考えるためのヒントみたいなことを書きたいと思います。どんなサイクリングも思わぬ「落とし穴」があったりしますので気を付けていただきたい点も書いておきます。(と言う記事を書こうしたらすでに有名サイトで書かれていた…(^^;) まあ、書きますけどね。コピペしてませんよ! w)

1 『食べたい食べ物』から考える『サイクリング』

定番中の定番。「今、胃袋が欲しているモノ!」を決めお店を探し、そこを目的地にするサイクリングです。お店では「パン屋さんサイクリング」「スープカレー屋さんサイクリング」等がこれにあたります。ちなみにこちらのサイクリング。「最高の調味料』と言われている「空腹」をサイクリングと共に得る事ができるのため「満足したサイクリング」になる事が多いです。 がしかし…半面、そのサイクリングで『美味しかったお店』『車や電車』で行った際に『あれ…なんかあの時と何か違うぞ…』と言う状態になってしまう可能性があるのも忘れないようにしましょう。w
また、食べ物屋さんで満腹まで食べてしまうと「復路」が辛くなります。量は腹八分目にしておきましょう!

2 「みたい景色」から考える『サイクリング』
こちらも定番ですね。 インターネットや雑誌等でみた『見てみたい景色』が見れる場所を目的地にするサイクリングです。お店では「大クスノキサイクリング」『長野へ新幹線輪行サイクリング』がこれにあたります。「荒サイ」では見れないよな景色がたくさん見れる(写真が獲れる)サイクリングを楽しめる事ができます。予算はかさんでしまいますが『新幹線』を使った輪行をすると行動範囲が広がり「日帰り」でも素晴らしい景色を見ることができます。ただし、景色がいい場所は大概、標高が高いところ…つまり「上りがいっぱい!」の確率は高いです!w

3 『行ってみたい地域』から考える『サイクリング』
『行きたい地域』を目的地にするサイクリングです。お店ではまだやったことはないのですがお客様と時々話に出る『大島サイクリング』がこれにあたるのかな。
サイクリングの目的が『地域』だと目的が漠然としてしまうため『食べ物』や『景色』などの観光ポイントをいくつか考えておくといいでしょう。また、目的地までの移動方法に公共交通機関を使うことが増えますので『乗り換え』『時刻表』『輪行が可能かどうか』等を下調べをしておくと安心です。

4 『走りたい(挑戦してみたい)距離』から考える『サイクリング』

今までは『目的地』を決める「サイクリング」でしたが、こちらの「サイクリング」は自分が『走りたい(挑戦してみたい?)走行距離』を目的としたサイクリングです。『走行距離100kmを挑戦!』とかがこちらにあたるのではないでしょうか。ちなみにお店でときどきやる『うどん屋さんサイクリング』ですが尾久橋から計測すると往復距離ちょうど約100kmくらいの行程でかつ平坦なので初心者の方の『100kmに挑戦!』と言うときにはよく使います。今まで行ったことのある道などを複数つないで『目的の距離』のルートを作っておくと迷うことも少なく安心して走れます。
参考記事 こちら

5 『「峠」または「上り区間」を上りたい(挑戦したい)』から考える『サイクリング』

『「峠」を上ること(挑戦しにいく)』を目的としたサイクリングで(その後、好んで「上り」にいくかどうかはまた別の話ですが…w)やはり平坦しかない荒サイばかりを走っていると『峠』または『上り』に憧れができるのかだれしもが通る道のようです。「目的地の峠」を選別するのはインターネットなどですぐに検索できるでしょう。
お店のイベントでは『秩父サイクリング』『物見山サイクリング』『那須岳サイクリング』がこれにあたります。お店のイベントの場合「峠にアプローチできる近くの駅まで輪行」や「アプローチしやすいところまでは車で移動」などの「文明の利器」を利用して「HP・ MP共にほぼMAX状態 」で挑むようにしています。「初心者の方」が初めて峠にチャレンジする場合におススメな方法です。w
『自走』で峠の現地に向かうような『山伏峠サイクリング』みたいなサイクリングも達成感があり楽しいのですが、チャレンジされる場合は「ルート」や「休憩ポイント」「自分の体力」などをよくふまえて挑戦しましょう!
どのような『峠(獲得標高等)』に上りに行くかは こちらの記事1 記事2を参考にしていただくと選びやすいかもしれません。

6 『獲得標高』から考えるサイクリング

初心者の方はまずしないと思いますが…『目的の獲得標高(累積標高)分上ること』を目的とし『今日は獲得標高1500m以上は上るぞ!』とか『今日は獲得標高3000m以上上るぞ!』等 Mっ気溢れるサイクリングです。w
お店のサイクリングだと『松姫峠サイクリング』がこれにあたります。(たしか獲得標高3000m以上を目標としたサイクリングだったはず。)
いきなり「獲得3000mだ!」と挑戦するより「走行距離100kmくらいサイクリング」や「1本峠サイクリング」を普通にこなせるようになった際のステップアップとして徐々に獲得標高を増やしてサイクリングを考えていくといいと思います。

次にルートの考え方(作成)ですが初心者の方や体力に自信がない場合は、過去に走ったことのあるルートや過去走ったことのあるルートからアプローチしやすそうな場所(地域)、土地勘のある場所(地域)、同行者が行ったことがあるルートで作成しておくと、「タイムスケジュール」の把握がしやく、迷子のリスク回避や(結局迷子になることもありますが…)途中の休憩ポイント(飲み物・食べ物補給&トイレ)の把握もしやすくなり安心です。
また、行ったことないルートの場合、一度ルートラボなどでルートを作成しどのような行程になるかを確認(過去記事にざっくり確認の仕方が書いてあります。)ルートをグーグルマップ(ストリートビュー)などで『道の雰囲気(路面の荒れぐらい等)』『道の分岐』『迷いそうなポイント』『休憩ポイント』などをざっくりといいので確認しておいてくとサイクリングの不安軽減につながります。
もちろん、ガーミンなど「ルート案内」が可能なサイクルコンピュータを持っている場合はルートラボにて作成したルートデータをサイクルコンピュータに入れておけばより安心です。

何も考えず「いきあたりばったり」でサイクリングをしても案外どうにかなるものなので初めての知らない道を極端に不安がる必要性はないのですが、だれでも初めての道は不安なモノ…。軽くでも下調べをしておくと不安の少ないサイクリングが楽しめます。もし、土地勘などの不安から荒サイからのサイクリングを脱却できないときは上記のような「下調べ」をして新たな場所でのサイクリングを楽しみましょう!




これは便利だ…しかも無料で付いてくるしw


完成車が納品される際に必ず付属されているこちらのパーツ。「フロントフォーク」のエンド部分を保護する樹脂パーツなのですが、先日、とあるメーカーのこちらのパーツがよくできていました。


こんな感じで「クイックレリーズレバー」のシャフト部分を通せる穴が開いています。これにより…

ホイールを固定するように『フォークエンド保護パーツ』をしっかりと固定できるのです!これで輪行中に保護パーツがポロリと取れちゃった…と言う目にあいません!「前輪だけ外すタイプ』の輪行袋を使用している方はかなり欲しいアイテムではないでしょうか。(しかも、無料!w)

納品時に保護パーツが取れてしまいフォークエンドが段ボールから飛び出てんじゃん!と言う事もほぼ0になりますし。各メーカーさんフロントフォーク保護パーツはぜひこの形にしてくれないかな~

問題は「自転車本体(スポーツバイク)が売れないと手に入らない…」と言う事…(^^;)




最新刊。いやー今年の『ツールド熊野』は最終日に総合リーダーが逆転!面白かった!と言うくらいに盛り上がってきている「巻」です。

新しくなった!&開催されるよ!


去年の『雹』のせいか、10年の年月のせいかは不明ですがお店のテント部分のあちらこちらが穴だらけ状態に。いい加減張り替えないといけないなと思いながら1年が経ちましたが…ついに!

本日、張り替えました!これで『雨宿り』ができます!だから何だと言う話なんですけどねw

さて、話は変わって「TOJ」は終わり、「ジロ」が終わってそろそろ自転車業界は『ツール』の話になると思われますが、その前にわすれちゃいけない!

『ツールド熊野』があるよ!

5月31日(木)~6月3日(日)開催だよ!

無料LIVE放送もしてるよ!

特に『TOJ』で『個人総合』&『チーム総合』の2冠と好調な『キナン』のホームレースでどう戦うが楽しみです。(個人的にブリッツエンを応援だけどね…w)
時間帯も昼休みに見れますので(ゴールは見れないかもしれませんが…(^^;))海外のロードレースはもちろん景色もレースもスケールが大きくていいものですが、日本で行われているロードレースもこの機会にぜひ見てみてくださいな!




基本、電子書籍の人間ですが諸事情によりなぜかこれでは紙で買ってます。

とりあえず、『Wolf Tooth』さんでロードバイクをシングル化してみた。


WOLF TOOTH 110 BCD Asymmetric 4-Bolt for Shimano Cranks 50T ¥12,680(税抜)

先週の空いた時間にサクッとチェーリング交換してみました。フロント50Tのリア11-32Tです。
まだ、「上り』は体験していないのでどこまで対応できるかはわかりませんが、サイクリングであれあば「アウター縛り」と思えばどうにかなるのかな…と言う感じです。) だめな「押し」ます!w

皆さんが気になる感触ですが、「インナーチェーリング」の重量がなくなったせいかはわかりませんがクランクを回す感覚は「なんとなく軽いような気がする…」と思うくらいは感覚変わりました。(平地と街中の坂ぐらいしか走ってませんが(^^;))

とりあえずもうちょっと乗ってみて感想を改めて書きたいとおもいますが外観はスッキリしていい感じです。(REDIAのパーツ使えばチェーリングの段差部分はよりスッキリしそうです。)