2018 GIANT 展示会 TCRシリーズ

『コードブルー」もいいけど『リバース』も良かったよね。戸田恵梨香…。
と言うどうでもいい話はおいておいてGIANT展示会の続きです。もう1週間も経つの写真の整理が終わっていない… 今回はTCRシリーズ。


2018 TCR ADVANCED SL 0 ¥1,100,000(税抜)

TCRの百万円超えバイク。『電動デュラ』、『デュラエースパワーメーター』、『GIANT SLR 0カーボンホイール』と至れり尽くせり状態です。2017『ジロデイタリア』では個人総合優勝、2017『ツールドフランス』では山岳賞、ポイント賞を獲得したバイクですので『機材の言い訳』は一切できないバイクとも言えます。w


2018 GIANT TCR ADVANCED SL 1 ¥580,000(税抜)

『TCR ADVANCED SL』のフレームに『新型電動アルテ』『GIANT SLR1カーボンホイール』の組み合わせの完成車。個人的にはこれなら下記の『KOM』の方かな…


2018 GIANT TCR ADVANCED SL 2 KOM ¥420,000(税抜)

コンポーネントが『機械式アルテグラ』になっているだけ…ではなく、『KOM』と言う名称のとおりリアスプロケットに『山岳スペシャルギア』と言える『11-34』のスプロケが装備されています。
しかし、ハイエンドフレームのモデルにもワイドレシオのスプロケが装備されるようになったんですね。『プロでも無理はしないよ…w』と言うことなのでしょうか。


2018 GIANT FS TCR ADVANCED SL ¥300,000(税抜)

『TCR ADVANCED SL』グレードのフレームセット。このフレームセットの価格を見ると上記の『TCR ADVANCED SL 2 KOM』の価格設定420,000(税抜)。ホイールの価格入っていないよね…となり、なにがなんだかよくわかりません…(^^;)


2018 TCR ADVANCED SL 1 DISC ¥660,000(税抜)

『ADVANCED SL』グレードのディスクブレーキ完成車。『電動アルテグラ』『油圧ディスクブレーキ』『カーボンディスクホイール』とスキのないパーツアッセンブルですが。『ADVANCED SL』グレードを購入されるユーザー層でこのモデルを買う人がいるのだろうか…と思ってしまう店長でした。


2018 GIANT FS TCR ADVANCED SL DISC ¥340,000(税抜) 

『ADVANCED SL DISC』のフレームセット。上記と同じく売れるのだろうかと心配になってしまう…(まあ、別に当店で仕入れするわけではありませんが)ISPのフレームセットって難しい…(^^;)


2018 GIANT TCR ADVANCED PRO 1 DISC ¥400,000(税抜)

ディスクブレーキ専用設計のTCR ADVANCEDフレームにコンポーネントは新型アルテグラ、カーボンチューブレスホイールと『ディスクロードバイク』の購入を検討している方には候補に入れてほしい1台です。


2018 GIANT TCR ADVANCED PRO 1 ¥340,000(税抜)

予想通り、TEAMカラーの限定モデル。-1万円ですねw
説明を書くのが面倒なくらいの定番商品。(ADVANCEDPROフレーム+機械式新型アルテグラ+カーボンチューブレスホイール)税込だと約370,000になりますがこの一台もこれ一つで買い替えるものはなし!と言う商品です。予算が許せるなら買ってしまえ!!w


2018 GIANT FS TCR ADVANCED PRO ¥200,000(税抜)

実は去年よりも1万円値上がりしています…(^^;) まあ、それでも十分安いとは思うのですけどね…


2018 GIANT TCR ADVANCED 1 KOM ¥245,000(税抜)

カーボンエントリーモデルに新型アルテグラ。そして、『KOM』と言うな名がついているだけの事はありヒルクライム仕様のリア11-34Tギアが標準装備されています。これで初心者の方でも『サイクリング行こうよ!ちょっとだけ上るけどね…ちょっとだけ…』詐欺にも対応可能です!w
ステムもGIANT規格(OD2)でなくポジションも出しやすいため、ご予算が合うなら初めての1台に最適です。


2018 TCR ADVANCED 2 ¥195,000(税抜)

カーボンフレーム+コンポーネントが105と言う完成車を探している方であれば必ず候補に挙がる自転車ではないでしょうか。しかも、他社だとサードパーティなどになってしまう、クランク、ブレーキもちゃんと『105』になっています。

以上 2018 GIANT TCRのラインナップでした。
※『TCR SLR』写真撮り忘れました…(^^;)




今月は買う本が多い…

2018 GIANT展示会 『Liv』続き

季節替わりの風邪なのか…『薬』を飲んだと思ったら『睡魔』に非常に苦しめらている店長です…(T_T)
今日は前回の『Liv』シリーズの続きです。



2018 GIANT BRAVA SLR ¥210,000(税抜)

GIANTの女性用シクロクロスバイク。今年から『TCX ADVANCED PRO』と同じ『OD2』規格のフルカーボンコラムのカーボンフォークに変更。フロント周りの剛性アップと軽量化に貢献しています。女性用の『Liv』モデルですが170cm以下の男性の方であれば『TCXSLR』を買うよりこちらの方がスペック的にもジオメトリー的にも良さそうな感じです。


2018 GIANT HAIL 2 ¥360,000(税抜)

『青い』ほうです。前後160mmトラベルの『エンデューロレース』や『ハードなトレイルライド』に適しています。ブースト規格はもちろん、GIANTのオフロードバイクにおける最新スペック(技術、規格)が備わっています。気になるのは売れてほしいが日本のMTB人口における女性ライダーの比率的に一体何台でるのだろう…(^^;)


2018 GIANT PIQUE2 ¥320,000(税抜)

前130mm、後120mmのトラベルのフルサスバイク。こちらのモデルも『HAIL』と同じくブースト規格にGIANTのが最新スペック(技術、規格)が備わっている『XCレース』や『マラソンレース』『MTBツーリング』に最適の女性用MTB。普通の方であればこちらのモデルがあれば基本的に1台でOK!!



2018 GIANT OBSESS ADVANCED 2 ¥290,000(税抜)

こちらはフロントサスペンションのみのカーボンハードテイルバイク。先ほど紹介した前後サスペンションが付いている『PIQUE』と比べ、トレイルを走る際の技術は必要になってきますが、その分『自転車を操作する楽しさ』や『操作技術が上達したときの達成感』はより強く感じることができます。


2018 GIANT OBSESS SLR 1 ¥170,000(税抜)

OBSESSのアルミモデル(ALUXX SLR)。オフロードをちゃんと楽しみたいのであれば下記の『TEMPT3』ではなく間違いなくこちらのモデルの購入をお勧めします。同じMTBですが全く別の乗り物です。


2018 GIANT TEMPT3 ¥67,000(税抜)

『本格的なオフロードライディングを開く…』とカタログに書かれていますが、『舗装されていない河川敷』や『ちょっとしたジープロード』であればいいですが、本格的な山に連れていかれたらきっと『オフロードライディング開けない…』と恨むことでしょう…w
お店的には『街乗りMTB』や『週末河川敷をちょっと乗る』くらいの方におススメします。


2018 GIANT BELIV 2 ¥75,000(税抜)

『リラックスした乗車姿勢と足つきに優れる女性のための新コンセプト・マルチパーパスバイク』とカタログには書かれています。
700x32Cで安定感もあり、フレーム形状はたしかに乗車しやすそうですし、ギア比もフロント48-30の11-32とかなりのワイドレシオで坂道も楽勝!
ただ…店長いまいちこの自転車のコンセプトが理解できていません…しばらく悩みます…(^^;)


2018 GIANT GRAMME ¥53,000(税抜)

27.5ホイールサイズ(タイヤサイズは27.5x1.75)ののクロスバイク。ちょっと太めのタイヤは安定感のある走行が可能で街乗りから河川敷の砂利道まで対応可能です。
このくらいのタイヤの太さであれば、普通の『700x28C』のクロスバイクよりも道路の段差等をあまり気にせず走る事ができるので(注意は必要ですが)通勤・通学にもお勧めの自転車です。



2018 GIANT ESCAPE RX W ¥63,000(税抜)

『ESCAPE RX』を女性向けアレンジした女性向けクロスバイク。『軽快さ』を求めるのであれば『ESCAPE R3w』よりもこちらがおススメです。
ちなみにカラー『ブラック』撮り忘れました…m(_ _)m


2018 GIANT ESCAPE R3W ¥50,000(税抜)

言わずと知れた『クロスバイク』の定番商品の女性用モデルとりあえず、迷っていたらこれ買っておけば間違いない『クロスバイク』です。
XXSサイズにはクランク長160mmが用意されていたり、パンプスなどで乗っても滑りにくく傷めにくいプラスティックペダルが装備されています。




いかん…何巻まで読んだかわからなくなってきた。電子書籍じゃないとすぐに調べられないのが辛い…w

 

2018 GIANT展示会 2

撮りためていた『コードブルー シーズン3』とかで寝不足な店長です…さて、今回は『Liv』のロードバイクです。トライアスロンとか一部のモデルの写真を撮り忘れていましたがご容赦ください。(^^;)



2018 GIANT LANGMA ADVANCED SL 0 ¥1,100,000(税抜)

今年、GIANTが満を持してリリースしてきた女性専用レーシングバイク『ランマ』。エベレストを意味する『ChomoLangma』からきているそうです。
最上位モデルの『SL』グレードはSRAM『etap』と『RED POWERMETER』等が付いているため、安いのか高いのわからない百万円バイク(^^;) cyclistでも特集が組まれていました。
性能に関してはフレーム(下位グレードまで女性の脚力に合わせてフレームの剛性バランスが調整されています。)も付いてるパーツも申し分ないのはわかっていますが、実物を見て思ったのが『塗装』がキレイで凝ってます。特にグラデーションの感じは現物はもっときれいです。


2018 GIANT LANGMA ADVANCED PRO 1DISC ¥400,000(税抜)

セカンドグレードの『ADVANCED PRO』シリーズのディスクブレーキモデル。この辺から現実的な金額になってきますね。(^^;)
こちらは残念ながら現品は展示されていませんでしたが機械式アルテグラ&油圧ディスクブレーキ&カーボンホイール(チューブレスレディ対応)の組合せで構成されており、ご予算があうならこちら1台購入すればほかに買うものはない!と言う1台です。男性に比べて手が小さく、握力が弱い女性にとっては油圧ディスクブレーキの恩恵は想像以上にあり女性におススメの1台です。


2018 GIANT LANGMA ADVACED PRO 0 ¥500,000(税抜)

こちらのモデルは『LANGMA ADVANCED PEO』フレームにアルテグラDi2とカーボンホールが装備されているモデル。こちらもこれ1台であとから購入するものは何もない!と言う感じで仕上がっております。


2018 LANGMA ADVANCED PRO 1 ¥310,000(税抜)

『ADVANCED PRO1』のコンポーネントが『105』バージョンです。ホイールは『PRO1』と同じカーボンホイールが装備されています。なんとなくの想像ですがこのフレームを単品で販売した場合おそらく商品価格は20万円くらいではないかとおもうのですが。そこに14万円くらいの『SLR1』ホイールが付いていますので本体の価格設定31万円(税抜)の意味がよくわからん…(^^;)



2018 GIANT LANGMA ADVACED 1 ¥250,000(税抜)

上位グレードのコンセプトを受けながらお求めやすい価格帯のラインナップが多い『ADVANCED』シリーズ。『PRO』シリーズ比べてフォークが違っていてエントリーモデルにはなるのですが…むしろこちらの方がステムの規格が一般的な規格のためステム交換やポジション変更がしやすかったりします。(^^;)
こちらの『1』はコンポーネントは『アルテグラ』です。


2018 LANGMA ADVANCED 2 ¥200,000(税抜)

コンポーネントは『105』が装備されています。塗装もどちらのカラーもキレイでした。カーボンフレームに『105コンポ』と王道な戦力モデルです。一番人気がありそうなモデルですね。



2018 GIANT ENVIE PRO ¥540,000(税抜)

女性専用エアロロード。けっして『PLOPEL』のサイズを小さくしただけではありません。サイズやジオメトリー、剛性も女性専用設計されているます。(もしかしたら、一般人は男性ユーザーでも『PLOPEL』よりもこちらのモデルの方がしっくりくることもある!?)



2018 GIANT ENVIE ADVANCED 1 ¥350,000(税抜)

『ENVIE』のADVANCEDグレード。『アルテグラ』&『カーボンディープホイール(チューブレス対応)』装備です。正しいかはわかりませんがトライアスロンバイクよりも汎用性は高いのでどっぷりハマっている人でなければトライアスロンバイクを買うよりこちらの方がいろいろと楽しめそうな気がする…


2018 GIANT ENVIE ADVANCED 2 ¥220,000(税抜)

『1』の『105』&『アルミホイール』のモデル。この『ENVIE』シリーズ余りの乗っている人がいないため、『GIANT』でも他人とかぶらないようにしたい!と言う方はいいかもしれませんね。


2018 GIANT AVAIL ADVANCED PRO ¥500,000(税抜)

女性用カーボンエンデュランスロード。他の2モデルに比べ振動吸収性も高く、ジオメトリーはハンドル位置の高いポジションがとれ、ホイールベースも長めに設計で安定感のある走行を体験させてくれます。また、こちらの『AVAIL ADVANCED PRO』も力がほとんどいらない『油圧ディスクブレーキ』&『電動コンポーネント』により変速時やブレーキの際の手(指)の疲れを軽減してくれます。ギア比もフロント50-34、リアスプロケット11-34と1:1のギア比も用意されロングライドに最適の一台です。


2018 GIANT AVAIL ADVANCED 1 ¥260,000(税抜)

写真撮り忘れました。(^^;) ミドルグレードの女性用カーボンエンデュランスロードバイク。『アルテグラ&105のミックス』のコンポーネントとGIATNオリジナルディスクブレーキのパーツ構成です。面白いのがなぜかSTIレバーが『105」…そんなんだったからSTIもアルテグラにしちゃえよ!とい感じですが、そうすると価格が上がってしまうので105に抑えておいたのでしょうか… 謎です…


2018 GIANT AVAIL ADVANCED 2 ¥225,000(税抜)

こちらは『105』&『GIANTオリジナルブレーキ』のパーツ構成。『アルテグラが…』と『AVAIL ADVANCED1』にするか、ほかにも揃えるものがあるからと…『ADVANCED2』にするか悩むラインナップですね。(^^;)


2018 AVAIL SL 1 DISC ¥160,000(税抜)

女性用エンデュランスロードの上級アルミディスクモデル。(ALUXX SL)今年からチューブレスレディタイヤが装着されています。


2018 GIANT AVAIL SL1 ¥145,000(税抜)

こちらはアルミフレームのキャリパーブレーキバージョン。(コンポーネントは『105』)サブブレーキも装着されているため様々なポジションでのブレーキ操作が可能になっています。初めてロードバイクを買う方におススメの1台です。リアスプロケットも11-32が装着されております。(上位グレードから下位グレードすべてに32もしくは34Tのワイドレシオのギアが装着されています。)


2018 GIANT AVAIL SL2 ¥125,000(税抜)

『SL1』との違いはコンポーネントが『TIAGRA 10速』と『ホイール』が下位グレードになっております。価格差2万円ではコンポーネントは『105』に交換できないのであと2万円頑張って『SL1』を購入した方がお得感はあります。ただ、カラーはこちらの方が人気はありそう…w


2018 GIANT AVAIL 1 ¥95,000(税抜)

エントリー女性用ロードバイクの定番商品。補助ブレーキだけでなくリアスプロケットのギアも11-32Tの軽めのギアが装備されているので『初めての上り』体験をする時に比較的辛い思いはしにくいはず??(^^;)



2018 GIANT AVAIL 2 ¥80,000(税抜)

もう一色ダークブルーと言うカラーがあるんですがまたしても写真撮り忘れていたためカタログの写真でご勘弁を…
『AVAIL1』との違いは他のモデルと同じように『コンポ』の違いです。『1』が『SORA』『2』は『CLARIS』となっております。その差に一万五千円…。
リアの変速段数が『8速』『9速』と言う事だけでなく、『変速時のクリック感』や『フロントギアの変速の正確性』も大きく変わります。予算に余裕があるのであれば『AVAIL1』をお勧めします。




2018 GIANT 展示会 1

昨日は横浜へGIANT 2018モデル の展示会へ行ってきました。まだ、完全に画像整理ができていませんがとりあえず『PLOPEL』カテゴリーから。

2018 GIANT PROPLE ADVANCED SL 0 DISC ¥1,250,000(税抜)

今年も目玉商品の『PROPLE』のフラッグシップモデルのディスクブレーキバージョン。はい。100万円超え!フルデュラ、カーボンディスクホイール装備は当たり前!クランクも『DURAACE POWERMETER』とパワーメーター初期装備と言う品物でそりゃ100万超えはしょうがないかなと…。まあ、当店で売れる事はまずないでしょう(^^;)
とりあえず、気になるところとしては専用ステムのため『ポジション』」思い通りにだせるのかと言うところと、このエアロロード最上級モデルの『PROPLE ADVANCED SL』シリーズ。このDISCモデルしかラインナップされていません。(リムブレーキバージョンはラインナップなし。フレーム販売もなし)たしかにワイヤールーティングが複雑なので油圧ディスクブレーキ&電動コンポーネントが一番のストレスフリーの操作ができますの『電動・油圧モデル』に絞って販売するのも案外アリなのかもしれませんね。ちなみにこちらのフレーム販売はいまのところないようです。


2018 GIANT PLOPEL ADVANCED PRO DISC ¥600,000(税抜)

こちらは定評のミドルグレード『ADVANCED PRO』シリーズのディスクブレーキモデルです。フラッグシップモデルの技術をお求めやすい?価格で入手できます。アルテグラDi2&油圧ディスクブレーキが装備されています。
カラーのグリーンは『マイヨヴェール』を意識しているのかな…


2018 GIANT PROPLE ADVANCED PRO1 ¥370,000(税抜)

『実は…』と言うには今更ですが…去年からこのモデルのXSサイズに乗ってます。(身長168cm)個人的な感想としては『やや腰高感』を感じることがあるものの『平地』だけでなく『上り』も普通にこなしてくれますし(『重い…』とかは一切感じません。)、地面からの振動も初期装備されているGIANTのチューブレスホイール&タイヤのおかげか気にならることなくけっこう気に入っているバイクです。個人的には専用Vブレーキのブレーキタッチのフィーリングがかなり好み(皆さんが想像するよりタッチは軽いですよ!)なのでその辺も気に入っている一つの要素です。モデルとしてはもはや一昔前の感じになってしまいましたが、エアロロードバイクの中ではなかなかおススメの1台ですよ!


2018 PLOPLE ADVANCED 1 ¥260,000(税抜)


2018 GIANT PLOPEL ADVANCED 2 ¥220,000(税抜)

アルミモデルの『PLOPLE SLR』がラインナップから外れたことにより、こちらがPLOPLEシリーズの入門用?バイクです。
上位グレードの技術をそのままに『1』が『アルテグラ』グレード、『2』が『105』グレードで構成されています。
また、好みがわかれるところですが、ホイールとタイヤも最初からチューブレスレディが装備されています。

と言う感じのラインナップです。去年、あまり売れていなかったのかフルモデルチェンジの『DISCモデル』があるにも関わらず、ラインナップを見ると今年はモデルをかなり絞っているの??とかんぐってしまいます。まあ、プロチームも使用しているのは『TCR』の方が多いようですしね。逆に考えれば『GIANT』を乗っている人の中ではかぶらないモデルなのかも…と言う事で他の人とは違う『GIANT』に乗りたい方!こちらのモデルはいかがですか?私も乗っていますが不満はありあません(^◇^)




最新刊は9月4日!

2018 MERIDA SILEX シリーズ

まだ撮っている画像はあります! 今回は『2018 MERIDA SILEX』シリーズです。

2018 MERIDA SILEX 9000 ¥495,000(税込)

普通に見ると『グラベルロード』に見えるのですが、最近話題の『バイクバッキング』を快適に!速く!と言う事を目的とした『旅自転車』のようです。(まあ、これもカタログを読みながらの妄想ですけどね…(^^;))
特徴としてはタイヤクリアランスが多くとられており『650bx2.2』のタイヤも装備可能。仕様は『CF2カーボンフレーム』に『SRAM Forece 1x11』のコンポーネントが装備されています。
ジオメトリーはロードと言うよりMTBに近く『トップチューブ長』『リーチ長』が従来のロードバイクのサイズで考えると長めに設定されていて、ロングトップチューブとショートステムを使用した安定感と軽快なハンドリングを狙っているようです。
参考までに各モデル、サイズ50(CF2)の『TOPTUBE』と『REACH』ですが
SCULTURA (TOPTUBE 530 REACH 375)
REACTO  (TOPTUBE 535 REACH380)
RIDE (TOPTUBE 530 REACH376)
SILEX (TOPTUBE 580 REACH400)
となっています。
ちなみに『SILEX』は『47』サイズでも他のモデルよりも長く『REACH』は『390』です。このため、いわゆる『適応身長でのサイズ選び』をしてしまうとハンドルまでの距離が長くなる可能性が高くなりそうなのでサイズ選びはジオメトリー表と『睨めっこ』をよくしましょう。また、ハンドリングのコンセプト以外にもトップチューブを長くしているのは『フレームバック』を取り付けるためのスペースの確保を、フレームサイズを通常よりもワンサイズ下を選ぶような感じのジオメトリーは『大型サドルバック』を取り付けるスペースの確保と言う事も考えているみたいです。(シートポストのフレームからの出代が長くなるため)


2018 MERIDA SILEX 6000 ¥289,000(税抜)

フレームは上位モデルの『SILEX9000』を使用していますが、『コンポーネント』、『ホイール』等のパーツをグレードダウンすることによって価格を抑えています。コンポーネントのグレードをあまり気にしない方であればこちらのモデルをベースにホイールを『良いモノ』に交換すると言うのも『アリ』かと!


2018 MERIDA SILEX 400 ¥199,000(税抜)

『SILEX』のアルミモデル。コンポは『シマノ105油圧ディスクブレーキ フロント48-32 リア11-32』で構成されていますので1:1のギア比は確保してあります。
旅はしたいけどカーボンはちょっと…もうちょっと精神的に気を使わない方がいいかもと言う方におススメの1台です!
ただ、カーボンモデルもそうですが油圧ディスクブレーキのホース内装って納品の際のホースの長さ調整とかエア抜きが大変なんですよね…(^^;)


2018 MERIDA SILEX 200 ¥139,900(税抜)

『SILEX400』と同じフレームで、コンポーネントを『SORA』に変更し、ブレーキを機械式ディスクブレーキ(ワイヤー引き)のタイプにする事により価格を抑えているエントリーモデルです。スペックだけ見ると『機械式ディスクブレーキか…』になっちゃいますが『アクシデントでの対応のし易さ』と『メンテナスのし易さ』は油圧ディスクブレーキよりも扱いやすくと言うメリットもあります。
こちらのモデルもフロント32-リア32の1:1のギア比は用意されています。

以上がSILEXシリーズ流し読み…でした。w




最近ハマったマンガ!『あと半歩の頑張り』を学びました。w ちなみに今ならまとめ買い20%OFFです。

2018 MEIRDA SCULTURA シリーズ 

前回。画像をベタベタ張り付けただけだったので、個々のモデルをカタログ見ながら想像してみました。(展示会の時間がギリギリだったので説明を聞く余裕なし。(^^;))
まずは

写真上 2018 MERIDA SCULTURA TEAM-E完成車  ¥1,100,000(税抜) フレームセット ¥299,000(税抜)
写真下 2018 MERIDA SCULTURA DISC TEAM-E ¥1,200,000(税抜) フレームセット ¥329,000(税抜)

言わずと知れた『SCULTURA』のフラッグシップモデル。パッと見。去年とブレーキの位置しか変わらないじゃん!と思っちゃいますが…カーボンレイアップの見直しにより『CF4』グレードのフレームでフレーム重量が800gを下回りました。このため、昨年あった超軽量フレームのCF5グレードがなくなりました。(必要ないと言うわけですね。)
と言うと『軽量!』と言う点にばかり注目がいきがちですが、なによりも『SCULTURA』のいいところはクセがなく安定感のあるハンドリングと乗り心地もよく誰が乗っても乗りやすい!と言うところ。過去のモデルにはなってしまいますが1世代前の『SCULTURA』に乗った人全員(私を含め)が今は違うフレームに乗ってはいるものの『うーん、機会があったらまた乗りなおしたい…』と思うくらい『いい印象』があるフレームなのです。ちなみにノーマルとDISCどちらがおススメですかと聞かれたら、『UCI規定に準ずるレースに出ない』のであれば確実に安定した制動力&28Cまで対応できる『DISC』です!


2018 MERIDA SCULTURA 8000-E 完成車¥659,000(税抜) フレームセット ¥289,000(税抜)

TEAM仕様と同じフレームなのですが、カラーリングがなんにでもあう『マットブラック』になっています。完成車モデルは『8000系アルテグラDi2』コンポに『Fulcrum Quattro Carbon40』が装備されているモデルです。
『チームカラーがかっちょええ!』と言う感じでないなら、こちらのモデルのフレーム売りの方が若干お買い得な価格設定になっています。


2018 MERIDA SCULTURA 6000 ¥379,000(税抜)

CF4フレームにR8000機械式アルテグラが装備されている完成車。ある程度のいいホイールをすでに所持しているなら『これ買っちゃえばほぼ終了!もう買うものはほとんどありません!』と言う感じです。個人的に買うならこちらのモデルですかね。(リアメカGSにして、チェーンとスプロケ交換はしたいけど…)


2018 MERIDA SCULTURA 5000 ¥239,000(税抜)

『CF2』カーボンフレーム、R8000アルテグラ搭載の完成車。ハイエンドの『CF4フレーム』と比べ『STACK』が高く(ハンドルが位置が高く)と『REACH』は短め(ハンドルまでの距離が短め)になっているので、CF4に比べ楽な乗車姿勢をだしやすいです。『初めてカーボンロードバイクを買おう!』と考えている方には『CF4フレーム』よりはこちらの方がポジションは出しやすいと思われます。


2018 MERIDA SCULTURA 4000 ¥199,000(税抜)

こちらは『CF2フレーム』に『105コンポ』装備のモデル。メーカーとしても戦略モデルとして用意しているだけの事はあって『カーボンロードバイクを買おう!』と言う方は候補の一番に挙がるモデルではないでしょうか。ブレーキもちゃんと『shimano製』のブレーキが装備されています。クランクがFSAなのは価格的にショウガナカナ…


2018 MERIDA SCULTURA  DISC 4000 ¥239,000(税抜)
『CF2フレーム』のディスクブレーキモデル。今年あたりのモデルから『ロードディス
クブレーキの規格や設計もある程度の落ち着いてきたような気がします。これは2018年モデルはもしかすると『本当のディスクロード元年』になるかもしれませんね。
リアブレーキには上位モデルと同じCNC切削の放熱フィンが装備されいて、長い下りや連続した原則でも安定したブレーキ性能を発揮しているくれます。また、28Cのタイヤの装備も可能でちょっとしたフラットダートなら路面を気にせず走れそう。
カラーは写真のBK以外にバーレンメリダカラーがあります。




2018 MERIDA SCULTURA 4100 ¥199,000(税抜)

2018モデルからやっと『SCULTURA 4000』をベースに小柄な体格の方向けに開発されたカーボンフレームモデルがラインナップされました。基本的なコンセプト、ジオメトリーは昨年にもあった『SCULTURA 410』とほぼ同じです。一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となってます。
小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
(アルミモデルですがほぼ同じジオメトリーの『SCULTURA410』の試乗車ございます。)



2018 MERIDA SCULTURA 700 ¥169,900(税抜)

去年も書きましたがいまいち日が当たらないモデルです。(^^;) とは言え、個人的には初めてロードを購入される方に一番おススメのモデルです。振動吸収性はカーボンモデルにはやや劣りますがカーボンフレームに迫る軽量設計(同サイズだと400~500gぐらいしか変わらないそうな…また、勘違いしがちですが同じアルミフレームでも『SCULTURA 400』とは違うフレームです!)とアルミフレーム独特のきびきびした走りはカーボンモデルと違った楽しみが味わえます。なにより、初心者の方にとってはカーボンフレームよりはアルミフレームの方が精神的に扱いやすいというのもありますしね。
こちらもシルバー以外にバーレンメリダカラーがラインナップされています。


2018 MERIDA SCULTURA DISC 700 ¥209,000(税抜)

こちらはアルミフレームのDISCモデル。こちらも上記の『700』と同等にカーボンフレームはちょっと…と言う感じの方におススメの1台。クランクも『5800』が装備されていたりと地味に玄人受けするスペックとなっております。
こちらもバーレンメリダカラーがあります。


2018 MERIDA SCULTURA  400 ¥139,000(税抜)

おそらく、初めてのロードバイクを購入の候補にあがるモデル。当店でも何台も販売しているアルミフレーム、105コンポの安心しておススメできる1台です。ホイールさえ変えてしまえばカーボンモデルと遜色ない走りをしてくれます。そして、なによりお店的にはうれしい『BB』が『ねじ切り』です。


2018 MERIDA SCULTURA  410 ¥139,000(税抜)

昨年から展開している『SCULTURA  400』の小柄な人向けのモデル。こちらも『4100』同様に一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となっております。小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
※2017年モデルですが同モデルの38サイズの試乗車ございます。気になる方はお気軽に試乗してみてください。


2018 MERIDA SCULTURA  100 ¥93,900(税抜)

実は『400』とこの『100』の間に『SCULTURA  DISC 200』と言うモデルがあるのですが完全に忘れてました…(^^;) ただ、ディスクブレーキの規格が『ポストマウント規格』でリアホイールの規格が『135mmx9mmクイック規格』とこれから標準となるであろうロードディスクの規格ではないため(苦労話はこちら…w)ディスクロードが欲しいのならばやはり『700DISC』を購入した方があとあと大変なことにはならないのかな…と思います。
さて、こちらの『100』ですが、フレームは『400』と同じでコンポーネントを『SORA』にした事とホイールをグレードダウンしたことにより価格を下げています。とは言えロードバイクの軽快さを楽しむ事は出来ますので10万円のご予算で選ぶロードバイクとしては最適の1台となっています。

以上が『MERIDA 2018モデルSCULTURAシリーズ』をカタログ見ながらのご紹介です。とりあえず、どのモデルも本当にクセなく乗れて楽しめる1台です!




まだ、買っていない…

2018モデル MERIDA 画像

もう、先週の話なのですが2018モデル『MERIDA』展示会に行ってきました。諸事情により会場についたのが展示か終了まであと1時間を切るという状態。取り急ぎ写真だけとりあえず撮って帰る羽目に…(^^;) とりあえず、画像UPしておきます。
個人的な『好み』としては『NEW REACTO』よりも微妙に新しくなった『NEW? SCULTURA』の方がいいかな…




新刊。

夏季休業のお知らせと、お盆休み…長距離ツーリングに行かれる前は確認しましょう!


ここ3ヶ月くらい2011年とか12年くらいの自転車を組み立てる事が多かったのですが、何度も書きますが…『ワイヤー外出し』、『ねじ切りBB」は最高!w
個人的には『プロ』ではない『一般ユーザー』にとっては(もしかしたらヘビーユーザーにとっても)『ワイヤー内装』とか『プレスフィットBB』とかのメリットはあまり感じられないので(この前『その頃と比べて近年のフレームは進化はしているモノの『クロモリ・アルミ全盛』→『カーボンバイク全盛」ほど革新的な進化は見られないよね… って言うかBB規格とかデチュ…だしw』と言う話をみんなでしてたもので。)各社ミドルグレードぐらいまでは(なんだったらハイエンドも)ワイヤー取り回しとBB規格はそろそろ昔に戻しませんかね??まあ、戻れないないですよね…(^^;)

さて、話は変わって恐れ入りますが明日から9日(水)~13日(日)の間、夏季休業をいただいております。ご迷惑をおかけしますがよろしく願いいたします。明日は『休み』ですが『展示会』なんですがね…(^^;)
14日(月)は11:00より開店となっております。

そんな、お盆休みですが『休み』を使っていろいろと自転車で行かれる方も多いと思います。夏のサイクリングの基本である『こまめな水分・ミネラルの補給』、『日焼け対策』、『日陰での休憩』に気を付けて頂くのはもちろんですが出発前には下記のような簡易的な点検をすると安心です。

①前・後輪の『クイックレリーズレバー』がちゃんと締まっておりかつ『CLOSE』と書かれている文字が見えているかどうか(参考記事)、または『車輪の取付ナット』がゆるんでいないか、車輪が真っすぐ装着されているか(左右のブレーキパッドとのクリアランスが均等にあいているか)を確認。

②各部にガタ(特に初心者の方はハンドル周りのガタに気付いていない事が多いように感じられます)を確認。ハンドル回りは前ブレーキをかけながら自転車を前後にゆすります。『ガタ』がある場合はハンドル廻りが『カクカク』と前後に動きます。次に軽く自転車を持ち上げて、ストンと自転車を落とし、落下音の感じがあまりにもおかしい場合(どこかに『ガタ』や『緩み』がある場合は『チェーン』の『ガシャーン』と言う音以外に変な音がする傾向にあります。)

③ブレーキシューの減り方、効き具合、ブレーキワイヤーのほつれ具合(2、3回ブレーキレバーをおもいっきり握ってみてください。ワイヤーやブレーキ本体に損傷がある場合はワイヤーが切れたり、本体が壊れたりするので乗車前に損傷個所がわかる場合があります。)を確認。

④付属パーツの取付ネジの緩み(ボトルケージ、キャリア、ライト等)を確認

⑤変速が正しく動いているか。特にインナーxロー(一番軽いギア)に変速した際にチェーンがリアホイールに干渉していないかを確認

そのほかにも確認した方がいい項目はあるのですが最低限上記の項目は確認するようにしましょう。

10日発売っす。