今年を振り返ってみました。

昨日は棚卸。本日は伝票やら領収書やらの処理を終わらせるため結局出勤中です。
さて年末恒例?の今年のサイクリングを振り返ってみました!

1月

定番の『MTBサイクリング』今年から別のトレイルにも行くようになりました。
あと…

『寒さ』で『荒サイ』を走りにいかない(行きたくない…)時の逃げ道。『朝食サイクリング』。w
そう言えば、そろそろ前回、完食をしたものの気持ちが完敗の…(試合に勝ったけど勝負に負けた的な…)


この『ハニトー』を今年は倒したいところです…。

2月
『シクロクロス東京』 
来年の大会でもしかしたら最後になっちゃうかもしれませんね…
 
去年は『応援』でしたが今年は『参加』予定です。
あと、まだまだ『MTB』の季節です。


3月


 
このくらいの時期になると『1日ロードサイクリング』も復活!最近では『自転車乗り』の方が『地元のお客さん』よりも多いのではないかと思わる『高半』に行きました。
ちなみにこの時、パワーメーター所持の人に『パワーウェイト2.5倍以上出しちゃダメ!3倍出したらアンパーンチ!!』ルールが適用された模様です。w

4月


たぶん、12人くらいの参加者がいて店長があたふたした『秩父サイクリング』
ちなみにお目当ての『クラフトビール』より…

駅前の『餃子屋』さんが評判がよかったらしい。w

5月
『林道サイクリング』
『新緑』がきれいで景色ははすごく良かったです。『激坂』と『グラベル』が満載でした。

6月

『梅雨』のせいで『1日サイクリング』は中止だったようです。そして、どうでもいい話ですが我が家の『洗濯機』が壊れて数日間『コインランドリー』生活で大変でした…。『洗濯機からヤバそうな音がする!』と思ったら即買い替えましょう!w

7月
毎年、『那須ロングライド』に行っていましたが、エントリー競争に失敗してしまい急遽『那須一泊二日サイクリング』に変更…


がしかし…天候不順によりメインの『那須岳』に行けず。終わってみると『サイクリング』がメインではなく…



『ただ食べて飲み続ける那須旅行』となりましたさ。(^^♪

あと…自転車全然関係ないですが…

すごい『雹』が降りましたね。

8月


『1日サイクリング』はお休みで『朝サイ』のみだったようです。と同時に展示会シーズン突入…

9月

『大クスノキが見たい!』と言う、店長の希望により再び『秩父サイクリング』。

10月
2年に一度?恒例の『鳥海山MTBサイクリング』


何度行っても楽しいです!ちょっと遠いですが、MTBを持っている方なら一度は参加しましょう!持っていない人もどうにかして参加しましょう!と言うくらい店長が好きなイベントです。過去記事ぜひ読んでください!
ちなみに10月は1周目以降はほとんど週末は『雨』『自転車乗れない月』でもありました。

11月


だんだん寒くなり自転車に乗るのが辛い季節になりましたが乗ります!久しぶりの『うどん屋サイクリング』!

12月
恒例の『秋カ瀬バイクロア』
 
もうずいぶん前の感覚でしたが『今月』の事だった…こちらも家族で楽しめるおススメのイベントです!。見るだけでも十分楽しめるイベントですので『ロード』しか持っていない方でもぜひ遊びにいってみてください。
それと

 
先週の『スープカレーサイクリング』!始めていったお店でしたが美味しかったです!

と言う感じで1年間イベントに参加頂いた皆様!ご参加ありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします!!




サイクルセーフティサミットに参加してきまいた。(参加証明書はないけど…(^^;))


昨日は『12月25日は暇!かつ月曜日は一週間で一番暇!』と言う事もあり…w『サイクルセーフティサミット』と言う自転車事故特有の安全管理、応急処置についての講習会を受けてきました。タイトルにもあるように『参加証明書』の発行申込みを忘れで『参加証明書』は発行されていませんがちゃんと受講してきました。(^^;)

具体的な内容に関してはちょっと書けないのですが…(お店ではいろいろお話できるので興味のある方はぜひ!)競技として実際にスポーツバイクに乗っている医師・救急救命士・看護師の方やイベント主催者が講師となり『シナリオロープレイング』や『実技』などを丸一にかけて行い大変勉強になった一日でした。
また、『サイクルセーフティサミット』のWEBページを見ると『自転車レースでの事故』のイメージが強いように思えますが『ロングライドイベント』『仲間内でのサイクリング』にも通ずる知識と実習を受けることができます。
個人的には『店舗スタッフ』や『イベント主催者』『自転車競技者』はもちろんなのですが、『サイクリングしかしないよ~!』と言う『一般ユーザー』にこそ受けていたなーと思う講習でした。おそらく、受講すると『レース』だけではなく通常の『サイクリング』への意識も変わると思いますよ!

とりあえず、今回講習を受けて誰でもすぐできる事だな~と思ったのが、最近ではある程度認知されてきている『氏名・生年月日、血液型、住所?、緊急連絡先(可能なら二つ)』が書かれている『緊急連絡先カード』を自転車に乗る際には必ず所持する事(共通のメンバーで行くことが多い場合は何に?何処に?『カード』入っているかをグループ内で認識しているといいかもしれませんね。『個人情報』にかかわる事なので難しい問題でもありますが…(^^;))
これは案外『いつも一緒に走っているメンバー本人の連絡先』は知っているものの『緊急時に連絡を取らなければならない人(怪我した人の両親、パートナー等)の連絡先』は知らない事が多いためです。そのため緊急時(本人は当然意識無しの状態)の時に『連絡を撮らなければならない人』に連絡が取れないと言う事態でさらにアワアワ…や搬送時に聞かれる事が多いようなので『緊急連絡先カード』を所持しておくことをおススメします。

と言うわけで、気なった方は次の機会にぜひ参加してみください!復習がてら店長付き合いますよ!

そして、今日で『通常営業』は終了!(明日は棚卸で明後日は雑用でお店にはいますが…いつ頃閉店かは未定のためご来店の際はお電話いただければ幸いです。)
本年も皆様には大変お世話になりました!来年もよろしくお願いいたします!!

第6回 ハルヒル


今年も『ハルヒル実行委員会』の方がわざわざポスターとチラシを届けに来てくれました。
しばらく参加していないイベントですがもう第6回なんですね…ホスピタリティも良く、適度な難易度(神社から先は辛いけどね…(;^_^))の初心者におススメのヒルクライムイベントです。
去年あたりから受付が『駅前』で可能になったので、前日の受付までの移動時間等が『観光』等に使えるようになったのはありがたいところです。(『イベント』に行ったらちゃんと現地にお金を落としましょうね~)

ちなみに…私の中の『ハルヒル」のイメージは

1.初めて『32T欲しい!』と思ったイベント
2.『タイムトライアルレース』の『エントリー』は毎年エントリー開始と共に『瞬殺』(気になる方は申込時間はパソコンの前に正座してがんばりましょう!あと、『RUNNET』で申込みのため会員登録をしていない方は事前登録をしておきましょう!)
3.油断すると高崎駅前のお手頃価格の宿もすぐ予約でいっぱい…
4.3年くらい前の記憶なので今はわかりませんが、前日の駅近コンビニにある『おにぎり』『パン」『ゼリー』『水」コーナーが『全滅』。
5.ヒルクライムイベントの割には帰宅時間が早いので『家庭環境』にもやさしい…w
です。

開催日は受付・タイムトライアルが5月19日(土)、ヒルクライムレースが5月20日(日)です。そして、エントリーは1月20日(土)12:00から大会HPからRUNNETで行う感じです。

そういえば、最後のヒルクライムレースって、『青ジャージ』くんと『ハイキュー』ごっこをした『ハルヒル』だな…。




ロードバイクのディスク化は一般的になるのか…ならないのか…


2018モデルから各社『ディスクロードバイク』のラインナップが勢ぞろい!と言う感じになっていますね。一番の気なる点だった『規格」ですが各自転車メーカー、パーツメーカー共にメインモデルに関してはほぼ統一され。『ディスクブレーキの取付方法』『フラットマウント』に。『フロントホイール・リアホイールのエンド幅、取付方法』に関しては『フロント100mmx12mm リア142mmx12mmスルーアクスル』になりそうです。このため、『上記の規格』のディスクブレーキモデルを購入しておけば『「壊れた場合」や「パーツ交換をしようした場合』にパーツが規格が混在であら大変…』と言う事にはなりにくいと思われます。
そうなると『購入した自転車の規格が翌年には変更になったりしないよね…』と手を付けなかった方々がそろそろ心を決めて購入!…かと思いきや…やはり、『キャリパーブレーキモデル』と上記の規格を採用されている『ディスクロードバイク』を比べてしまうとだまだ『価格』と言う壁が…(^^;)

ちなみに完成車のほとんどが『油圧ディスクブレーキ』になっている『MTB』では10万くらいの価格帯から『サードパーティ』ではなく『シマノ製』の油圧ディスクブレーキが搭載されており、このディスクブレーキのグレードはロードバイクで言うと『SORA』とか『Claris』クラス。『SORA』『Claris』とは言わないまでも。せめて『TIAGRA』グレードの価格帯まで『油圧ロードディスクブレーキコンポ』が用意されるとロードディスクブレーキの浸透率も変わってくるのかな…

もちろん。比較的手が届きやすい『希望小売価格』が10万円台クラスのディスクロードバイクも展開されていますが、ほとんどのモデルが『機械式ディスクブレーキ』を装備。『メンテナンス』と言う点では『機械式ディスクブレーキ』の方が扱いやすい事もあるため『機械式』が必ずしも悪いわけではないのですが、ディスクキャリパーの取付方法が『ポストマウント』形式であった、ホイールのエンド幅や取付方法が『フロント 100mmx9mmQR リア135mmx9mmQR』と後々のアップグレードをしてみたら『油圧ディスクブレーキディスクロードバイクの完成車』を最初から購入してしまった方が安かった…というオチになる場合も出てきます。(^^;)
このため10万円代完成車の場合『パーツを交換せずに乗り続ける』と考えた方が無難だと思われます。

と、色々書きましたが『ディスクロードバイク』には様々なメリットがあり『ディスクブレーキだから扱いにくいのでは…』と言う事だけで選択肢から外すのはもう昔の話…。選択できるのであるならば選択肢の一つにしないのはもはやもったいないと思いますよ!




ジャージのデザイン。

今回は3パターン作ります。

まずは『こども店長』のジャージも小さくなってしまった事もあり…(^^;) 久々の『Asibinaa』ジャージと


次に『loosefish』ジャージの新色パターン。

あと、納期は最短2月下旬になりますが…(^^;) エース様待望の5度対応の冬物ジャージ『ウインドブレークジャケット』。申し訳ありませんが来シーズンに向けて思っていただけると幸いです…(^^;)


となっております。
価格ですが今回パールイズミさんで新たにデザインを起こしているため通常の価格よりお値段がすこし高めになってしまうのですが…

半袖が¥13,824(税込)+デザイン料(発注枚数により変わります。最低ロットの枚数だった場合¥15,984(税込)になります。)
ウインドブレークジャケットが¥18,144(税込)+デザイン料(発注枚数によって変わります。最低ロットの枚数だった場合¥20,304(税込)になります。)

サイズ感に関してですが半袖ジャージはすでに届いますので確認可能です。ウインドブレークジャケットに関してはもしかすると年明けに届く感じになりそうです。
できれば年内、遅くても年明け後早めに発注したいと思っています。気になっていただいている方はお気軽にご相談ください。m(_ _)m

あと。明日参加の方!冬真っただ中、気温一桁スタートで北風ビュービューですが頑張りましょう!w
AM8:00に島忠前の土手集合です。




日が暮れるのが早いこの季節。習い事をしているお子様のヘルメットにライトを装着しましょう!


ユニコ トライスターリア ¥1575(税込)

先日、『こどもの習い事の帰り道。完全に日が暮れてるな~』と思ったため、子供のヘルメットに取付の自由度が高い上記の『ユニコのリアライト』を取り付けてみたところ…


自転車本体に取付しているリアライトがLED五灯のタイプなので、本体のリアライトがけっこう目立っていますが、乗車状態でもっとも高い位置にある頭部にリアライトを装備するとより視認性がアップしているのがわかります。
自動車と自転車の事故の要因の約90%が『発見の遅れ』が要因。日が暮れるのが早いこれからの季節。大人よりも身長が低い子供だからこそ本体だけではなく一番高い位置である『ヘルメット』『ライト』『反射素材』を装備して視認性をアップさせましょう!

ちなみにこのキャットアイさんのこちらの新製品。自由度の高いラバーバンド取付タイプでかつ前後にライト(前方白色灯、後方赤色灯)のため、後だけでなく前方に対しても視認性を上げてくれます。現在在庫ありませんがお取り寄せ可能です!
また、『自転車の事故の起きる時間帯』は78%が『昼間』だそうです。このため昼もライトを点灯しておくと事故防止に効果的ですよ!(もちろん、電池消費は増えますが…事故にあうよりはマシですよね!)




12月のお休みちょっと変更しました。&バイクロア7の動画

12月後半の臨時休業日が増えました。(25日(月)も講習会参加のためお休みとさせていだたきます。つまり、第四週ほとんど『休み』じゃん。( ゚Д゚) と言っても 27日と28日は諸々の事務処理でお店にいる可能性は大ですけど…(^^;))

あと、先日参加したの『バイクロア7』のサイトで大会動画がアップされてましたよ!

Bikelore7 from Toshiki Sato on Vimeo.

明日12月1日(金)の営業時間

恐れ入りますが明日12月1日(金)は17:00閉店とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

午前中に張り付けていた画像の外装ジャンクションBの取付方法が逆でした…。指摘されてしまった…(^^;)こちらが正解です。


反省のため先ほどの『失敗例』も張り付けておこうと思います…

馬鹿ですね…ちゃんと考えればダウンチューブ側からのケーブル1本はだし(^^;) とは言え、『外装エレクトリックケーブル沼』には変わらない。