2019 GIANT展示会 X-ROADシリーズ(TCXなど)



2019 GIANT展示会シリーズ。 今回はTCX等のX-ROADシリーズです。

2019 GIANT TCX ADVANCED PRO 1 ¥430,000(税抜)
カーボンTCXの最上位モデル。2019年モデルからチューブレスレディタイヤが採用され購入したそのままのスペックでレースに参戦できるモデルになっています。
CXR1CARBON WHEEL、SRAM 「FORCE1」 1x11油圧ディスクブレーキを採用。

2019 GIANT TCX ADVANCED PRO 2 ¥300,000(税抜)
「TCX ADVANCED PRO」のセカンドグレード。ホイールがアルミホイールになり(チューブレス対応)コンポーネントがSRAM 「RAIVAL1」 1x11油圧ディスクブレーキが採用されています。

2019 GIANT TCX ADVANCED 1 ¥260,000(税抜)
上位グレードのフレームにフォークコラム径が1 1/8サイズの「OVERDRIVEフォーク」が採用されているカーボンシクロクロスバイク。コンポーネントは「APEX1」を採用しています。
しかし、フォーク、コンポ―ネントのグレードは落ちていますが、採用されているホイールは同じでステムの選択肢がほぼ自由なこちらのモデル。機材がよく破損するシクロクロス。「TCX ADVANCED PRO 2」との価格差4万円を考えると「PRO 2」よりもこちらのモデルの方が魅力的??

2019 GIANT TCX SLR2 ¥180,000(税抜)
「ALUXX SLR」のディスク専用アルミシクロクロスバイク。スペックをみると何故GIANTオリジナルディスクブレーキを採用?なぜ、APEX1 油圧ディスクにして「BRAVA SLR」と同じ価格でいいんじゃない?と思う人は多そう…。まあ、そこは大人の事情」と言うやつなのでしょうか…。(^^;)

2019 GIANT REVOLT ADVANCED 2 ¥250,000(税抜)
荒れた道やダートの長距離走行を競う「競技」のためフルモデルチェンジされたグラベルロード。2019モデルの中でも注目を浴びているモデルです。STIレバーとブレーキをアップグレー前提なのか「GIANTオリジナルディスクブレーキ」を採用することにより価格を抑えてきています。

2019 GIANT TOUGHROAD SLR2  ¥115,000(税抜)
MTBやクロスバイクの様な「フラットハンドルバー」タイプのバイクでツーリングを考えている方にピッタリのバイク。フロント・リア共にキャリア装備が可能で油圧ディスクブレーキは荷物を積載している状態でも確かな制動力を発揮してくれます。
2019 GIANT ANYROAD1 ¥150,000(税抜)
短めのトップチューブと長めのヘッドチューブによりGIANTラインナップの中でも1、2を争うアップライトなポジションが取れるモデル。専用アシストブレーキによりドロップハンドルのどのポジションからもブレーキレバーに手が届くことが可能になっています。ゆったりと長く走り続けたい方におススメです!

2019 GIANT ANYROAD3 ¥105,000(税抜)
700x32Cの太めのタイヤに、機械式ディスクブレーキ、専用補助ブレーキレバーと安定感のあるライディングができるバイク。肩ひじ張らずにドロップハンドルの自転車に乗りたい!と思っている方へ!

と言うような感じの「X-ROAD」カテゴリーでした。また、WEBページが2019モデルにリニューアルされています。詳しくはぜひサイトを!




2019 GIANT展示会 クロスバイクシリーズ。



『ESCAPE R3』と『ESCAPE RX1、2、3』等、定番は写真を撮ってません。気になった新製品の2ラインナップのみの紹介ですが2019 GIANTのクロスバイクのシリーズです!


2019 GIANT FORMA ¥74,000(税抜)
人気のあった「FCR」シリーズを彷彿させるエアロフレームは2019モデルのクロスバイクの中でも人気が出そうなモデルです。

2019 GIANT ESCAPE RX DISC ¥78,000(税抜)
今年1番のおススメクロスバイク。定評のある「ALUXX SL」アルミフレームのキビキビと走りだけでなくシマノ 油圧ディスクブレーキによる雨天時での安定した制動力を持つこちらのバイクは「通勤・通学」バイクの決定版とも言えるバイクです。

以上が数は少ないですが気になったクロスバイクシリーズでした。また、GIANT WEBページが2019モデルにリニューアルされていますよ!





2019年 GIANT展示会 Livシリーズ



前回に続き2019 GIANT展示会 シリーズ。今回はLivシリーズです。ちなみに写真の撮り忘れのため紹介できていないモデルもございます。m(__)m

2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED SL 1 ¥600,000(税抜)
女子ワールドツアーチーム「サンウェブ」も使用している女性向けに専用設計したレーシングバイク。エアロ性能に優れ登坂だけでなく高速巡行域もカバーしています。
アルテグラDi2、30mmカーボンチューブレスホイール、GIANTオリジナルパワーメーターが採用されています。


2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED PRO2 DISC  ¥350,000(税抜)
今年のLivの一押しのモデル。油圧ディスクブレーキモデルに関してはGIANT・Livでも多くラインナップされていますが、こちらのモデルは小さな手のライダー向けに開発された油圧STIレバー『ST-R7025』が採用され、手がちいさい女性ライダーでも「変速」や「ブレーキング(特に下り)」操作が従来のSTIレバーよりもストレスなくできることでしょう。
また、カーボンモデルに関してはXXSサイズでもボトルケージ台座は2つあります。

2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED PRO 0  ¥540,000(税抜)
アルテグラDi2、GIANTオリジナルパワーメーター、GIANTカーボンチューブレスホイールと競技志向の方?向けの完成車と思われがちですが、機械式とは違い(特にフロント変速)「ポチっとな!」⇒『ウィーン!』で変速終了!手首が全く疲れません。特にフロント変速が辛いな…という方いかがですか?

2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED PRO 1 ¥360,000(税抜)
競技志向の方は「0」よりもこちらの方を選びそうな気がする…と言うモデル。安定感と実績をふまえるとこちらのモデルを購入後、その場でクランクは「パイオニア行き」そして「パイオニアサイコン」を購入の流れになりそう。
ちなみにLiVシリーズのロードモデルは「XXS」「XS」サイズは165mmクランク(モデルによっては160mm)「S」サイズが170mmクランクが採用されています。

2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED 1 ¥260,000(税抜)
フレームは上位グレードの「LANGMA ADVANCED PRO」シリーズと同じフレームながらもフォークとホイール(チューブレスホイール)を変更することにより価格を抑えたベストバリューモデル。機械式アルテグラが採用されています。

2019 GIANT Liv LANGMA ADVANCED 2 QOM ¥210,000(税抜)
こちらもフレームも「 ADVANCED 1」と同じく、上位グレードの「LANGMA ADVANCED PRO」シリーズと同じフレームながらもフォークとホイール(チューブレスホイール)を変更することにより価格を抑えたモデルです。また、ギア比が1:1になる「11-34T」のリアスプロケットが採用され「上り」が通常のモデルよりは疲労感が少なく上ることが可能になります。キャリパーブレーキ・カーボンモデルで初めての1台におススメのバイクです。

2019 GIANT Liv LANGMA SL 1 ¥165,000(税抜)
女性専用レーシングバイク「LANGMA」の設計思想の軽量アルミフレームモデル。「1」は見る角度によって色が変化する特殊な塗装が施されており(高額モデルに採用)エントリーアルミモデルにはない高級感があります。
パーツ構成は「新型105(ブレーキはテクトロ)」「VARIANTカーボンピラー」「チューブレスホイール・チューブレスレディタイヤ」が採用されています。
写真撮り忘れてしまいましたが「TIAGRA」コンポの「SL2」¥128,000(税抜)もございます。

2019 GIANT Liv ENVILIV ADVANCED1 ¥270,000(税抜)
女性専用に設計されたエアロロードバイク。今年から名称が変わりました!機械式アルテグラ・チューブレスレディタイヤ・ホイールが採用されています。ロード目的だけでなく、トライアスロンを始めた・始めたい女性にも「AVOW」のようなトライアスロン専用バイクよりも汎用性が高く最初の1台におススメです。
またまた写真撮り忘れですが『新型105』を採用している『ADVANCED 2』¥230,000(税抜)もラインナップされています。

2019 GIANT Liv AVAIL ADVANCED1 ¥265,000(税抜)
「剛性」が最適化された「ADVANCEDカーボンフレーム」「チューブレスレディタイヤ」「D-FUSEシートピラー」によるロングライド時の快適性と機械式アルテグラとGIANTオリジナル油圧ディスクブレーキにより「峠の下り」や「雨天時」での安定した制動力をもつ女性向けに設計されたエンデュランスカーボンバイクです。

2019 GIANT Liv AVAIL ADVANCED 2¥235,000(税抜)
「AVAIL ADVANCED 1」のコンポーネントが「新型105」になったモデルです。

2019 GIANT Liv AVAIL 1 ¥98,000(税抜)
写真がブレている…。女性専用設計のエントリーアルミロードバイクで2019年度モデルより快適性の高い「D-FUSEシートポスト」の採用と「700x28C」まで対応できるようになりました。
「補助ブレーキ」も採用されており初心者の方でも安心です!
シートクランプが専用設計になったため「リアキャリア」が取り付けの際に悩むか??と思いましたが『D-FUSEシートポスト』がアルミ製のようなので「D-FUSEシートポスト用ダボ穴シートクランプ」なるパーツをシートポストに装着すれば上手く対応できるか??ただ、どうせなら「CONTED」のような一般的な形の「D-FUSE対応シートクランプ』にしてほしかった。(^^;)

2019 GIANT Liv AVAIL 2 ¥84,000(税抜)
コンポーネントが「CLARIS」のエントリーモデル。こちらのモデルも28Cまで装着可能です。ロードバイクはタイヤが細くて不安と言う方は28C(一般的なクロスバイクのタイヤ幅サイズ)に交換してみてはいかがでしょうか?

申し訳ございません雑な写真ですが…手前から
2019 GIANT Liv THRIVE 1 ¥120,000(税抜)
2019 GIANT Liv THRIVE 2 ¥99,000(税抜)
2019 GIANT Liv ESCAPERX W ¥65,000(税抜)
となっております。この3台、上級グレードクロスバイクのカテゴリーで「THRIVE」が「油圧ディスクブレーキ」採用のクロスバイク。「RX W」が「Vブレーキ」採用のクロスバイクと思っていただければと思います。個人的には「RXW DISC」のラインナップ一つに絞った方がユーザーにとってわかりやすくないでしょうか??と思ったりしてます。

2019 GIANT Liv ESCAPE R3 W ¥52,000(税抜)
女性向けクロスバイクの定番中の定番バイク!説明はいらないでしょう!!
あと写真を撮り忘れてますが『GRAMME』と言う「27.5x1.75」と言う太目のタイヤが採用されているクロスバイクもラインナップされています。「街乗り」で「より安定感を重視したい」と言うにはおススメの1台です。

2019 GIANT Liv BRAVA SLR ¥230,000(税抜)
前後12mmアクスル、フラットマウント、1x11が採用されいる女性用シクロクロスレーシングバイク。今年モデルからチューブレスレディタイヤが初期採用されています。
今年から「シクロクロス」始めるぞ!と言う女性の方におすすめです!
また、男性でも身長170cm以下の方ならで「TCX」シリーズではなくこちらのバイクを選択してもありかと!

2019 GIANT Liv HAIL2 ¥370,000(税抜)
前後160mmトラベルの最新スペックが採用されたアグレッシブなトレイルライドを可能にするバイク。しかし、カタログの写真で「HAIL」を操り「エンデューロレース」に参加している「お姉さん」。フルフェイスヘルメットにゴーグル・ニーガードはしてるんですが、服装が短パンにTシャツって…まあ、イメージ通りと言えばイメージどおりなんですがやはり大丈夫なのか?と思ってしまう(^^;)

2019 GIANT Liv PIQUE2 ¥255,000(税抜)
MTBを初めて購入したいと言う方で一緒にMTBを乗りに行く方が「常設コース大好き!」と言う方でなければこちらのモデルを購入しておけばバッチリです。前130mm後120mmに最新のリンク構造、前後BOOST規格にチューブレスレディタイヤも初期採用と言う至れり尽くせりのモデルです!

2019 GIANT Liv OBSESS ADVANCED 2 ¥270,000(税抜)
カーボンハードテイルバイク。自分自身は26インチ、29インチ、27.5サイズと乗ってきて今のところ「27.5」インチでの乗車感覚が一番好きなのでお店ではおススメしているのですが、XCレースバイクだと身長的に乗車できるのであればやはり「29インチ」を使用する方がメリットの方が多いのかな…まあ、「速い」はどの「インチ」サイズに乗っても「速い」事にはかわりないのですが…(^^;)

以上が紹介できていないモデルもありますが「Liv」シリーズです。限りはございますがお渡しできるカタログも入荷してましたので、気になるモデルがある場合はお気軽にご相談いただければと思います。また、WEBページが2019モデルにリニューアルされています!





2019 GIANT展示会 PLOPELシリーズ




2019 GIANT PLOPLEADVANCED SL 0 DISC ¥1,200,000(税抜)
「ディスクブレーキ」専用に新規に開発された「PLOPEL DISC」のフラッグシップモデル。油圧ディスクブレーキにデュラエースDi2(クランクはシマノパワーメーター)。GIANT オリジナル軽量フルカーボンエアロホイール(SLR0 F42mm R65mm)が採用されています。ちなみに「PLOPEL」シリーズ、フレーム販売が「ディスク」「リム」モデル共にありません。人気が無いのか??「サンウェブ」もあんまり『PLOPEL』使わないないし…(^^;)

2019 GIANT PLOPEL ADVANCED SL 1 DISC ¥770,000(税抜)
「PLOPEL SL」シリーズのセカンドグレードで『SL 0 DISC』と同じフレームにアルテグラDi2(クランクはGIANTオリジナルパワーメーター)、GIANT オリジナル軽量フルカーボンエアロホイール(SLR1 F42mm R65mm)が採用されています。

2019 GIANT PLOPEL ADVANCED PRO DISC  ¥630,000(税抜)
「ADVANCED PRO」シリーズのDISCモデル。こちらはアルテグラDi2(クランクはGIANTオリジナルパワーメーター)にGIANTオリジナル軽量フルカーボンエアロホイール(SLR1 F42mm R65mm)が採用されています。また、写真撮り忘れましたが「TEAMカラーモデル」の『PLOPEL ADVANCED PRO DISC TEAM』と言うモデルがあります。機械式アルテグラ(パワーメーター無し)・GIANTオリジナル軽量フルカーボンエアロホイール(SLR1 F42mm R65mm)採用モデルで¥500,000(税抜)です。「Di2までは要らない」や「パワーメーターはパイオニアさん」と言う方はこちらのモデルがおススメです。

2019 GIANT PLOPEL ADVANCED PRO 0  ¥580,000(税抜)
現品が間に合わなかったようでパネルでした。(^^;) 「SL」グレードにリムブレーキモデルがないためこちらがリムブレーキの最上位モデルになります。
海外のGIANTサイトをいくつか見てみると国によって2019モデル「PLOPEL」のリムブレーキシリーズはラインナップを絞っていたり、ラインナップされていない国もありお国柄が出て見比べると面白いですね。(見た中ではアメリカとオーストラリアはDISCモデルしかなかったです。) ラインナップ的には日本はまだまだリムブレーキの需要が多いようです。
コンポーネントはアルテグラDi2(クランクはGIANTオリジナルパワーメーター)、GIANTオリジナル軽量フルカーボンエアロホイールが採用されています。

2019 GIANT PLOPEL ADVANCED PRO 1  ¥400,000(税抜)
 2019モデルのリムブレーキモデルはディスクモデルと同型の新設計フレームになっているため(解りやすいところでステム&ハンドルバー) ぱっと見、去年モデルと同じように見えても去年モデルよりアップデートされています。
自身も「PLOPEL ADVANCED PRO」に2年くらい乗っていますが想像していたよりも快適性はあり重量はやや重いのが難点ですがけっこうサイクリング等で使えるんのでは??と思っているバイクです。
機械式アルテグラが採用されています。(ホイールは「0」と同じカーボンエアロホイール)

2019 GIANT PLOPEL ADVANCED  1  ¥260,000(税抜)
フレームは今年アップデートされた『PROPEL ADVANCED PRO』グレードフレームにオーバードライブフォークが採用されている「PLOPEL」シリーズの末っ子。
機械式アルテグラとアルミエアロホイール(チューブレスレディ対応)が採用されているモデルです。そういえば『ADVANCED PRO』『ADVANCED』シリーズともにリアスプロケットが「11-30」が採用されています。
2019 GIANT PLOPEL ADVANCED  2  ¥220,000(税抜)
新型105・アルミエアロホイール(チューブレスレディ対応)が採用されているコストパフォーマンスの高いモデル。ロードレースや耐久レースだけでなくロングライドにも対応できる1台となっています。
あと、プロペル専用の『SPEED CONTROL SL』ブレーキ。エアロ効果だけでなく「制動力」の効き・コントロール性もいいんです。

GIANT WEBページが2019モデルにリニューアルされています!




2019 GIANT展示会 TCRシリーズ



昨日に引き続き2019GIANT展示会の画像。TCRシリーズです。

2019 GIANT TCR ADVANCED SL 1 DISC ¥680,000(税抜)
シマノアルテグラ電動Di2・油圧ディスクブレーキ・GIANT独自開発のパワーメーター・42mmDISCカーボンホイールが採用されています。そして、今年は「SL」グレードのフレーム販売がない!DISCブレーキはお値段が張る今まで使用していた高額パーツ(フレーム・ホイール・デュアルコントロールレバー&ブレーキ)が使えなくなってしまうため『完成車』需要の方が高いから??

2019 GIANT TCR ADVANCED SL 1  ¥630,000(税抜)
雑な写真になってしまいましたが…(^^;)  去年は同じようなスペック(アルテDi2・カーボンホイール)で¥580,000(税抜)でしたが、2019モデルはホイールがよりエアロな42mmハイトホイールとなり、GIANT独自開発のパワーメーターが採用されています。為替の関係などを考えると同等かコストパフォーマンスが高くなっているような気がします。

2019 GIANT TCR ADVANCED SL 2 ¥430,000(税抜)
こちらは『TCR ADVANCED SL』フレームに機械式アルテグラ採用。と言う体育会系な感じのモデル。と言うか下記の「TCR ADVANCED SL」フレームセットが¥300,000(税抜)でホイールの「SLR1 42 CARBONWHEEL」が¥150,000の希望小売価格ですので完成車価格の計算が合わないぞ。w
ちなみに今までのイメージだと剛性感ガチガチらしいので購入の際は覚悟がいるらしい(^^;)

2019 GIANT TCR ADVANCED SL  ¥300,000(税抜)
カタログ・写真だとわかりずらいですが『マジョーラカラー』ぽい感じできれいです。一万円UPの¥310,000(税抜)でTEAMカラーもラインナップされています。

2019 GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM 42 ¥360,000(税抜)
「ADVANCED PRO」フレーム、機械式アルテグラ、42ハイトカーボンホイール採用のTEAMカラー人気限定モデル。ですが…今年は売れ行きの調子が悪いのかまだ在庫あります。(^^;)  限定カラーなので(完売⇒終了)「TEAMカラー」がいい!と言う方はお早めに!

2019 GIANT TCR ADVANCED PRO 1 ¥350,000(税抜)
上記の『PRO TEAM 42』の通常モデル。1万円安いです。余った1万円でペダル買えます。w 難点はコラムサイズがやや特殊なのでステム選びがやや大変です。(『SL』も同じです。)
ちなみにこちらのモデルも去年の金額ですがフレームとホイールの金額だけで¥350,000(税抜)。完成車の金額設定おかしいです。在庫アリなのですぐ届きますよ!!!

2019 GIANT TCR ADVANCED PRO 1 DISC ¥410,000(税抜)
去年とほぼ同スペック(ホイールが42mmにアップデート)です。TCRの軽快さはそのままに油圧ディスクブレーキによる安定した制動力を得て『上り』も『下り』も『平坦』もOKなオールラウンドバイクの決定版です。店長的に今ロードを1台買うならこのモデルは最有力候補です。

2019 GIANT TCR ADVANCED 1 SE ¥280,000(税抜)
フレームは『ADVANCED PRO』と同じフレームでフォークが違うモデル。機械式アルテグラにGIANT独自開発のパワーメーターが採用されています。GIANT独自開発のパワーメーターを前面に出した戦略モデル。この価格で機械式アルテグラとパワーメーターが最初から手に入れられるのはすごいです。また、コラム径が一般的なサイズのため「ステム選び」に困ることがありません。

2019 GIANT TCR ADVANCED 1KOM ¥255,000(税抜)
機械式アルテグラ フロントチェーリング50-34 リアスプロケット11-34の1;1の山岳向けワイドレシオ(坂道楽ちんギア。またの名を『乙女ギア』)が採用されているモデル。「峠」を含め様々なところへ走りに行きたい方におススメのモデルです。

2019 GIANT TCR ADVANCED 2 ¥200,000(税抜)
「ADVANCED」フレームに新型105採用の定番カーボンフレーム完成車。初めての1台として購入して間違いはないモデルです。しかし、今年はモノトーンなカラーが多い??

2019 GIANT TCR SLR 1 ¥235,000(税抜)
極薄SLRアルミチューブにより『TCR ADVANCED』並みの重量を再現。また、フォークは『ADVANCED PRO』と同じオーバードライブ2規格のフルカーボンフォークが採用されている超軽量・剛性のハイエンドアルミレーシングバイク。機械式アルテグラが採用されています。
ちなみに『「アルミ」だからカーボンよりも多少乱暴に扱っても…』と言うイメージがありますが極薄アルミフレームは衝撃により「ぎゃー!」と言うくらいフレームに「へこみ」が生じる場合もありますので油断するのはやめましょう。

2019 GIANT TCR SLR 2 ¥185,000(税抜)
『SLR1』と同じフレーム&フォークに新型105が採用されているモデル。『TCR ADVANCED SL 2』で「体育会系な感じ」と書きましたが採用パーツ・性能・価格設定的にこのモデルが一番「体育会系感」を感じるかも…。レース志向で初めての1台を探している方におススメです。


2019 GIANT TCR SL1 ¥150,000(税抜)
今年から「新登場」と言うか「復活」と言うか…「TCR」シリーズのアルミエントリーモデルです。上位グレードの『SLR」を継承したレース志向モデルで同じアルミモデルの『CONTED SL』よりもヘッドアングルが立ち、リアセンターが短くなっています。ドライブトレインは新型105を採用(ブレーキ・クランクは違います。)

2019 GIANT TCR SL2 ¥130,000(税抜)
こちらのモデルはTIAGRA採用モデル(ブレーキは違います。)。2019モデルのアルミエントリーモデルはこちらの『TCR SL』がリリースされ、『CONTED』がマイナーチェンジされたことにより、競技志向の方向けの「TCR」シリーズ、様々な使い方をしたい向けの「CONTED」シリーズと言うようなすみ分けがなされました。

以上がTCRシリーズです。
2019モデルの閲覧用カタログございます。お気軽にお声かけください。また、WEBページが2019モデルにリニューアルされています!




2019 GIANT 展示会 新型DEFYシリーズ、ジュニア・キッズバイク、E-BIKE。



GIANT2019年度モデル展示会に行ってきました。たくさんあり過ぎるので数回に分けてご紹介したいと思います。まずは今年フルモデルチェンジされた『DEFY』シリーズ。

2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 0 ¥600,000(税抜)
今年、フルモデルチェンジされた『DEFY』シリーズ。従来からあった「快適性」をさらに進化させるだけでなく「走りの軽快さ」「剛性」もアップグレードされています。
油圧ディスクブレーキ・アルテグラDi2・カーボンチューブレスホイール・パワーメーターと従来アップグレードするであろうパーツが最初から採用されています。「DEFY」シリーズ全てのモデルに28Cのチューブレスタイヤが初期採用されていますが、タイヤクリアランスは全て32Cまで対応可能です。

2019 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1 ¥450,000(税抜)
上記の『DEFY ADVANCED PRO0』の油圧ディスクブレーキ・機械式アルテグラモデル(それ以外の違いはパワーメータがなし)。「電動変速」も「パワーメーター」はあれば大変助かるものなので予算範囲内であるなら「0」の方をお勧めしますが、こちらの『DEFY ADVANCED PRO1』購入して差額分でちょっと豪勢なところにサイクリングに行く(北海道とか沖縄とかしまなみ海道とかetc)と言うのアリかもw

2019 GIANT DEFY ADVANCED 2 ¥240,000(税抜)
本来だと「ADVANCED 1」と言う『油圧ディスクブレーキ・機械式アルテグラモデル』が採用されているモデルがラインナップされそうな感じなのですが、価格設定の問題か『ADVANCED PRO』との差別化が難しいかったのかGIANTオリジナルディスクブレーキと機械式新型105採用の『2』の1モデルのみのラインナップになっています。
フレームは上位グレードと同じ新型フレームが採用され(フォークは違いますがコラム径がオーバーサイズ(1 1/8)のため上位グレードと比べ剛性には劣りますがステムの選択肢が豊富です。)路面からの衝撃を逃がしてくれる『D-FUSEシートポスト』、快適性が従来のアルミハンドルよりも+40%増している『CONTACT SL D‐FUSE DROP ハンドルバー』、28Cチューブレースレディタイヤが採用されており初めてのエンデュランスカーボンロードとしておススメの1台です。

次にジュニア・キッズバイク。

2019 GIANT TCR ESPOIR 24 ¥74,000(税抜)
身長135cmから乗車可能な24インチロードバイク。(適応身長135cm~150cm)ジュニアバイクに最適な152mm長のクランクや補助ブレーキレバーが採用されています。今年からシフターがマイクロシフトになっています。
ちなみにシフターがシマノ(CLARIS)が良ければ2018年モデルがまだメーカー在庫あります。(2018/8/30現在)しかもお値段もややお安い。さらに今なら…あとは直接お問い合わせください。(^^;)

2019 GIANT TCX ESPOIR 24 ¥69,000(税抜)
機械式ディスクブレーキ採用の本格ジュニア向け24インチシクロクロスバイク。(適応身長135~150cm)こちらも2018年モデルの在庫はまだ(2018/8/30現在)あるようです。

2019 GIANT TCX ESPOIR 26 ¥69,000(税抜)
こちらも機械式ディスクブレーキ採用の本格ジュニア向け26インチシクロクロスバイク。(適応身長140~160cm)。上記の24インチモデルと適応身長が重なるところがあるので購入時は迷いますよね…。走破性の26インチか…担ぎや自転車乗り降りなどが楽な24インチか…

2019 GIANT ARX 24 ¥48,000(税抜)
今年、メーカー一押しのジュニア自転車。(適応身長130cm~145cm)エスケープJRよりも軽い9.2kg(カタログスペック)。そもそもはお父さんが『エスケープRX』でお子様が『エスケープJR』を乗っていた際にジュニア車の方が重いじゃん!とい事から開発されたとかされないとか…。なんにせよ子供車にとって「軽さ」は正義なのでいいことです!セミブロックタイヤを装備しているので毎年お店で参加する「バイクロア」ぐらいのキッズクラスのレースならこの自転車でも良さそう。

2019 GIANT ESCAPE JR24 ¥36,000(税抜)
ジュニア向け24インチバイクの定番商品。(適応身長135cm~150㎝)。「軽さ」に関しては「ARX24」に負けてしまいますが『性能』と『重量』と『価格』のバランスは1番だと思います。

2019 GIANT ALIGHT 24 ¥36,000(税抜)
スカートでも跨ぎやすいスタッガード型フレームの女の子向けジュニアクロスバイク(135cm~150cm)。去年の「ピーチ」も可愛かったですが(まだ在庫はあるようです。2018/08/30現在)この『ミント」もいい色です。

2019 GIANT XTC JR 24 ¥42,000(税抜)
ジュニア向け本格的ハードテイルバイク。(適応身長130cm~145cm)

2019 GIANT XTC JR 24+ ¥63,000(税抜)
油圧ディスクブレーキ・ファットタイヤを採用したジュニアハードテイルバイク。(適応身長130cm~145cm)お値段がジュニアバイクとしてはお高めですが、油圧ディスクブレーキにより握力の弱い子供でも軽いタッチでしっかりしたブレーキキングが可能となり、ファットタイヤで安定性も高く、また「見た目」とは違い重量も軽いです。(ESCAPEJR24と同じくらい)個人的に取扱ブランドの中の24インチジュニア車の中では一番お勧めのバイクです。
ちなみにこちらもお値段がややお安い2018モデルはまだ在庫あるようです。(2018/08/30現在)さらに今ならもうちょっとお勉強させていただきます。

2019 GIANT XTC JR 20 LITE ¥32,000(税抜)
20インチのジュニア向けMTB。(適応身長115cm~135cm)
16インチのキッズ用自転車の次の自転車として購入される方が多いサイズです。

2019 GIANT ENCHANT 24 ¥37,000(税抜)
『2019 GIANT XTC JR 24』のカラー違い(適応身長130cm~145cm)女性向け用の「Liv」ブランドカテゴリーのジュニアモデルです。

2019 GIANT ENCHANT 20 LITE ¥32,000(税抜)
『2019 GIANT XTC JR 20 LITE』のカラー違い。女性向け用の「Liv」ブランドカテゴリーですが「男の子」も好きそうなカラーです。


2019 GIANT ANIMATOR16 ¥30,000(税抜)
16インチのキッズ向け自転車(適応身長95cm~120cm)。前後vブレーキでお子様の軽い力でもしっかりとブレーキをかける事ができます。

2019 GIANT ADORE16 ¥32,000(税抜)
16インチのキッズ向け自転車(適応身長95cm~120cm)付属で付いてくるカゴが可愛いです。女の子はすごい食いついていました!

最後はE-BIKE。

2019 GIANT ESCAPE RX‐E+ ¥価格未定

実際に展示されていましたが「納期」や「価格」はまだ未定。フレーム『GIANT』ユニット『YAMAHA』バッテリー『Panasonic』製のモノを使用しているそうです。一充電での走行距離が「SPORTモード(いわゆるhighモード?)90km」「NOMALモード110km」「ecoモード140km」「eco+モード(謎?ecoモードよりも平坦時にはアシストがかなり弱い?)でなんと225km!」の走行距離になっています。10月くらいにはいろいろ詳細が知らされるようなので(大人の事情系…も(^^;))分かり次第改めてご案内したいと思います。
しかし、今年は各社E-BIKEは攻め始めてきてますね…。一般電動自転車の販売台数としてははスポーツバイクを超えるそうで…その中でまだ高額なSPORTアシスト車は全体数パーセント。はてさて数字は伸びるのか?伸びてもらわないと試乗車を用意した身としては困りますけどね(^^;)

お渡しはできませんが閲覧可能な2019モデルのカタログございます。また、WEBページが2019モデルにリニューアルされています!




まだ買ってない…

2019 MERIDA展示会 ちょっとしかないけどフルサスMTBシリーズとE-BIKE。



昨日で全部画像を載せたと思ったのですがMTBのフルサスモデルとE-BIKEの画像が少し残っていました。

2019 MERIDA ONE-SIXTY M#RIDA ¥850,000(税抜)
フレームセット ¥399,000(税抜)
メインフレームがフルカーボンのエンデューロレースバイク。これで常設コース下ったら楽しそう…。でも、こちらの自転車を購入の際にはほぼもれなく『フルフェイスヘルメット』と『各種プロテクター』とこれを積む『車』が必要になるので買えないっす…(^^;)

2019 MERIDA ONE-FORTY 900 ¥520,000(税抜)
フレームセット ¥159,000(税抜)
フロント150mmリア140mmのアルミバイク
お店で行くMTBライドで一番楽しく走れるバイクです。変速周りはSRAM GX EAGLE採用で1x12です。

2019 MERIDA ONE-FORTY 400 ¥239,000(税抜)
フレームセットは『ONE-FORTY 900』と同じフレーム(159,0000円)なのでそう考えるとかなりのお買い得モデルです。規格は前後共にBOOST規格を採用されちるので後々のアップグレードの際も規格が旧規格ということもなく安心です。

2019 MERIDA ONE-TWENTY9.9000 ¥1,100,000(税抜)
フレームセット ¥429,000(税抜)
「王滝」のようなマラソンレースや長距離のトレイルライドを走るために作られた29インチバイク。100万オーバーか…当店で売れることはないな…。
MERIDA ONE-TWENTY9.6000 ¥459,000(税抜)
カーボンメインフレーム。SRAM GX EAGLE1x12採用の完成車。
まだ、ある程度現実的な価格のバイクです(^^;)  

2019 MERIDA ONE-TWENTY9.400 ¥219,000(税抜)
上位モデルと同じ設計のアルミフレーム仕様の『ONE-TWENTY』。こちらのモデルもアルミモデルとは言えBOOST規格をしっかりと採用しています。

2019 MERIDA eONE-SIXTY 価格未定 販売時期未定
アルミフレームのフルサスE-BIKE。販売時期や価格などはまだ未定でしたが展示されていました。これ1台で上りも下りもなんでもこい!です。あとは気になるお値段ですが「まだ未定なんですよね…フラッグシップフルサスモデルよりちょっと安いくらいにはなっちゃうと思いますが…」とのことです。

2019 MERIDA eBIG.SEVEN600 ¥359,000(税抜)
こちらはアルミハードテイルE-MTB。重量もE-BIKEのクロスバイク『MIYATA CURUSE』よりも「ちょっと重い」くらいで済んでいます。ECOモードで140kmの走行距離を実現し、トレイル遊びから普段使いまで幅広く使えるバイクとなっています。

以上でMERIDA展示会で撮った写真は終了!そして、明日はGIANTの展示会。横浜遠いな…(^^;)





2019 MERIDA展示会 MTBと子供車とクロスバイクシリーズ



全モデルの写真は撮っていませんが『2019MERIDA展示会』で気になったMTBと子供車とクロスバイクで気になったモデルです。(全部のモデルではありません。)そう言えば今年のMERIDAのカラーリングは全体的に落ち着いた感じのカラーリングになってましたね。(子供車はカラフルなカラーリングでした。)

2019 MERIDA MATTSJ.24 ¥54,900(税抜)
適応身長125cm~145cmのホイールサイズ24インチの子供車。2x8の16段変速です。

2019 MERIDA MATTSJ.20 ¥48,900(税抜)
適応身長113cm~129cmのホイールサイズ20インチの子供車。2x7の14段変速です。

2019 MERIDA MATTSJ.16 ¥39,900(税抜)
適応身長101cm~109cmのホイールサイズ16インチの子供車。

2019 MERIDA MATTS.12 ¥37,900(税抜)
適応身長90cm~105cmのホイールサイズ12インチの子供車。
全体的にMERIDAの子供車はなぜかお値段設定高めです。大人用はコストパフォーマンスが高いのになぜ??(^^;)

2019 MERIDA GRANSPEED300-D ¥117,900(税抜)
『SRAM APEX1』1x11の変速を採用したスタイリッシュなフラットバーロード。ブレーキはシマノの油圧ディスクブレーキです。フロントがシングルギア(44T)ですがリアスプロケット最大ギアが42Tの『1.04』の軽いギアレシオが用意されているので街中の坂であればほぼ対処できるでしょう。タイヤは安定感のある700x32Cです。フェンダーマウントが用意されておりフルフェンダーの装着も可能です。

2019 MERIDA GRANSPEED200-D ¥94,900(税抜)
こちらはシマノ製2x9段の変速を採用したフラットバーロード。シマノ製油圧ディスクブレーキと700x32Cのタイヤが安定した制動力と走行を約束してくれます。こちらもオプションでフルフェンダーが装備でき通勤・通学にもおススメのバイクです。

2019 GRANSPEED 100-D ¥79,900(税抜)
こちらはシマノ製3x8段の変速を採用されており、キツイ上り坂があっても大丈夫な軽いギア比が用意されています。また『GRANSPEED』シリーズの末っ子ですがフレーム&フォークとブレーキはは上位モデルの『300-D』と同じものです!

2019 MERIDA BIG.NINE 9000 ¥900,000(税抜)
CF5カーボンフレームに新型XTR12速とFOXフォーク。DTSWISSカーボンホイールがアッセンブルされたXCレーシングモデル。お値段がお値段だけにこれさえ買えば買い替えるモノはない!と言うモデルですが果たして日本で何台売れているのだろう…。(^^;)

2019 MERIDA BIG.NINE TEAM ¥850,000(税抜)
フレームセット ¥269,000(税抜)
「9000」の『XX1 Eagle』バージョンといったところでしょうか。(ホイールの格差が価格差5万円ではすまないような気がしますが…)完成車の価格は「!?」と言う感じですがフレームセットの価格はフラッグシップモデルとしてはかなり良心的な価格だと思います。そう言えばカーボンフレームの「XCレースモデル」から「27.5」サイズが消えちゃった…まあ。しょうがないのかな…(^^;)

2019 MERIDA BIG.NINE7000 ¥399,000(税抜)
BOOST規格を採用したCF3カーボンフレームの完成車。フォークはFOX、コンポーネントはXTが採用されています。

2019 MERIDA BIG.NINE5000 ¥279,000(税抜)
「7000」と同じくCF3カーボンフレーム BOOST規格の完成車。フォークが懐かしのと言うかなんというか「Manitou」です。しばらく「元気のない雰囲気」がありましたが復活か??コンポーネントはXTとSLXとシマノグループ外モデルで構成されています。

2019 MERIDA BIG.NINE3000 ¥229,000(税抜)
「7000」と同じくCF3カーボンフレーム BOOST規格の完成車。「5000」と同じくフォークは「Manitou」。コンポーネントはSLXとシマノグループ外モデルで構成されています。自分で買うなら「5000」を購入するなら『3000』を購入して差額分+αでホイールをアップグレードかな…。

2019 MERIDA BIG.NINE LIMITED ¥159,900(税抜)
BOOST規格を採用したアルミフレームモデルでSLXベースの1x11コンポーネントが採用されています。ちなみに一つ下の「BIG.NINE500」と3万円の価格差がありますがフレームの規格を考えると3万円の価格差では済まないくらいの大きな差がありますのでこちらの『LIMITED』の購入を断然おススメします!

2019 MERIDA BIG.TRAIL800 ¥309,000(税抜)
この前「ふじてん」に行った結果、この手の「650b+」のバイクが非常に気になっている店長です。絶対にこの前の常設コースが楽しくなりそう。

2019 MERIDA BIG.TRAIL400 ¥159,900(税抜)
『BIG.NINE500 LIMITED』と同じくらいに考えらている1台。この価格帯の「650+」の車種だとリアホイールがクイックレリースレバータイプだったりする事がありますがこちらのモデルはちゃんとBOOST規格のスルーアクスルが採用されています。『山遊び』を楽しむためのMTBを初めて買おう!と言う方におススメしたいバイクです。