MERIDA 2019モデル展示会 REACTOシリーズ



昨日に続いて『MERIDA 2019モデル展示会』の続きです。今回はREACTOシリーズです。

2019 MERIDA REACTO  TEAM-E ¥1,300,000(税抜)
フレームセット ¥339,000(税抜)

バーレーンメリダが主力機材として使用するエアロロードバイクのフラッグシップモデル。エアロロードバイクながらも快適性と軽量化を実現しているバイクでもあります。こちらも『SCULTURA』と同じく『デュラエースDi2』に『フルクラムSPEED55C』と言う装備で買い替えるものは何もなし!と言う感じです。

2019 MERIDA REACTO  DISC TEAM-E ¥1,200,000(税抜)
フレームセット ¥369,000(税抜)
ワイヤーの取り回しがきつくなる傾向が多い「エアロロードバイク」はブレーキ・変速のフィーリングが悪くなりがちですが、この「油圧ディスクブレーキ」と「電動変速」が装備されているこちらのモデルなら『変速』『ブレーキフィーリング』はワイヤーの取り回し関係なく正確で軽い変速・ブレーキフィーリングで「ストレスフリー」で走ることが可能です。ディスクブレーキを装着しても僅か1wのドラッグしか発生しない空力性能を実現しています。そして、TEAMモデルで軽さと快適性も高いため、「平地」も「上り」も「下り」も何でもこい!!の1台と言うことです。!(^^)!

2019 MERIDA REACTO8000-E ¥750,000(税抜)
フレームセット ¥339,000(税抜)
『TEAM』モデルと同じCF4フレームの「カーボンカラー』モデル。アルテグラDi2とVisionSCホイール搭載でTEAMモデルのなんとまあ半額ぐらいのややお手頃価格?になっております。マットブラックが好きな方はこちらどうぞ!

2019 MERIDA REACTO DISC7000-E ¥520,000(税抜)
ミドルグレードのCF2カーボンフレームに『アルテグラDi2』を装備したディスクエアロロードバイク。TEAMモデルと同じく「上り」「下り」「平地」どのシュチエーションでも快適に走ることを可能にしてくれます。CF2カーボンフレームなので重量は重くなりますが、剛性もほどよくされているらしいのでロングライド志向の方にもおすすめのバイクです。

2019 MERIDA REACTO 6000 ¥449,000(税抜)
TEAMモデルと同じ『CF4カーボンフレーム」に「機械式アルテグラ」を装備したレース志向派におススメのバイク!なぜ、「SCULTURA LIMITED」と同じ感じの価格設定をしないのかは不明ですが…きっと大人の事情でしょう(^^;)


2019 MERIDA REACTO 5000 ¥289,000(税抜)
CF2カーボンフレーム(CF4フレームに比べ重量や剛性は劣るが一般ユーザーにとって適度な剛性とやや楽なポジションで乗れるジオメトリーなっています)に機械式アルテグラがアッセンブルされているモデル(ブレーキは新105) 一つ下のモデルの「4000」グレードとどちらにするかは迷うところです。(^^;)  が、個人的にはこちらのモデルの予算があるなら油圧ディスクブレーキの優位性を考えるとと『MERIDA REACTO  DISC 4000』かな~

2019 MERIDA REACTO 4000 ¥249,000(税抜)
こちらはCF2フレームに「新型105」を搭載したモデル。バーレーンメリダカラーが欲しいなら迷わずと言うかこれ!(TEAMモデルはお値段がね…(^^;))

2019 MERIDA REACTO DISC 4000 ¥289,000(税抜)
『エアロロードバイク』には油圧ディスクブレーキ!!と思っている店長としては『REACTO』シリーズで一番おススメのモデルです。「ホイール」と「クランク」を交換する楽しみもありますしね!バーレーンメリダカラーとマットブラックの2色展開です。

2019 MERIDA REACTO 400 ¥169,000(税抜)
REACTOシリーズのアルミモデル。カーボンフレーム同様の空力性能とアルミモデルならではのキビキビした走りを体感することができます。「ブレーキ」もちゃんと105が装備されています!

2019 MERIDA REACTO TRACK 500 ¥119,900(税抜)
初めてトラックバイクを購入される方におススメの1台。フロントブレーキマウントも装備されているためトラックレーサー初心者の方でも安心してトラックが走れます。(フロントしか装備できないため行動はもちろんNGです!)

以上がREACTOシリーズでした。



MERIDA 2019モデル展示会 SCULTURAシリーズ



22日(水)に『MERIDA 2019モデル』の展示会に行ってきました。シクロクロスモデルとMTBの1モデルがフルモデルチェンジした以外はほぼカラーが変わったのと為替の影響でお値段はやや上がってしまった感じがありました。(各モデルこまかなパーツ変更はあります)今回はSCULTURAシリーズで写真を撮ってきたモデルの紹介したいと思います。

2019 MERIDA SCULTURA TEAM-E 完成車¥1,300,000(税抜) フレームセット ¥319,000(税抜)
「バーレーンメリダ」が使用しているMERIDAのフラッグシップモデル。CF4カーボンフレームにコンポーネントは『デュラエースDi2」。ホイールはフルクラムSPEED40Cと買い替えるものは何もないと言うモデルです。フレームセットは相変わらずのコストパフォーマンス抜群のフレームセットでワールドツアーチームが使用している(エース級の選手は特別モデルを時々使用していますが…)モデルがこの価格で購入できるのはおそらく『MERIDA』と『GIANT』ぐらいですかね

2019 MERIDA SCULTURA DISC TEAM-E 完成車¥1,200,000(税抜) フレームセット ¥329,000(税抜)
『SCULTURA TEAM-E』シリーズのディスクロードバイク。MERIDA独自の「DISC CLOOER」によりディスクキャリパーの放熱性が「ない」状態よりも35%UPされ「長い下り」や『連続したブレーキング』でも安定した制動力を発揮してくれます。タイヤも28Cまで装着可能です。
こちらも変速周りはフルデュラDi2にホイールはDTのPRC1400DB35と「もう買い替えるものはない」と言う1台です。ちなみにホイールの価格差のせいか完成車だとDISCモデルの方が『安い』と言う事態になっています。ディスクブレーキの軽いタッチを知ってしまうと買うならキャリパーモデルはなくこちらのディスクモデルですかね。金額が恐ろしいけど(^^;)

2019 MERIDA SCULTURA 8000‐E 完成車679,000(税抜) フレームセット¥319,000(税抜)
『TEAM』モデルと同じCF4フレームの「カーボンカラー』モデル。アルテグラDi2とVisionSCホイール搭載でTEAMモデルのなんとほぼ半額!ややお手頃価格?になっております。
フレームセットの価格は「TEAM」モデルと同じです。
2019 MERIDA SCULTURA LIMITED 完成車399,000(税抜)
「TEAM」モデルと同じCF4フレーム(¥319,000税抜)に機械式アルテグラのコンポがついてなんとこの価格!今年の注目モデルの一つです。ホイールが「きっと、いいホイール持ってるか買い替えるんでしょ!」と言う感じでこの価格帯なのに「自前ホイール」を装備させています。w

2019 MERIDA SCULTURA 5000 ¥249,000(税抜)
カーボンフレームのCF2グレード(CF4フレームに比べ重量や剛性は劣るが一般ユーザーにとって適度な剛性とやや楽なポジションで乗れるジオメトリーなっています)に機械式アルテグラがアッセンブルされているモデル(ブレーキは新105)カラーリングがシルバーとホワイトと明るめのカラーリングになっています。
 
2019 MERIDA SCULTURA 4000 ¥199,000(税抜)
CF2フレームに「新型105」を搭載したモデル。今年からブレーキも「105」になっています。『バーレーンメリダカラー』がカラーラインナップに用意されているモデルでもう一色も『ブラック』なので、個人的にCF2フレームモデルは「白の5000シリーズ』に『黒の4000シリーズ』と勝手に名称を付けています。w

2019 MERIDA SCULTURA DISC4000 ¥269,000(税抜)
CF2フレームのディスクブレーキモデル。こちらもMERIDA独自のリアディスクブレーキ冷却システム「DISC CLOOER」を搭載しています。タイヤも28Cまで装着可能です。フレームカラーは上記の「黒」と『バーレーンメリダ』の2色で例によって『黒の4000』です。w
本当は「4000」だけでなく、小さめの体格の方向けの「4100」DISCモデルを新105の小さなの手の人向けレバーを採用したDISCモデルを出してほしいんですけどね。

2019 MERIDA SCULTURA 4100 ¥199,000(税抜)
「SCULTURA4000」をベースに小柄な体格の人向けに専用設計されたモデル。「410」と「380」の2サイズが用意されています。こちらのモデル「380」サイズでもシートチューブ状にボトルケージ用の穴が用意されていてボトルケージを二つ装備できるんです。(なかなか小さいフレームサイズだと台座がダウンチューブ側しかないため)
カラーは「マットレッド」と『ダークシルバー(シルバーには見えませんが…(^^;))』の2色展開です。

2019 MERIDA SCULTURA 700 ¥179,000(税抜)
カーボンフレームに匹敵する軽量アルミフレームモデル。(「400」の上位モデルになります。)コンポーネントはオール新型105(クランク・ブレーキも!)がアッセンブルされています。「きびきび」とした乗車フィーリングを求めるのであればカーボンモデルではなくこちらのモデルと言う選択肢もアリかと!
 
2019 MERIDA SCULTURA 400 ¥149,000(税抜)
アルミフレームに新型105が装備された主力商品。おそらく初めてロードバイクを購入される方の候補の一つに上がるモデルではないでしょうか。今年からブレーキも新型105(去年モデルはシマノR561)が装備されています。
そしえ、おそらく悩むのが同じアルミモデルの『 SCULTURA400』と『 SCULTURA700』の約3万円の価格差…同じアルミフレームに105コンポーネントなのになぜ??と言う事になると思いますが、ざっくり言うと『フレーム』『ホイール』「クラン ク」は「 SCULTURA700」の方が上位のモデルを使用しています。そして、それらのパーツを改めて買い替えようと思うと「3万円」以上の費用は発生してしまうため、購入資金的に予算内であるのならば同じアルミフレーム+105コンポモデルであったとしても「 SCULTURA700」の方がおススメです!もちろん、こちらの「400」もコストパフォーマンスに優れた1台なんですけどね。

2019 MERIDA SCULTURA DISC 400 ¥199,900(税抜)
アルミフレームのディスクブレーキモデル。カタログスペック表を見ると「400」と書いてあるのですがフレームのベースは「700」ぽいんですよね…今度営業さんに聞いてみよう。
そして、この価格帯はカーボンフレーム+105リムブレーキモデルと価格がほぼ同じのため、どちらを購入するか悩みどころではあります。個人的には新しくモデルチェンジしたリムブレーキでも十分な制動力はあると思いますが、レバータッチの軽さとかを考えるとカーボンフレームの良さよりもこちらのモデルのディスクブレーキのレバータッチと確かな制動力を選ぶかな…。

2019 MERIDA SCULTURA  410 ¥149,900(税抜)
小柄な体格の方向けに専用設計されたアルミフレームのロードバイク。専用オフセットフォークは小回りやタイトコーナーの際に前輪とシューズが干渉しにくい設計になっています。(SCULTURA DISC 4100も同じ) アルミモデルの「380」サイズは残念ながらボトルケージはダウンチューブのみです…(>_<)
先々を考えると「4100」を買ってね!ということなんでしょうか?(^^;)

2019 MERIDA SCULTURA  200 ¥129,900(税抜)
メンテナンスがお手軽なメカニカルディスクブレーキを搭載したアルミディスクブレーキモデル。ブレーキマウント方式もちゃんとフラットマウントです。フロントフォークの取付方式は100x12スルーアクスルですがリアがクイックのため購入後のパーツ交換によるアップグレード等を考えるのであれば「400DISC」や『SILEX200』の方がおススメです。

2019 MERIDA SCULTURA  100
エントリーアルミロードバイク。カーボンフォークのコラムがアルミではなくカーボンだったりとエントリーモデルのわりにはなかなか侮れないモデルです。最初の1台に最適です!

と言うのが2019モデルの『SCULTURA』シリーズとなっております。完全版(写真が間違ってたりしてる…(^^;))ではありませんが閲覧できるカタログがございますので気になる方はお気軽にお問合せください。




うーん。すごい…(^^;)


久々に「通販持ち込み系」でびっくり出来事…。受け付けたご依頼は別の内容だったんですけどね…「某車メーカー』恐るべし…(^^;)




一年半ぶりの新刊。内容もよく待っていたかいがありました。復活してよかったよかった…。

粉砕…( ;∀;)


落車したわけではありませんのでご安心を
強風で道路に転がっていったと思ったら車にベッシャ!と踏まれてしまいました。
まあ、今年で三年目なのでそろそろ買い替えの時期ではあるものの…なんだか悲しい最後となりました。
自転車用ヘルメットは大変『軽い』です。皆さんも強風の日は気を付けましょうね…( ;∀;)




今度は「ガルパン」らしいよ。


ESR-magnesia ANZIO Girl’S High School MODEL ¥168,000(税抜)

この二日間は上野で昆虫展を見て、話題の「シンカリオン 31話」の再放送をしっかりと録画しこどもと一緒に楽しんでいた店長です。(笑) 一回、Amazonプライム版で見ていたのですが、TV放送分は変形シーン等のBGMに「おおお!違う。まんまアレだ!w」と思っていたらなぜか小学生の長女も反応して「いや、お前何で知ってんだよ…」状態でした。(アニメもコミックも見せてないのに…w)
さて、話は変わって、こちらの作品は見ていないのでさっぱりわかりませんが販売されるそうです!


SORAコンポでこの価格は『…?』な感じですが…(^^;) カタログ数部ございますのでお気軽にお声かけください。m(_ _)m




miyata RIDEGE-RUNNER E-BIKE 試乗車20日くらいまであります。

miyata RIDEGE-RUNNER 標準希望小売価格¥369,000(税抜)

「ミヤタサイクル」さんからMTB E-BIKEお借りました。サイズは430です。20日までお借りすることができていますので、クロスバイクの『CRUISE』と乗り比べる事も可能です!気になる方はこの機会にぜひ!
もちろん、19日の『1日MTBサイクリング』は持っていきますよ!営業さんの話によると『ゲレンデ直登が楽勝!』と言う事なので皆さん交代で体験しましょう!(^^)!




イメージ的には間違っていない気もするが…間違っている!w

お取り寄せした『DMR』の『 LACON SIGNATURE PEDAL』。素敵なカラーのペダルでカいい感じなのですが。さらにスペシャルなパッケージがまた素敵…。


拡大すると…

と言うフラットペダルの『新しい使い方。(笑)』が提示されていました。(^^;)
と言うどうでもいい話なんですけどね…。

『脛ヒット』したら確実に脛がヤラレル…。(>_<)




ブラケットカバーのベタベタが気になる方。


デュアルコントロールレバーのブラケット交換の作業。昨日、初めて自転車業界の常識と言われている「マルチフォーミングクリナー」をレバー部分に吹きかけてからのブラケットカバーの交換作業と言うモノをしてみました。いや…これは…あまりにも簡単に交換できる!なぜ今までこの方法をしていなかったんだ!これならいくらでも交換してやるぜ!!と後悔してます。w
ある程度使用しているブラケットカバーは「暑~い夏」になるとよりベタベタに…シマノ純正品であれば工賃入れても¥1500~2000円くらいで交換可能です。ベタベタが気になる方はお気軽にご相談ください。m(_ _)m