『風が吹いて桶屋が…』ではなく『雹が降って自転車屋が…』も多少はあるようです…(^^;)


先週の話題の『雹』。お客様に『雹特需何かあったんじゃない?』と聞かれて、『いや~ないですよ~』なんて言っていたのですが。1週間たってみると少しはありました。
一つは『タイヤ交換』。どうやら雹に折れた『木の枝』等がタイヤに突き刺さりバースト…タイヤ交換に。
二つ目は

なんと、運悪く電装アシスト車のスイッチに『雹』が直撃し破損… ちなみに我が家はエアコンの室外機に数か所穴があきました。(^^;)
そして、最後はこちら

自転車用雨カバー!。これはどうやらビニールの劣化により固くなっていたサイクルカバーが『雹』の直撃により穴だらけになるという事例が多数出ていた模様です。当店に探し求めてきたお客様によると一部地域の自転車屋さんで『サイクルカバー』の品切れ続出!と言う状態だったそうです。w まあ、お店もそんなに在庫がある商品ではないですしね。

『自転車、自転車パーツ』って『天候、気候』によっての影響が大きい商品なのですが、まさか『雹』でも売上に変化がおきるんだなあ~…と感じた日でした。

そして、まさかの…価格に…。自転車屋がこんな風に書くのもあれですが…ある程度までいったら、変に『パーツ』をアップグレードするよりはこれで毎日体のケアをしていた方がたぶんタイムは良くなるような気が…w




地味に良心的…


こそっと取扱をしている『華やかさ』はないものの『しっかりとした作り』と『日本での組立』と地味におススメなドイツメーカーさん。
先日、久しぶりに注文が入って組立ていると地味に良心的な事を発見。こちらの自転車『105』の完成車なのですが2017年度モデルなのにもかかわらずフロントディーレーラーが最近モデルチェンジされた新型105フロントディレーラーで組付けされていました。この辺はさすが日本組立のため対応なんですかね。あと、サイズが42だったのですがちゃんとシマノの『105クランク』でしかも『クランク長165mm』が装着されていたり(他社の場合サードパーティだったりします。)とこちらも良心的な設定です。
しかも、現在サマーセール?と称して105完成車 ¥164,000+税が『TIAGRAの価¥138,000+税で購入可能です。気になる方はぜひ店頭にてお問い合わせください!




『フリー』が本当に『フリー』になっちゃう前に…


先日、『クランクをどんなに漕いでもギアがクルクル回って動きません…』と言う修理を受けました。カンパホイールで(記憶が曖昧なのでフルクラムかもしれませんが…(^^;))なんとなく症状的に検討がついたためホイール部のフリーを分解してい見ると予想どおり、フリーを駆動さる『爪』を起こすための『pawl spring』が折れていました。

こんな感じで真ん中からポッキリ…。このスプリングが折れているとリアのホイールを駆動させる事ができないため漕いでも漕いでも進みません。(ローラー台無負荷のインナーxロー的な)
近所であればいいですが、ロングライドの途中や峠の途中でこの状態になった日にはロードサービスを呼ぶか上りと平地は『押し』、下りのみ『自転車にまたがる』と言ういつになったら帰れるの状態になってしまいます。(実際にMTBサイクリング中に起きた事ありました。里山トレイルだったため距離は短くそこまで酷いことにはなりませんでした。)

新品に帰れば元通り!カンパ、フルクラムホイールユーザーの方で1~3年に一度オーバーホールやハブのグリースアップをされる方はついでに交換することをお勧めします。(ゴリゴリ乗る方は1年経ったら交換しましょう。)




そろそそ『暑気払い』の季節ですね。飲んでおくと翌日がかなり楽です!

『GARMIN Vector カートリッジKit Shimano PD-6800 』を取り付けてみた。


最近販売された『GARMIN Vector カートリッジKit Shimano PD-6800』を自分のVectorに取り付けてみました。(やはり、シマノペダルユーザーが圧倒的に多いので…(^^;))
交換手順はメディアの記事にも書かれていた通り簡単でした。

まずは

パッケージに付属されている専用工具とモンキレンチを使いVector本体からシャフトを抜き取ります。この際に左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため緩める方向に気を付けましょう。また、専用工具は樹脂でできているため『工具』がなめやすいです。モンキーレンチで工具を壊さないように気を付けましょう。(自信のない方は素直にショップに頼みましょう。)

次に


8mmと15mmのスパナを使ってVector用のカートリッジ(銀色のパーツ)を取り外します。


シャフトのみにした後はこちらもパッケージに付属されている『ワッシャーセット』の新品に交換をしておきましょう。

そして、ここからが本題。


PD-6800用のカートリッジに交換します。こちらも右ペダル用カートリッジ(ミゾなし)左ペダル用カートリッジ(ミゾあり)がありますので要注意です。



取り外すときの逆の手順で取り付けます。(8mmレンチと15mmレンチを使用)この時の8mmナットの締め付けトルクは7n-mです。
これでシャフト部の交換作業は完了です。

次に


PD-6800のシャフトを17mmのスパナを使って取り外します。こちらも左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため緩める方向に気を付けましょう。
シャフトを取り外したら6800用にしたVectorシャフトを取り付けます。


専用工具とモンキーレンチを使って取り付けます。締め付けトルクは10n-mです。
この時も左ペダルが正ネジ、右ペダルが逆ネジのため締める方向に気を付けましょう。また、専用工具は樹脂でできているため工具が『なめやすい』です。モンキーレンチで工具を壊さないように気を付けましょう。(乗車中にペダルが取れると大変です。自信のない方は素直にショップに頼みましょう。)

一般家庭にはないと思いますが…バイスを使うと作業はかなり楽でした。(^^;)


あとはクランクに取りければ終了!


まあ、こちらのパーツが出たからと言ってVectorユーザーが増えるとは思えませんし、なぜこの時期に『PD-R8000 』ではなく『PD-6800』なんだよ!とツッコミは多数あるでしょうが(案外使えたりして…(^^;))、Vectorユーザーからするとこれでやっと他のユーザーへ自転車やペダルの貸し出しがしやすくなり、何よりもクリートがかなり手に入りやすくなるメリットもあります。
ちなみにシマノさんは『PD-6800』の在庫はまだありますが、問屋さんによっては取扱終了しているところもありますのでご注意を。まあ、一番いい方法としては仲間から『使わなくなった6800ペダル』を譲り受け交換するのがいいのかもね…w




夏アニメ。

夏はいつ走る…


まだ『梅雨明け』していませんが、連日のように気温30℃超えの『暑い日』が続いております。(^^;)
そんな日中に自転車で外を走るのは『辛い』…しかも『熱中症』の危険性も…そんな時は『走る時間』等を工夫していくらかマシ?な状況で自転車に乗ってみるのもいかがでしょうか?

1.早朝 私は基本これです。AM5時くらいから走り始めると比較的涼しいです。日曜の朝サイクリングからの印象では荒サイを昼間走るならせめて10時くらいには切り上げた方がいいと思います。どうしても日中走られる場合は春に比べて乗る時間を短くし、『日焼け止め』『水分補給』は欠かさずに行いましょう。

2.夜 こちらも昼間よりはマシです。『虫ヨケ対策』や『前照灯等の強力ライト』『反射素材装備』の対策は万全に!

3.電車または車で涼しい場所へ移動。そこで自転車に乗る。 『レジャー』としては一番正しい方法のような気がします。ちょっと費用は掛かりますが新幹線を使えば約1時間で『軽井沢』、1時間10分ほどで『那須』に行けます。電車の場合、帰りは電車の中でビールを飲みながら帰れるというメリットも…w
高原以外であっても奥多摩や秩父で山の『川沿い』(荒サイも川沿いですけどね…(^^;))や林の中の走るとけっこう涼しいですよ!

4.自宅  エアコン設定20度くらい&扇風機でローラー台です… 『節電』完全無視で走っていても全然おもしろくないですが『快適』かでいえばこちらが一番快適でお手軽かも…

こんな感じで『暑い日々』を乗り越えていただければと思います。




最新刊は来月

アルテグラ R8000 スプロケの重量。

ついに『34T』まで用意されたスプロケ(34TはR8000シリーズ外商品ですが。)こんな感じだそうです。
当たり前ですがワイドレシオの方が重いです。(^^;)


11-28T  246g


11-30T 270.5g


11-32T 281g


11-34T 339g やはり重い…w

まあ、『重量』も重要ですが『踏めるギア比』も重要かと…(^^;)




T-falのフライパン買い損ねた…(;_;)

西濃運輸の『シンプル輪行箱』が思ったよりも良さそう。


西濃運輸『シンプル輪行箱』 ¥2700(税込)
※購入は直接西濃運輸さんからの購入となります。当店では取り扱いはございません。w

世の中のスポーツ自転車店さんにはどうや『R8000 アルテグラ』が大量入荷しているらしい…ですが全然関係ない、しかも取扱商品でもない『西濃運輸』さんが販売している『シンプル輪行箱』の話。(^^;)
さて、こちらの『輪行箱』。まず折りたたまれた状態で配送されてきます。大きさ的には『子乗せ自転車』ぐらいの長さですからそこそこの大きさがあります。箱を梱包している緩衝材は配送の際に自転車の緩衝材として再利用可能です。


中には梱包と結束バンドの説明書。結束バンド、中敷きの段ボールが一枚入っています。
梱包方法は簡単!


前輪外して、シートポストを抜き、ハンドルを横に切ればハイ終了!
※写真撮影のため緩衝材を使用していませんが、実際は各部にプチプチを巻いています。
また、フロントフォークのエンド部分には


フォークエンドのキャップを使用することをおススメします。
そんな感じであっという間に梱包完了!

シートポストを抜かなければいけないため『インテグレーテッドシートポスト』の自転車は使用できませんが、慣れている方なら5分もせずに梱包完了と言うなかなか優れた『輪行箱』。折りたためば一応収納することもできる?ため2~3回くらいは問題なく使用できそうです。これで2700円なら『現地での箱の保管方法が大丈夫であれば、飛行機輪行や配送用にとソフトシェルタイプの輪行袋を購入するぐらいならこちらを購入した方が安心感的にもコスパ的にもいいかも…』と思ってしまった店長でした。




そう言えば…


どうでもいい話シリーズ。
最近、『自転車用ズボンクリップ』いわゆる『スソ止め』がまったく売れてない…。以前もそんなに売れていないものの、商品を聞かれることはそれなりにありました。がここ2年くらい『聞かれる』ことすらないような。

当店で『スソ止め』買う方の層が少ないと言う話もありますがどうしてなんですかね…最近の自転車用ズボンは『裾』部分を調整できる機能がほとんどついたから?『7分丈』とか『短パン』等自転車用ズボンの種類が増えたから?はたまた『ジャージ』でスポーツバイクに乗る人の数が一昔前に比べるとかなり増えたのから?謎…と言うか不思議だな…Oさんにも聞いてみよう。(^^;)




ついに買ってしまいましたが本当に面白かった…。おススメ格闘?マンガです。w バキの『地下格闘トーナメント編』の時なみにワクワクします!『クズリ』怖え…