スプロケットが固くて取り外せない時。工具の取付位置を確認してみましょう。

『「スプロケット」を交換しようと思ったら固くてとれな~い』と言う事ありますよね。そんな時。『スプロケット外し工具』の使い方(取付位置)によって外しづらくなっていることがあります。一度、下記のポイントを確認してみてください。大まかに気を付けて頂きたい点は二つ。

1 スプロケット外し工具(チェーンが付いているモノ)の取付位置
チェーンが付いている取外工具の『スプロケットへの取付位置』によって取り外しやすさはけっこう変わります。

取り外しにくいチェーンのかけ方

歯数の小さいギア(トップ側)にチェーンをかけてしまうと、『ロックリング』を緩める際に一緒に回ってしまう『スプロケット』を抑える力が弱くなってしまいます(またはチェーンが上手くギアかみ合わずに工具がスリップしてしまう。)


このため、歯数の大きいギア(ロー側)にチェーンをかけるようにしましょう。このようにするとしっかりとスプロケットの供回りを抑えることができます。

2.スプロケット外し工具の取付位置2


こちらは悪い例。「スプロケット外し工具」をこのような位置で取り付けると「スプロケット外し工具」に『力』が伝わりにくいため『ロックリング』を緩めようとしてもなかなか緩める事ができません。


こちらが正解。このように取り付けると『ロックリング』に力が伝わりやすく『ロックリング』を緩めやすくなります。

以上の内容は『スプロケット』を外す際の基礎です。スプロケット交換作業の際に『うーん。スプロケットが外れない!』と言う時は一度、工具の位置を確認してみてください。




ついでにスプロケット交換のついでに洗浄するならこちらがおススメ!

コメントは受け付けていません。