2018 MERIDA REACTO シリーズ

今回もカタログ見ながらの感想です。 そんなわけでREACTOシリーズをここでサクッとおっかけたいと思います。ちなみに…展示会で店長は話題のREACTOシリーズの写真をあまり撮っていなかった…(^^;)

2018 MERIDA REACTO TEAM-E 完成車¥1,100,000(税抜) フレームセット ¥339,000(税抜)
2018 MERIDA REACTO DISC TEAM 完成車¥1,200,000(税込)

今年、フルモデルチェンジされた2018年度の注目モデルです。言わずと知れたバーレンメリダのメインバイク。選手の好みもあるのでしょうが『山岳ステージ』でもこちらのバイクを使用している選手も多いようです。(6.8kg縛りがあるならエアロフレームの方がメリットあるでしょうし…)
くわしい、インプレッション記事はシクロワイアードさんをご参照ください。 どうもこれ1台万事OKのようです。(^◇^)
こちらもキャリパーブレーキとDISCブレーキ両方ありますが、個人的にどちらを選ぶと言う事になれば『SCULTURA』と同じく『UCI規定に準ずるレースに出場することがない』のであるならばやはりいろんな面で楽な『DISC』ですね。


2018 MERIDA REACTO 8000-E 完成車 ¥750,000(税抜) フレーム ¥329,000(税抜)

こちらのモデルも『SCULTURA 8000-E』同様、『Reacto CF4フレーム』のどんなパーツにでもほとんど合う『マットブラック』バージョンです。完成車は『R8000系アルテグラDi2』のコンポに『Vision Metron 55 clincher』ホイールが装備されています。
TEAMカラーはちょっと…と言う方はアルテグラにはなっちゃいますが(十分なスペックですが…(^^;))こちらのモデルいかがですか??


2018 MERIDA REACTO DISC 7000-E ¥499,000(税抜)

写真なし! カタログの写真です。(^^;)  アルテグラDi2&油圧ディスクの完成車がこっ…この価格!?と思ったらフレームは『CF2』グレードのモデル。とは言え。こちらも『SCULTURA』と同じように『CF2』グレードのフレームの方がハイエンドの『CF4』のフレームに比べ、ハンドル高は高く、ハンドルまでの距離もちょっと短く設定されているため、競技志向でない方にとってはCF4に比べて楽なポジションは出しやすいのではないでしょうか。
身体の柔軟性等に自信のない方は『TEAM』よりもこちらのモデルの方が『身体』にも『お財布』にも優しいかもしれません。(ホイールは変えたいけど…(^^;))
もちろん、CF2グレードとは言えCF4と同じくディスクブレーキの放熱性能をあげる『DISC COOLER』は搭載されています。


2018 MERIDA REACTO 6000 ¥449,000(税抜)

こちらも展示会の写真なし…。 こちらは『TEAM』と同じ『CF4』フレームにコンポは全て機械式新型アルテグラが搭載されています。決戦用ホイールをすでにお持ちであれば(11速対応)あればこれ1台でもう買うモノなし!なモデルではないでしょうか。あとは好みでハンドルとサドルとステムを交換するだけですかね。(^◇^)

  
2018 MERIDA REACTO 5000 ¥289,000(税抜)


2018 MERIDA REACTO 4000 ¥249,000(税抜)
※上記のカラー以外に『バーレンメリダカラー』があります。

おそらく、ユーザーが一番迷うであろうこちらの『REACTO5000』と『REACTO4000』。もちろんフレームは同じ『REACTO CF2』、クランクも同じ『FSA Gossmaer PRO 』で、ブレーキも同じ『105 direct』、スプロケも同じ『105』、装備されているホイールも同じ『MERIDAオリジナル』と価格の違いは『変速レバー』、『Fメカ』、『Rメカ』が『Ultegra』か『105』の違いです。そこの税抜4万円の差をどう考えるか…と言う二つのモデル。どちらを選ぶか難しい問題です。まあ、カラーの違いがもちろんありますのでそれだけではありませんが。(^^;)
あと、この『4000』と『5000』のみ『44サイズ』があり、メーカー参考値ではありますが160cm前後の身長の方でも乗れるサイズが用意されています。
個人的には初めての1台なら『4000』で差額分は自転車の付属品の予算に!2台目なら『5000』でおいおい『クランク』や『ブレーキ』を『Ultegra』か…
もしくは…


2018 MERIDA REACTO DISC 4000 ¥289,000(税抜)

またしても、展示会画像なしですが 『5000』ではなくこちらの『DISCモデル』を選択するのもアリかと!
フレームは『7000-E』と同じ『CF2 disc』。基本コンポーネントが『105』となっております。これで、リアメカがGSで『11-32T』とかが装備されていたりすると『エアロなグランフォンドバイク』と言うか『高速ツーリングバイク』と言うか…なんか面白そうなんバイクになりそうなんですけどね。なかなかそう言うセレクトははしないですよね。(^^;)


2018 MERIDA  REACTO400 ¥159,000(税抜)

『REACTO』のコンセプトを体験できる入門用アルミモデル。過去、お客様で他社のカーボンバイクからこちらの『REACTO 400』に乗り換えられた方がいらっしゃるのですがこちらの方が『きびきびとよく走る!』『思ったより振動吸収性もいい!』と元のカーボンバイクよりも気に入っていただけました。




待ちに待った『シーズン2!』

2018 MEIRDA SCULTURA シリーズ 

前回。画像をベタベタ張り付けただけだったので、個々のモデルをカタログ見ながら想像してみました。(展示会の時間がギリギリだったので説明を聞く余裕なし。(^^;))
まずは

写真上 2018 MERIDA SCULTURA TEAM-E完成車  ¥1,100,000(税抜) フレームセット ¥299,000(税抜)
写真下 2018 MERIDA SCULTURA DISC TEAM-E ¥1,200,000(税抜) フレームセット ¥329,000(税抜)

言わずと知れた『SCULTURA』のフラッグシップモデル。パッと見。去年とブレーキの位置しか変わらないじゃん!と思っちゃいますが…カーボンレイアップの見直しにより『CF4』グレードのフレームでフレーム重量が800gを下回りました。このため、昨年あった超軽量フレームのCF5グレードがなくなりました。(必要ないと言うわけですね。)
と言うと『軽量!』と言う点にばかり注目がいきがちですが、なによりも『SCULTURA』のいいところはクセがなく安定感のあるハンドリングと乗り心地もよく誰が乗っても乗りやすい!と言うところ。過去のモデルにはなってしまいますが1世代前の『SCULTURA』に乗った人全員(私を含め)が今は違うフレームに乗ってはいるものの『うーん、機会があったらまた乗りなおしたい…』と思うくらい『いい印象』があるフレームなのです。ちなみにノーマルとDISCどちらがおススメですかと聞かれたら、『UCI規定に準ずるレースに出ない』のであれば確実に安定した制動力&28Cまで対応できる『DISC』です!


2018 MERIDA SCULTURA 8000-E 完成車¥659,000(税抜) フレームセット ¥289,000(税抜)

TEAM仕様と同じフレームなのですが、カラーリングがなんにでもあう『マットブラック』になっています。完成車モデルは『8000系アルテグラDi2』コンポに『Fulcrum Quattro Carbon40』が装備されているモデルです。
『チームカラーがかっちょええ!』と言う感じでないなら、こちらのモデルのフレーム売りの方が若干お買い得な価格設定になっています。


2018 MERIDA SCULTURA 6000 ¥379,000(税抜)

CF4フレームにR8000機械式アルテグラが装備されている完成車。ある程度のいいホイールをすでに所持しているなら『これ買っちゃえばほぼ終了!もう買うものはほとんどありません!』と言う感じです。個人的に買うならこちらのモデルですかね。(リアメカGSにして、チェーンとスプロケ交換はしたいけど…)


2018 MERIDA SCULTURA 5000 ¥239,000(税抜)

『CF2』カーボンフレーム、R8000アルテグラ搭載の完成車。ハイエンドの『CF4フレーム』と比べ『STACK』が高く(ハンドルが位置が高く)と『REACH』は短め(ハンドルまでの距離が短め)になっているので、CF4に比べ楽な乗車姿勢をだしやすいです。『初めてカーボンロードバイクを買おう!』と考えている方には『CF4フレーム』よりはこちらの方がポジションは出しやすいと思われます。


2018 MERIDA SCULTURA 4000 ¥199,000(税抜)

こちらは『CF2フレーム』に『105コンポ』装備のモデル。メーカーとしても戦略モデルとして用意しているだけの事はあって『カーボンロードバイクを買おう!』と言う方は候補の一番に挙がるモデルではないでしょうか。ブレーキもちゃんと『shimano製』のブレーキが装備されています。クランクがFSAなのは価格的にショウガナカナ…


2018 MERIDA SCULTURA  DISC 4000 ¥239,000(税抜)
『CF2フレーム』のディスクブレーキモデル。今年あたりのモデルから『ロードディス
クブレーキの規格や設計もある程度の落ち着いてきたような気がします。これは2018年モデルはもしかすると『本当のディスクロード元年』になるかもしれませんね。
リアブレーキには上位モデルと同じCNC切削の放熱フィンが装備されいて、長い下りや連続した原則でも安定したブレーキ性能を発揮しているくれます。また、28Cのタイヤの装備も可能でちょっとしたフラットダートなら路面を気にせず走れそう。
カラーは写真のBK以外にバーレンメリダカラーがあります。




2018 MERIDA SCULTURA 4100 ¥199,000(税抜)

2018モデルからやっと『SCULTURA 4000』をベースに小柄な体格の方向けに開発されたカーボンフレームモデルがラインナップされました。基本的なコンセプト、ジオメトリーは昨年にもあった『SCULTURA 410』とほぼ同じです。一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となってます。
小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
(アルミモデルですがほぼ同じジオメトリーの『SCULTURA410』の試乗車ございます。)



2018 MERIDA SCULTURA 700 ¥169,900(税抜)

去年も書きましたがいまいち日が当たらないモデルです。(^^;) とは言え、個人的には初めてロードを購入される方に一番おススメのモデルです。振動吸収性はカーボンモデルにはやや劣りますがカーボンフレームに迫る軽量設計(同サイズだと400~500gぐらいしか変わらないそうな…また、勘違いしがちですが同じアルミフレームでも『SCULTURA 400』とは違うフレームです!)とアルミフレーム独特のきびきびした走りはカーボンモデルと違った楽しみが味わえます。なにより、初心者の方にとってはカーボンフレームよりはアルミフレームの方が精神的に扱いやすいというのもありますしね。
こちらもシルバー以外にバーレンメリダカラーがラインナップされています。


2018 MERIDA SCULTURA DISC 700 ¥209,000(税抜)

こちらはアルミフレームのDISCモデル。こちらも上記の『700』と同等にカーボンフレームはちょっと…と言う感じの方におススメの1台。クランクも『5800』が装備されていたりと地味に玄人受けするスペックとなっております。
こちらもバーレンメリダカラーがあります。


2018 MERIDA SCULTURA  400 ¥139,000(税抜)

おそらく、初めてのロードバイクを購入の候補にあがるモデル。当店でも何台も販売しているアルミフレーム、105コンポの安心しておススメできる1台です。ホイールさえ変えてしまえばカーボンモデルと遜色ない走りをしてくれます。そして、なによりお店的にはうれしい『BB』が『ねじ切り』です。


2018 MERIDA SCULTURA  410 ¥139,000(税抜)

昨年から展開している『SCULTURA  400』の小柄な人向けのモデル。こちらも『4100』同様に一番小さい38サイズは身長145cmから対応可能となっております。小柄な人向けように『70mmのショートステム』『380mmのハンドルバー』『165mmクランク』が標準装備されちるだけでなく、小さめのフレームの問題点でもある『小回り時』や『タイトなコーナリング』の際に前輪がシューズに干渉すると現象も専用オフセットフォークにより起こりにくくなっています。
※2017年モデルですが同モデルの38サイズの試乗車ございます。気になる方はお気軽に試乗してみてください。


2018 MERIDA SCULTURA  100 ¥93,900(税抜)

実は『400』とこの『100』の間に『SCULTURA  DISC 200』と言うモデルがあるのですが完全に忘れてました…(^^;) ただ、ディスクブレーキの規格が『ポストマウント規格』でリアホイールの規格が『135mmx9mmクイック規格』とこれから標準となるであろうロードディスクの規格ではないため(苦労話はこちら…w)ディスクロードが欲しいのならばやはり『700DISC』を購入した方があとあと大変なことにはならないのかな…と思います。
さて、こちらの『100』ですが、フレームは『400』と同じでコンポーネントを『SORA』にした事とホイールをグレードダウンしたことにより価格を下げています。とは言えロードバイクの軽快さを楽しむ事は出来ますので10万円のご予算で選ぶロードバイクとしては最適の1台となっています。

以上が『MERIDA 2018モデルSCULTURAシリーズ』をカタログ見ながらのご紹介です。とりあえず、どのモデルも本当にクセなく乗れて楽しめる1台です!




まだ、買っていない…

毎年予約で完売してしまう、2018 GIANT早期モデルの『TCR ADVANCED PRO TEAM』がリリースされますよ。


2018 TCR ADVANCED PRO TEAM チームカラーモデル ¥350,000円(税抜)

毎年、ほぼ予約完売になってしまう『TCR ADVANCED PRO TEAM チームカラーモデル』が今年は新型アルテグラ『R8000』装備でお値段が昨年より1万円UPで販売されます。なんども書きますが例年ほぼ予約完売になってしまいます。『このカラーが欲しい!』または『早く新型アルテグラの完成車が欲しい!』と言う方。即予約しに行きましょう!(ちなみに『焦らない、焦らない、一休み…一休み…』と言う方はカラーリングはまだわかりませんが『通常モデル』がたぶん1万円くらいお安い価格で通常ラインナップで販売されると思います。来月の展示会まで発表を待ちましょう…w)
今のところの納期がXSサイズが7月下旬。その他サイズが8月中旬(お盆明け??)となっております。もちろん、当店でもご予約可能です!ご予約お待ちしております。
m(_ _)m

あと、LIVモデルの『BRAVA SLR』が

2018 BRAVA SLR ¥210,000(税抜)

がフォークが『OVERDRIVE 2』にフォーク剛性アップ!(これで武田選手はフォークを交換しなくても済む??)あと、コンポーネントが『チェーン落ち』しにくい『SRAM 』に変更されました。(APEX 1x11)
納期ですがXSサイズが7月下旬 Sサイズが10月上旬なっております。
うーん。身長の低い店長としては TCXシリーズよりもこっちのXSが欲しいかも…まあ、参加回数から言うとまったく必要ないんですけどね…(^^;)

その他の早期モデル(『TCR SLR』 『TCX ADVANCED PRO』『TCX SLR』 )に関しては詳しくはこちら




ライトウェイ展示会。

昨日は国際展示場付近でカンパさんのセミナーからの新木場でライトウェイ展示会のダブルヘッダー。
今回もあまり画像は撮っていないのですが…

とりあえず、戦略モデルであろう

『2018 FELT FR5 ¥248,000(税抜)』

R8000新型アルテグラが搭載されている『2018 FELT FR3 ¥328,000(税抜)』


通常のキャリパーブレーキモデルの『2018 FELT FR30 ¥178,000(税抜)』

と写真を撮ったはいいがモデル名がわからない…(^^;)

カタログとカラーリングが微妙に違うのですがコンポから判断すると『2018 FELT VR6 ¥268,000(税込)』 かな??

あと、個人的に気になった実物を確認することができました。

VRシリーズ専用泥除け。シートチューブに使用する専用台座も付属されるそうです。
VRシリーズはグレードの差はあれ全てディスクモデルでタイヤも35mmまで
なら余裕で対応できるそうです。こうなってくるとエンデュランスロードとグラベルロードの違いもないあるような…ないよな…

次にパーツ系で注目を集めていたのが

チャイルドトレーラーが並んでいました。双子用もあります!

そんな感じの展示会でした。m(_ _)m




どん! 最近ではメジャーだよね…

PD-R8000の画像

ネタなしですのでOさんから頂いた画像データでお茶を濁します…(^^;)
そんなわけで『PD-R8000』!

ちなみに前モデルの『PD-6800』と比べると…(左が6800、右がR8000です。)

PD-6800

PD-R8000

ちょっと軽くなりました。w

ちなみに調べたところ…『メーカー在庫あり』でした!!そんなわけで気になったみなさま!当店でもお取り寄せ可能です。(^^;)(+4mmも今のところは在庫ありです。) ご注文お待ちしております!

そう言えば…

RD-9100交換時に必須の『OT-RS900』。ワイヤー交換で1本必要だったのですが10本セット販売しかない…。消費するのにあと何年かかる事やら…(^^;)




読んではいないがなんだかおもしろそう…

2017 ORBEA AVANT HYDRO クラリス ドロップハンドルバージョン


ORBEA AVANT HYDRO クラリス ドロップハンドルバージョン サイズ:47 ¥99,000+税 

当店では大変珍しい自転車本体のご紹介です! こちらの『ORBEA アヴァンハイドロ クラリスモデル』は通常だと『フラットハンドルバー仕様』のみの展開なのですが、お店在庫のSTIレバーとハンドル、ステムは私物を使用し普通のロードバイク仕様に変更しました!と言うことでドロップ化されていても…

フラットバーモデルとお値段そのまま!!

ちょっと注意点としては『サイズ47』と書かれていますが、設計思想により実際のシートチューブ長が『410mm』です。このためボトルケージは一つのみとなっております。
ちなみにトップチューブ長(ホリゾンタル)は『516mm』と『410mm』のフレームサイズにしては長めのように見えますが、リーチは『363mm』ですので一般的な『フレームサイズ410mm』と同じくらいのリーチの距離には設定されています。
クランクはフラットバーモデルからの流用のトリプル仕様(50-39-30の11-26 8SEED)となっております。『レース』と言うよりは『サイクリング』を楽しむためのスペックとなっております。




やっと、、kindle版で最終巻がでた。話をわすれちゃったので読み直し…(^^;)

MERIDA KIDヘルメット


MERIDA HELMET-KID サイズ:50-54 ¥4800+税

MERIDAの子供用ヘルメットが入荷いたしました。子供用ヘルメットとしては高額なモノにはなりますが、後頭部まで覆うしっかりとした作りながらも12個のベンチレーションホールで快適さも抜群です。
カラーも写真で見るよりもいい色ですよ!ただ、サイズアジャストダイヤルのバックルが光る仕様なのですがライトの明るさがちょっと暗いかな…(^^;)