ダートフリーク(SRAM EAGLE-AXS)展示会に行ってきました。

昨日はSRAM EAGLE-AXS展示会とロックショックスの基本的な分解の復習にいってきました。
やはり目玉は新発売のSRAM電動コンポ「EAGLE-AXS」!実物を触りましたがいろいろ考えるとシマノDi2よりも良さそう!

また、こちらも新発売の電動ドロッパーシートも「ピッ!シャコ!!」

反応は素晴らしい速さです。
ロード用のe―TAP AXSと互換性があるためグラベルロードに装着してサテライトスイッチでドロッパーシートポストを作動させることも可能ですし、まだ「単品販売(未定)」はしていませんがMTBにロードのAXS用のサテライトスイッチを取り付けてドロッパーシートポストを作動させることも可能なようです。(実際にハンドルグリップ内にドロッパーシートポストようにスイッチを設置している写真がネットに上がってました。)
気になる充電も基本は約1時間。大型モバイルバッテリーでも可能なため充電ケーブルさえ持っていけば出先での急速充電も可能とのことでした。
まだ当分の間は「グループセット」での販売のみですが予算的に折り合いが付けば欲しいコンポとドロッパーシートポストでした。(折り合いつかないけど…(^^;))
昨日も載せた写真。




誤発注してしまった…(^^;)


日泉 ウルトラライトケーブル ¥6,600(税抜)
日泉さんの超軽量なブレーキアウター。
「軽い」のはいいですが「アウターワイヤー」だけで¥6600(税抜)もする商品。当店では絶対に売れなさそう…(^^;)




子供用自転車のサドルの上げ過ぎに注意しましょう!


あっという間に背が伸びてしまうため「サイズ」選びが難しい子供用自転車。できる限り次のサイズまで使いたい!と言うのはよーくわかります。わかるのですが…


サドルの位置を高くするために、このような感じで「シートポスト(サドルが付いている棒の部分)の限界マーク(縦線で出代の限界が示してあります。)」を超えてサドルを高くしてしまうと

シートポストがフレームの写真の赤丸部分ぐらいまでしか挿入されていない状態になるため、フレーム溶接部へ負荷がかかりやすく「フレームの変形」や最悪「フレームの破損(溶接部分等)」が発生することも考えられます。
このためサドルをできる限り上げて乗れる期間を長くしたいと言うのもわかりますが…(^^;) 「限界線」よりも上へサドルを上げるのことはやめましょう!

少なくとも写真の点線くらい(フレーム溶接部よりも下)までシートポストが挿入されるようにしましょう。
また、どうしても、サドルを上げたい場合はフレーム内へ挿入できる長さを確保できそうなシートポスト長(現状よりも長い商品)のシートポストを購入する方法もあります。
その際に注意すべき点として、シートポストの直径サイズは「XX.X」とコンマミリ単位でサイズ展開されています。「0.2mm違いだから大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、サイズが違うと「シートポストが固定できない」や「シートポストがフレームに入れられない」と言う事がおきますので使用しているサイズを確認するか(基本的にサイズはシートポストに刻印されています。)ノギスでサイズを測り、同サイズのモノを購入するようにしましょう。
ちなみにこの話「大人用」でも同じです!大人の方も気を付けましょう!!




明日の朝サイクリング

予定通り行います。AM7:00にいつもの島忠前の土手集合でお願いいます。
明日右岸は二か所でマラソン大会が行われているようですので「休憩無し」で走るか「左岸」に渡ってはしろうかと思います。