1月です!


ロウバイ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

1月です!正月休み明けからバタバタしていたと思ったら中旬になっていた…。(^^;)
さて、2021年最初の今月の植物ですが『ロウバイ』『ミツマタ』です。

ロウバイ まさに「蝋細工」のような不思議な存在感があります。そしてかなり自己主張のある『甘い香り』でロウバイが咲きましたと季節の話題としてしばしば取り扱われています。

ミツマタ ひょっとるするとまだツボミかもしれませんが、今月後半くらいから咲いてくるはずです。写真のように黄色もあれば、オレンジ色もあります。ジンチョウゲの仲間なので、似たような甘い香りがあります。ミツマタとはよく言ったもので、よく見ると枝は「三つ又」に分枝しています。まだまだ寒さの真っただ中ですが、早春の花はなぜか黄色い花が多く、おそらく辛うじて活動しているハエの類を引き付けるためかと思いますが。そんな早春の黄色い花をふたつご紹介しました。

以上 『今月の植物』でした。花咲ジジイさんありがとうございました!
次にサイクリングですが「今月もお休み」とさせていただきます。1年以上『朝サイクリング』してない状態になっているような気もしますが…様子を見ながら暖かくなったら考えたいと思います…。(^^;)


ミツマタ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

12月です。


キリの木、実 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

キリの種 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

12月ですね。 今年は右往左往するうちに1年が経ってしまった感じです。(^^;)
さて、本年最後の花咲ジジイさんの今月の植物ですが『ユリノキの木、実』『モミジバフウの木、実』『キリの木と実そして種』

キリの木と実そして種 箪笥で馴染みのある桐。実は直径3センチくらいのものですが、中にはウゲゲっとのけぞるくらいのタネが入っています。道理で雑草のようにここそこにキリが生えてくるわけです。

モミジバフウの木、実 葉が落ちてしまった後でも実がたくさんぶら下がっています。
実をよく見ると、熟した後に実にたくさんの穴が開いて、そこからタネがボロボロとこぼれるという仕組みです

ユリノキの木、実 
ユリノキも葉が落ちた後も実が枝先にしがみついています。この実もチューリップのような形をしていますが、その花びらに当たる部分がポロポロと落ちてきます。
よく見るとへらのような形をしていて、これが風をキャッチしてヒラヒラと風に舞うという仕組みでタネをより遠くへ飛ばす作戦です。
写真のへらの基部のプクッと膨らんだ部分がタネです。これらは『実』や『種』ほんの一部で花のない今からの季節は実やタネの話題でとても楽しい季節でもあります。(^^♪

以上 『今月の植物』でした。『花咲ジジイ』さん本年もありがとうございました!

今年は2月の『トレイルライド』以降サイクリング企画は自粛で一年が終わってしまいましたが。来年は多少は落ち着いてサイクリング企画できるかな…。(^^;)
とりあえず、今年もあとわずか!ラストスパート頑張りたいと思います!!
あと、今年は12月26日(土)から『冬休み(27日は多分お店にいますが…)』と言う普段よりもながーくお休みをいただきます。m(_ _)m どこにも行かないけどね…w


モミジバフウの木、実 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日


ユリノキの木、実 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

11月です。


コムラサキ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

11月です。まずは今月の花咲ジジイさんの「今月の植物」は『コムラサキ』『ツリバナ』です。

コムラサキ 赤い実をつける植物が多いなか、紫色で主張するのはコムラサキ。
これよりやや大粒の実がなるムラサキシキブもありますが、実の小さいほうが繊細に感じます。神様はいったいどうしてこんな色の実をつくったのでしょうか?

ツリバナ これは実の色もさることながら形がとてもユニーク。熟す前はサクマのイチゴミルク・キャンディーみたいですが、熟すとご覧のようにパカッと5月に割けて赤いタネがダラリとぶら下がります。

以上 『今月の植物』でした。「花咲ジジイ」さん今月もありがとうございました!

昨日、朝サイの集合時間の7:00頃に荒川土手方面に外出していたのですが「これは冬ジャージでないとダメ~!!」といぐらいの気温かと思ったら8時くらいには「薄手の長袖長タイツでもいいも…」と言う気温になり、10時過ぎには「半袖半パンで走れなくもない??」と言う気温でウェア選びがなかなか難しい季節のようです。半日以上のサイクリングをする際は行程スケジュールと気温の推移を考えながらウェア選びをした方が良さそうですね。
さて、今月も一日サイクリングはありませんが各自自主サイクリングでお願いいたします!たぶん、29日(日)は荒川のいつもの時間・場所にてんちょう出没するかも…


ツリバナ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

10月です!


ヒガンバナ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

10月です。急に寒くなってきましたね。そろそろ「アーム&レッグウォーマー」とか「ウィンブレ」とかを出さねば…。
さて、花咲ジジイさんの「今月の植物」ですが『ヒガンバナ』『キンモクセイ』です。

ヒガンバナ お彼岸のころに咲くのでヒガンバナですがそういう意味ではご紹介するのはやや遅い気がしますがまだどうにか咲いています。花が咲いて、花が散ったころに後からニラのような葉がでてきます。

キンモクセイ 10月と言うと…と言う感じのお花です。『キンモクセイ』の甘い香りは春に漂うジャスミンと似てると思うのですが、ジャスミンもキンモクセイも「モクセイ科」ゆえ、似ていても不思議ではないんですね。
こうやって季節ごとに香る花が咲くという四季のある日本ならではです。

以上、「今月の植物」でした!「花咲ジジイ」さんありがとうございました!

次にサイクリングの予定ですが…。オフィシャル的にはまだ開始!とは言えませんが…。雨予報が混じっていなければ『日曜日のいつもの時間ぐらいに荒川下流方面に店長は出現しております。』としか書けない…

と言う事で今月もよろしくお願いいたします!w
あっ!今週末17日(土)は都合により「臨時休業日」です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします!


キンモクセイ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

ちょっと季節はずだけど『5月の植物』


タンポポ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日 YouTubeチェンネル

なぜ今『5月の植物』??と言う方も多いと思いますが…。それは店長が花咲ジジイさんからの『5月の植物』のメールを完全に見落としたからなのです…。もうしわけございません…。m(_ _)m
とは言え、そのままお蔵入りするのは勿体ないお話なのでちょっと季節外れではありますが『5月の植物』のお話です!

タンポポ 写真のタンポポはいわゆる「セイヨウタンポポ」で外来種です。(ちなみに在来種の『ニホンタンポポ』の見分け方ですが『ニホンタンポポ』と『セイヨウタンポポ』を見分けることは簡単に出来き、画像がないので説明しづらいのですが、『ガク』が反り返っているモノ(下向きが多いようです)は『セイヨウタンポポ』。『ガク』がぴったり花にくっついているモノが『ニホンタンポポ』との事です。最近見かけるタンポポのほとんどは『セイヨウタンポポ』のようです。)黄色い花と実がなったポンポンの頭花は珍しいものではありませんが、良く見てみると・・・。花のほうが草丈が短く(低く)、ポンポンのほうが草丈が長い(背が高い)のに気付きませんか?これは花が咲いて受粉、受精し結実すると、タネを風に乗せて遠くまで飛ばすために茎がいきなり伸びるのです。風に乗って飛ぶならば、出だしが低いよりも高い場所からのほうがより遠くまで飛びますので大変に理にかなっています。

ハルジオン こちらも外来種。大正時代にやってきてもともとは観賞用だったと言われています。それがこんなにあちこちで見かけるようになるとは、ものすごい生命力、繁殖力です。ここまで広がったのはタンポポ同様、タネが風にのってフワフワ飛ぶからです。
似た花にヒメジオンがありますが、見分け方は茎を折って断面を見れば一目瞭然。
茎が空洞になっているのがハルジオン、詰まっていて空洞になっていないのはヒメジオン。

以上 季節外れの『5月の植物』のご紹介でした!(^^;)

7月です。


ツユクサ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日 YouTubeチェンネル

7月です。今年はコロナさんのおかげであっという間に半年が過ぎてしまった感じです…。(^^;)
さて、月も半ばになってしまいましたがまずは花咲ジジイさんの『今月の植物』です。 今月は「ツユクサ」「キカラスウリ」 です。

ムラサキツユクサ 朝露の時間帯、つまり朝方に咲き一日で枯れてしまう一日花です。梅雨の雨に濡れて青い花がきれいです。雑草的に色んなところに繁茂していますのですぐに見つかると思います。

キカラスウリ 「ツユクサ」と異なり夕方から夜にかけて咲きます。白い花と花びらの先端がレース状に裂けていて暗闇でも目立ちます。これは蛾に花粉を媒介してもらうためと言われています。

以上 今月の植物でした。雨が多く自転車に乗れない季節ですが、こんな時は雨に濡れて生き生きをしている植物を観ながら散歩するのもいいかもしれませんね。そんなの時にちょっと役に立つのがこちらの花咲ジジイさんのYouTubeちゃんねる!
1エピソードだいたい1~3分なのでお子様でも飽きずに見れるはず!夏休みの宿題のヒントにも良さそうです!
『花咲ジジイ』さん今月もありがとうございました!

次に今月のサイクリングですが…先月はそろそろ「朝サイやりたいな…』と書いていましたがなんだか微妙な状況が続いていますのでもうちょっと様子見です…。(^^;) ソロや少人数のグループで走るのは大丈夫そうなので適度な人数・適度な強度でサイクリングを楽しみましょう。県をまたいでのランチサイクリングは各自も判断で…ってい感じですかね(^^;) ちなみに店長は寝坊しなければ、なんとなくいつもの時間に走っているような気がします。
とりあえず、今月も頑張っていきましょう!


キカラスウリ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日 YouTubeチェンネル

6月です。


ナスタチウム 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

6月です。お店のは時短営業とは言え通常どおり営業中ですが「お店のイベントとしてのサイクリング」となるとなかなか判断が難しいところで…。「朝サイ」はほぼ走り続けていますし「ご飯」をみんなで食べに行くわけでもないので問題はないとは思うのですが、悩んでおります。(^^;) まあ、今月末か来月くらいには状況をみて復活させたいと思っています。

さて、『花咲ジジイさん』の今月の植物ですが『ナスタチウム』 『ヒメクチナシ』 です。

ナスタチウム キンレンカとも言います。花も葉もいちおう食べられると言われています。葉は食べるとちょっとピリッと辛い感じがします。正直そんなに美味しいものではありませんが。花が次々と咲き、横へと広がるので見応えがあります。こぼれダネでも増えるので、一旦花壇で育てれば、翌年はこぼれたタネから楽しめるかもしれません。

ヒメクチナシ クチナシとほぼ変わりありませんが、ヒメと言うだけあって草丈があまり大きくなりません。その他は香りもいいですし、クチナシと遜色ありません。

以上 『今月の植物』でした。花咲ジジイさんありがとうございました!

今月も一応、『サイクリング』企画はお休みの予定です。状況を見ながら「復活」の際はブログに連絡します!
「暑い日」が続いています。マスク等を装着してのサイクリングは熱中症になりやすいためサイクリングの際は『適切な運動強度』と『水分補給』と『休憩』に気を付けながらはしりましょう!


ヒメクチナシ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

 

4月です。


シャガ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日

4月です。久々に大雨にズボンがビチャビチャです…。
さて、まずは今月の花咲ジジイさんの『今月の植物』ですが 『シャガ』 『シャクナゲ』です。

シャガ シャガはサクラの木の根元などのちょっとした木陰に咲いています。学名はアイリスですので、アヤメ、カキツバタ、ショウブの仲間です。群生していると見応えがありますね。

シャクナゲ シャクナゲはこれから咲くツツジ等の仲間です。特に西洋シャクナゲと呼ばれるようなものが写真のもので、いつも5月頃に見かけるのにすでにこんなに立派に咲いていました。どきついくらいの赤が目だって良い感じです。

以上 『今月の植物』でした『花咲ジジイさん』ありがとうございました!
外出自粛ではありますが一日1回の軽度の運動は奨されているようです。今月紹介した花も含め過去の『今月の植物』の4月に紹介している植物などに目を向けながら軽度の散歩やサイクリングをするのもいいかもしれません。
ちなみに今月の朝サイクリング&一日サイクリングは中止です…。みなさん、また一緒に走れる日まで『自主サイクリング(無理のない強度で怪我などしないように!)』でお願いいたします!(やべー店長1か月以上近く自転車乗っていないような気が…(^^;))


シャクナゲ 写真提供:花咲ジジイの『花』麗なる毎日