MERIDA 2020モデル


昨日はMERIDA 2020モデルの展示会でした。基本的には2019モデルとあまりかわりはありませんがREACTにXXS(44)サイズがラインナップされたり、SILEXに650bサイズのモデルが出たり、GRAN-SPEEDのフレームが変更されたりもしていますが、なにはともあれ

E-BIKE!!

を今年もどんどんプッシュしてくような雰囲気でした。(MIYATAブランド含め)
とりあえず、写真が未整理なので整理次第UPしたいと思います。(^^;)




スポーツバイクはどの時期に買うのがいいのか…&愚痴…w


と言う記事を7年前くらいに書いていたのですが、読み直した結果7年経っても特に変わらない事が判明。(^^;) とりあえず、今の時期は今年のモデル(2019年モデル)はSALE(在庫があれば)が入り、NEWモデル(2020年モデル)も発表もしくは発表済みでこれから在庫が入っているくるため、購入するにはわりとおススメの季節です!
しかし、展示会の始まる月は7年前に比べ早まってきているとは言え、結局、『イヤーモデルがリリースされるサイクル」変わらないんですよね…。と言うか期間が長くなっている…(^^;)




ディスクロード1年ごとにここも点検しましょう。


こちらは1年ほど使ったディスクロードのディスクローター。段差ができているな…と思ってパッドに触れる部分の厚みをノギスで測ってみると「1.6mm」に…。シマノの交換基準が1.5mmですのでもうちょっと使えはしますがその他にももろもろパーツ交換するため今回は新品のローターに交換していただきました。
ディスクロードはMTBに比べ使用時間・距離も長くまた速度域も高いためパッドもそうですがローターの摩耗も早いような気がします。使用条件(乗車している人の体重、峠の下りや雨天時での使用が多いなど)によって変わるため一概には言えませんがディスクロードを乗られている方はパッドと共にローターの摩耗も一年に一度くらいは確認することをお勧めします。




本日から営業しております。&自転車関係ないですが…


夏季休業終了!本日から通常営業しております!!

自転車全然関係ないですが… 休み中に「本所防災館」で「都市型水害体験コーナー」と言うモノを体験してきました!その中でドア下10cm~30cmまで冠水した際のドアの抵抗を体験できるコーナーを体験。MAXの30cmはかなり重たく男性でも開けられない方もいらっしゃいました。10cmであればうちの子供達で開けられましたが20cmになると女性の方だと厳しい方もいたので、万が一地下などで10cmくらい(ざっくりですが足首くらい)の冠水に合うような事があったら(地下じゃなくても)早めにその場から非難した方が良さそうです。
また、車に乗車中にアンダーパスなどで水没したと言う設定で「車のドアバージョン」を体験しましたが、ドア下30cmは男性の方でもほとんどの方が開けられず、10cmでも開けられない人がいましたので(車内は力をうまくかけにくい)、豪雨の際のアンダーパスは注意必要!と言う事も体験できました。(店長、車もってないけどね…w)
こちらの施設、予約は必要ですが無料で体験できる施設です。夏休みの自由研究・絵日記の題材にもおススメですよ!くわしくはこちら

ちなみに「ない」とは思いますが…10cm冠水の中自転車で走るのはかなり無謀ですので絶対にやめましょうね!(^^;)