ダートフリーク(SRAM EAGLE-AXS)展示会に行ってきました。

昨日はSRAM EAGLE-AXS展示会とロックショックスの基本的な分解の復習にいってきました。
やはり目玉は新発売のSRAM電動コンポ「EAGLE-AXS」!実物を触りましたがいろいろ考えるとシマノDi2よりも良さそう!

また、こちらも新発売の電動ドロッパーシートも「ピッ!シャコ!!」

反応は素晴らしい速さです。
ロード用のe―TAP AXSと互換性があるためグラベルロードに装着してサテライトスイッチでドロッパーシートポストを作動させることも可能ですし、まだ「単品販売(未定)」はしていませんがMTBにロードのAXS用のサテライトスイッチを取り付けてドロッパーシートポストを作動させることも可能なようです。(実際にハンドルグリップ内にドロッパーシートポストようにスイッチを設置している写真がネットに上がってました。)
気になる充電も基本は約1時間。大型モバイルバッテリーでも可能なため充電ケーブルさえ持っていけば出先での急速充電も可能とのことでした。
まだ当分の間は「グループセット」での販売のみですが予算的に折り合いが付けば欲しいコンポとドロッパーシートポストでした。(折り合いつかないけど…(^^;))
昨日も載せた写真。




子供用自転車のサドルの上げ過ぎに注意しましょう!


あっという間に背が伸びてしまうため「サイズ」選びが難しい子供用自転車。できる限り次のサイズまで使いたい!と言うのはよーくわかります。わかるのですが…


サドルの位置を高くするために、このような感じで「シートポスト(サドルが付いている棒の部分)の限界マーク(縦線で出代の限界が示してあります。)」を超えてサドルを高くしてしまうと

シートポストがフレームの写真の赤丸部分ぐらいまでしか挿入されていない状態になるため、フレーム溶接部へ負荷がかかりやすく「フレームの変形」や最悪「フレームの破損(溶接部分等)」が発生することも考えられます。
このためサドルをできる限り上げて乗れる期間を長くしたいと言うのもわかりますが…(^^;) 「限界線」よりも上へサドルを上げるのことはやめましょう!

少なくとも写真の点線くらい(フレーム溶接部よりも下)までシートポストが挿入されるようにしましょう。
また、どうしても、サドルを上げたい場合はフレーム内へ挿入できる長さを確保できそうなシートポスト長(現状よりも長い商品)のシートポストを購入する方法もあります。
その際に注意すべき点として、シートポストの直径サイズは「XX.X」とコンマミリ単位でサイズ展開されています。「0.2mm違いだから大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、サイズが違うと「シートポストが固定できない」や「シートポストがフレームに入れられない」と言う事がおきますので使用しているサイズを確認するか(基本的にサイズはシートポストに刻印されています。)ノギスでサイズを測り、同サイズのモノを購入するようにしましょう。
ちなみにこの話「大人用」でも同じです!大人の方も気を付けましょう!!




何故「パンク修理」は覚えておいた方がいいのか。


スポーツバイクを購入した後、
最初に覚えておきたい修理の定番「パンク修理」。サイクリングの最中にもっとも起きる可能性が高いトラブル『パンク(flat tire)』に対処できるようになっておきたいと言う事はもちろんですが「パンク修理(前後輪)」の方法(スポーツバイク)を覚えておくと
タイヤ交換の仕方
チューブ交換の仕方
と言う別の作業も同時に覚える事ができるからです。
また、それだけではなく輪行(前後輪タイプ)の仕方』を覚えようとした時に必ず覚えなければならない
前後輪の着脱の仕方
クイックレリースレバーの取扱方法(固定方法等)

も覚えることができます。
このように「パンク修理」には『一粒で2度おいしい』どころか『4度くらいおいしい』効果??w がある修理(作業)なので覚えていない方または苦手な方はしっかりと『パンク修理』を覚えることをおススメします!
当店でも「暇な平日」や「朝サイクリング」の最中、「土日でも暇な時間」であれば「パンク修理の仕方」についてレクチャーすることも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。(他店購入の自転車もご相談にのりますよ!)




サイクルイベントが本格的に始まるこれからの季節! 去年「フジテン」で見た言葉を思い出そう!


サイクルイベントやサイクリングに行く機会が増えていくこれからの季節。サイクルイベントやサイクリングの際にぜひ思い出してほしい言葉がこちら!

「月曜日から会社(学校)がありますよ!」(違う人もいるでしょうが…(^^;))
「帰るまでが遠足です!」
「ラスト1本に注意しよう!」
昨年「フジテンリゾート」の頂上に書いてあった看板に書かれていた内容なのですが、たしかこんな感じの事が書いてあったような気がします。(一番、覚えている言葉)
この言葉「ごもっとも!」とその場にいた全員が納得してしまいました。
サイクリングイベントやサイクリングを楽しんでいる方のほぼ全員に当てはまる言葉だと思いますのでイベントやサイクリングの際中に時折、上記の言葉を思い出して『無理』なく楽しい1日にしましょう!
特に『最後の1本』とか『最後の峠の下り』
とか『最後のアタックごっこ!』とかね。w




リモートレバー。


Wolf Tooth リモートレバーLA(Light Action) クランプ 限定カラー ¥10,950(税込)

レバー操作のタッチが自分の使っているレバーとと比べモノにならないくらい軽いタッチ…。そして、「質感」も比べ物にならないくらいの「高級感」。
自分のレバーも壊れたから考えよう…。壊れなさそうだけど。

昨日の記事の続き…。コンポ―ネントの品番を調べるには(シマノのロードコンポーネント場合)

昨日の記事の続き?的な話ですが、もし、自分の使用しているコンポーネントの品番を調べたいときは、パーツの裏側?(基本的に見えにくい箇所…(^^;))を見て頂くと大概品番が刻印がされています!
デュアルコントロールレバー

ブラケットの外側。ブラケットカバーをめくると見えやすいです。
フロントディレーラー

変速機の『内側の羽根』の裏。単品でと見やすいですが、自転車本体に取付されているとかなり見えづらい…。
リアディレーラー

こちらも本体に組み付けられているとかなり見えづらいですが…リアディレーラーの真裏です。
ブレーキ

ブレーキの本体の真裏。
クランク

唯一の見やすい箇所かも…。ちなみに「170」と刻印はクランク長が170mmを意味していますので「型番」と同時に何ミリの「クランク長」を使用しているかもわかります。
カセットスプロケット

こちらも本体からホイールを取り外せばわかりやすいです。
チェーン

モデルによっては違う事もありますが基本的にはチェーン横に刻印がされています。
以上がシマノロードコンポーネントの刻印の箇所でした。




 

前も書いたような気がしますが…


最近、10速コンポの修理のお仕事が多いので気になって調べてみたところ…
アルテグラグレード(6700系)のコンポに関してはメーカー(当店シマノ取扱の問屋さん、シマノさん共に)在庫ほぼなしです。(ブラケットカバーはまだまだ取り寄せ可能)
ざっとですが調べたところ、ロードタイプの10速コンポでパーツを全壊した場合は5700シリーズと一部4600シリーズのパーツなら問屋さんやシマノさんも在庫はまだあるようなので(2019/2/25現在)105(5700系)やTIAGRA(4600系)で修理対応することになりそうです。
ただ…「ブレーキ」の互換性に関して同じ10速コンポでも「7800、6600、5600」シリーズは現行のブレーキと互換性はなく、対応しているシマノブレーキは現状ロングアーチモデルのみのラインナップなってきていますので注意が必要です。(SORA(3400系)もです。『4600系 TIAGRA』は現行ブレーキと互換性あり)
さらに!同じ10速でも現行の『4700系 TIAGRA』に関しては過去の10速フロントディレーラーとリアディレーラーとチェーンの互換性がなかったりと10速コンポーネントの互換性は若干カオスな様子になっていますので10速のパーツ交換修理の際は必ず互換性などを確認するようにしましょう!(自戒の念をこめて…(^^;))




年々厚くなっていく…&臨時休業日お知らせ

明日、24日(日)は『1日MTBサイクリング』のためお休みを頂いております。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。今日の体調管理に気を付けよう…w
そして、今年も届きました。

総合パーツ問屋の「マルイ」さんのカタログ。去年も厚かったですが…

さらに「厚み」が増している…そろそろ「武器」や「防具」としても使用可能なレベルになっているような気がします。(^^;)