ひさびさの記事…(^^;) 22モデル(と言う名の23年入荷モデルも有)について

以前も書いた話ですが、最近、メーカーの営業さんや知り合いの自転車店(大型店舗)とも久しぶりに話した感じとしてわかったことは、とりあえず22年度モデル(23年度継続モデルもあります。)の入荷時期に関して

だいたい各社、今(2021、8月)に注文を入れた場合…

『運』がいいと21年年末~22年2月くらいに入荷予定
『平均的』
だと22年の5月くらい~8月くらいに入荷予定
『モデルによっては』23年3月くらいに入荷予定

このため、スポーツバイクをこれから注文する方は『覚悟』『余裕』を持って注文をしていただければと思います。m(_ _)m
しかも…『予定』はあくまでも『予定』なのでどうなるかわかないけど、メーカーはここ1~2年は常に在庫が無い状態は確実。しかも『 1年~1年半分』をこの『1~2か月の間』に決めて注文しないとお店として『1~1年半は販売できるスポーツバイクがない!』と言うグチャグチャな状況に自転車屋さんはなっているのです。(^^;) 
(そんな状況なんで気持ちはわかりますが…注文した後に『全然こないから他店舗購入しちゃった!キャンセルでいいですか?』は個人商店にはマジで…(T_T)…状態になるためグッと我慢していただければと思います。m(_ _)m)

また、現在もコンポーネント系パーツ入荷待ち『2~3か月』は早い方で『6カ月』とか普通で『納期未定!』なんて言う事もまあまああります。
しかも、上記に書いた通り、新しい自転車も買えない状況です。(^^;)
このような状況ですのでコンポやホイール等のパーツを壊すと自転車に数か月自転車に乗れなくなります。そして、この状況は来年も続くと思いますので、気を付けてパーツを壊さないようにサイクリングとかレースとかしてくださいね…。(^^;)

内装ギアのオイルメンテナンス。


『アルフィーネ11』に続き、『インター8』内装ギアオイルメンテナンス…。ギアユニットの取り外し作業はちょっと手間がかかりますが、メンテナンス作業は『つけ置き』なので楽ちんでした。ちょっとネットで調べたところ『シマノ純正』でなくても『汎用品』でどうにかなるらしいのですが今回はシマノ純正オイルで!
ただ、アルフィーネと同じく、この『キット』と『純正オイル』のお値段がね…ちょっとね…高いような…(^^;)

信じられないかもしれませんがモデルによってはこんな感じなんですってば…(^^;)


とある2021年モデルの発注画面。一応21年モデルなのに22年3月納品(^^;)
売れる自転車が無いのも困りますが、これで自転車本体の『何年モデル』と言うモノが無くなれば『年式落ちモデル』が無くなるので小売店としてはありがたいかな…。

『オーバーホール』と言うか『整備』はどのタイミングでしたほうがいいのか?


以前にもブログで書いた話ではありますが、昨年から『オーバーホールとか整備ってどれくらいの頻度でするものなのですか?』と聞かれることが以前よりも増えてたため改めて書いてみたいと思います。

まず、『ちゃんとしたメーカーの自転車&パーツ』と言うのはわりと丈夫なもので整備不良でもとりあえずは動いちゃうことは多いです…。(特に軽快車(ママチャリ)のシマノ製外装変速機なんてこんなに本体もワイヤーもチェーンもサビサビなのに変速できちゃんだね…と言うくらい仕事をしてくれます。(^^;))
このため『なんとなく動いているからいいか~』と言う感じで使用していると何かの拍子で『不具合』が起きた際に『消耗品の交換』で済んでいたのが『パーツの破損』に発展してしまううことも…。
また、「チェーン」「ワイヤー」などの消耗品の『経年劣化』は徐々進んでいるため初期性能からなり性能が落ちていたとしても性能が低下していることに気が付きにくかったりします。

では、問題の『どのくらいの頻度で整備・オーバーホールをすればいいのか?』についてですが『使用頻度』や『保管状況』等によって変わりますが、ざっくり『毎週末』使用している場合は『1年~2年に一回』。『距離』でいえば『6000kmぐらい』のタイミングでせめて『消耗品(タイヤ、ブレーキシュー、ワイヤー、チェーン)』は交換はしたいところではあります。(タイヤに関してはそもそも6000kmはもたないような気がします。)
まあ、全部いっぺんに交換するとそれなりの費用になりますので、半年に一回くらいのペースでお店で点検してもらい、ダメそうなパーツから徐々に交換すると言う方法もあります!(最終的には同じ費用にはなるんですけどね。)

と言う事で自分の自転車も去年一年間ほぼ乗っていていない!とは言えそろそろ2年間消耗品を交換していないのでそろそろやらねば…(^^;)




『ブログ更新』はあまりしていませんが『仕事』はしている…たぶん…w


もう、取り付けることはないであろうレアなシマノコンポ『METREA』。ブルホーンバー専用の油圧STIレバー(2x11)で需要がけっこうありそう…と思ったら組み付けてみると普及するには『なかなか大きなハードル』を越えなければいけないことが判明…それは!

『METREA専用のブルホーンバーじゃないと取付できない!!(^^;)』

と言うこと。

しかも、現状はNITTOさんの1種類しかない!(ハンドルエンド部の内径がたしか30mmくらい必要なんです。)

数年前はシマノPRO製があったようですが『廃盤』のようです…。と言うか、専用ハンドルバーしか取り付けられないコンポなのにその『専用ハンドルバー』を廃盤にするってシマノさん!おいおいと言う話の気も…w
そんなわけでコンポを仕入れた後にその事をしりアタフタした店長でしたが無事取付が完了してよかったです。製品としては良かったので問題のハンドルバー種類が増えれば使用ユーザーは増えそうな気がしつつも、METREA専用にしてしまうと今度は普通のブルホーン用ブレーキレバー等の取付ができないためハンドルバーのメーカーとしてはなかなか手が出せないのでしょうね。個人的には今後『無線変速・油圧ディスク』とかでレバー小型化されてブルホーンを含め様々なハンドルバーに取り付けが可能なコンポになったりすると、いろいろと面白そうな事ができなそうなコンポに化けるかも…。(^^♪