ルイガノ 20インチ子供車


LOUIS GARNEAU LGS-20 ¥30,450(税込) サイズ:20インチ カラー:LG WHITE 
ルイガノの20インチサイズの子供車が入荷してきました。BMXスタイルの変速機なしのタイプですが、お子様でも楽に漕ぎだし出来るギア比の設定になっています。
現在、在庫は 『TRAFFIC YELLOW』 『LG WHITE』  『LIGHT GREEN』の三色がございます。

LOUIS GARNEAU LGS-20 ¥30,450(税込) サイズ:20インチ カラー:TRAFFIC YELLOW 








SERFAS 『MAGNETIC』


SERFAS 『MAGNETIC』 ¥2,100(税込)
こちらの商品、見た目は普通のリアライトですが、磁力の力を使って取り付けると言うリアライトです。

パーツはこのようにライト部と磁石部の二つに分かれており、衣服やバック等に挟み込むようにしてライトを取り付けます。

こんな感じで私の場合は通勤用のメッセンジャーバックに取り付けています。思ったより挟み込む力は強く、滑りにくい素材になっていますので自転車以外にも夜、『ランニング』や『ジョギング』をする際にウェアに挟んで使用してもよさそうです。

SCHWINN MINI MESA 7SPEED


SCHWINN MINI MESA 7SPEED ¥32,500(税込)
サイズ:20インチ カラー:ライトブルー/ホワイト、ブラック/ホワイト
アメリカのメーカー『SCHWINN』のアルミフレーム、フロントサスペンション付の20インチ子供用自転車が入荷しました。この『ライトブルー』のカラーリングきれいな色です。
サドル最低高620mmとなっております。

センチュリオンの子供車


CENTURION R’BOCK 20 ¥37,800(税込) カラー:メタリックブルー、ローズ
ドイツのメーカー『CENTURION』の20インチ子供車。20インチの子供車ですが『ゼロスタックヘッドセット』『Vブレーキ』と大人車と殆ど変わらない仕様。さらに細かなところで『カートリッジBB』や『リプレイサブルリアメカハンガー』仕様で、しかも『MADE IN TAIWAN』というマニア心をくすぐる子供車でした。
さて、今頃、沖縄組は受け付け終って、『リゾート・オクマ』で夕飯ですかね…やっぱり、沖縄に行かないと一年が終わった気がしませんね…

組めました。


‘10 SCOTT CR1 COMP CD ¥249,000(税込) サイズ:54 カラー:BK/WHT/YEL
組めました。ペダルなしの状態でフレームサイズ54で実測8.2kgでリアメカは『105』でした。
ホイールがシマノの『R500』ですから、ホイールを変えればすぐにでも7kg台に突入です。

まだ、組めていませんが…


‘10 SCOTT CR1 COMP CD ¥249,000(税込) サイズ:54 カラー:BK/WHT/YEL
まだ、組み立てが完了していないので梱包された写真ですが、今年、人気が出そうな予感のSCOTTのNEWモデルが入荷してきました。
¥228,000(税込)の軽量カーボンフレームを使用しているにもかかわらず、Tiagra仕様とは言え、完成車で¥249,000(税込)と言うサービス価格となっております。
さらに今年はジオメトリー・フレーム設計が変更され『ホノルルセンチュリーライド』等のロングライド系イベントに適した『コンフォート系ロードレーサー』になっているのも人気が出そうな理由の一つですね。
レースには出ないけれどもツーリングやロングライドで『坂道をできるだけ楽に上りたい!』と言う方にお勧めしたい1台です。

スパイダーQ


CROPS スパイダーQ 定価¥1,890(税込)全五色
 
CROPSの新商品『スパイダーQ』。ダイヤル式のカギで180cm有り前・後輪、フレームをガードレールなどの固定物に括りつけることが可能です。
クルクルまとめるとけっこうコンパクトになりますので、サドルバックなどに収納も可能です。

こんな感じで前・後輪、フレームを固定物に括りつけます。

プロトタイプ ②


『BOMA』の営業さんがプロトタイプのフレームを持って遊びに来てくれました。まだまだ試作段階なのでデザインや価格やリリース時期は不明のようです。
少しだけ試乗させてもらいましたが、加速具合が気持ちよく『スッ』とスピードが乗っていきます。そして、『BB周りの剛性感』はすごいです。少し乗っただけで『固!!』と口にするぐらいの剛性感です。この辺が好みの分かれるところは思いますが、おそらく『BOMA』さんの事なのでフレーム&フォークで価格は20~25万くらいの落ち着くだろうと想定するとコストパフォーマンス抜群のフレームです。
しかし、私は『プロトタイプ』と言う言葉に弱いらしく…ちょっとドキドキしてしまい…前回のホイールに続き『じゃあ、これ!』と言いそうになりましたがさすがに今回はちゃんと我慢しました(笑)
現在、インプレ中の『50mmホイール』の方ですが、上りでも下りでもなかなか使い勝手が良く、本当に20万円くらいの価格ならかなりよく出来たホイールとの高評価。くわしくはもうしばらく使ってからとの事でした。