2020グローブライド展示会 (FOCUS)

「FOCUS」「corratec」を扱っているグローブライドさんの展示会の様子です。(全モデルではありません。)

2020 FOCUS IZALCO MAX DISC 9 JAPAN ASSEMBLY 完成車
DURAACE Di2 、MAVIC COSMICPRO CARBON UST DISC ¥960,000(税抜)
DURAACE Di2、FULCRUM RACING400 DB ¥798,000(税抜)
UltegraDi2、MAVIC COSMICPRO CARBON UST DISC ¥760,000(税抜)
UltegraDi2、FULCRUM RACING400 DB  ¥598,000(税抜)
FRAMESET ¥440,000(税抜)
カラー:SILVER、WHITE/NAVY、BLACK、TINTED RED

JAPAN ASSEMBLYモデルの価格は上記のとおりコンポーネントとホイールの組合せによって変わります。どのモデルも高額ですがフレーム+コンポーネント+ホイールで考えるとかなり良心的な価格ですし、ステム長・ハンドル幅 ・クランク長(モデルによって選択できない場合もございます。)も選べるため当店ではJAPAN ASSEMBLYモデルをおススメしています! 当店のお客様が使用していますが剛性感と振動吸収性と空力のバランスがいい感じらしいです。
あと、写真は新カラーの「TINTED RED」はカタログだとかなりわかりずらいですがいい色です!

2020 FOCUS IZALCO MAX DISC 9.7 FORCEeTAPAXS ¥790,000(税抜)
カラー:HERITAGE BLUE
こちらの完成車はJAPAN ASSEMBLYモデルではないためステム長やハンドル幅などは選べませんが、定価ベースで各パーツを計算するとフレーム(¥440,000)とコンポ一式(約¥350,000)の計算になるため「DTのホイール代はおまけであげる!」的な完成車価格となっております。しかも、無線だから変速ケーブルのルーティングをしなくてをよい!!と言うお店の人もうれしい1台です。w

2020 FOCUS IZALCO MAX DISC 8 JAPAN ASSEMBLY 完成車
DURAACE 機械式 、MAVIC COSMICPRO CARBON UST DISC ¥760,000(税抜)
DURAACE機械式、FULCRUM RACING400 DB ¥580,000(税抜)
UltegraDi2、MAVIC COSMICPRO CARBON UST DISC ¥700,000(税抜)
UltegraDi2、FULCRUM RACING400 DB  ¥520,000(税抜)
Ultegra機械式、MAVIC COSMICPRO CARBON UST DISC ¥600,000(税抜)
Ultegra機械式、FULCRUM RACING400 DB  ¥420,000(税抜)
FRAMESET ¥360,000(税抜)
カラー:WHITE
ノーマルステムを採用しているためポジション調整がしやすいセカンドクレードの「IZALCOMAX DISC」。ステムも好きなステムが使えます。こちらもパーツを足し算すれば良心的な価格的設定とステム長・ハンドル幅 ・クランク長(モデルによって選択できない場合もございます。)が選べます。

2020 FOCUS IZALCO MAX DISC 8.8 ¥490,000(税抜)
カラー:BLACK
IZALCO MAX DISC8のフレームにUltegra機械式、NOVATEC R5 DISC CARBON 50mm仕様のモデル。こちらのモデルはJAPAN ASSEMBLYモデルではないためパーツの選択はできません。

2020 FOCUS IZALCORACE DISC 9.8 ¥398,000(税抜)
軽量さに関しては「IZALCO MAX」には劣りますが、振動吸収性とフレーム剛性のバランスがよく扱いやすいそうです。もともとは「CAYO」と言う名前で販売されていた息の長ーいモデルでもあります。

2020 FOCUS IZALCORACE DISC 9.6 ¥278,000(税抜)
「機械式TIAGRA 油圧ディスクブレーキ」と言うなかなか他社では展開していないコンポを採用したモデル。「別に10速でもいいです!」と言う方も多いのでなかなか面白いラインナップだな…と思ったのですが「105油圧ディスクモデル」の「IZALCORACE DISC 9.7」(写真なし。カラーはBLACK)が¥298,000(税抜)なため「105」モデルを選択する人がほとんどのような気が…(^^;)

2020 FOCUS IZALCORACE 9.7 ¥238,000(税抜)
「IZALCORACE」カーボンフレーム+カーボンフォークにR7000「105」フルコンポーネント、MAVIC AKSIUM ELITEホイールと定番モデル。最近はメディアもショップも「DISC!DISC!」と言う状態のためなかなかリムブレーキモデルは選択されなくなってきていますが、「ロードバイク リムブレーキモデル」は現在進行形の「ディスクロードバイク」に比べ『規格・開発・設計をほぼしつくした商品」ともいえるため品質・設計の安定感は「ディスクロードバイク」に比べ高く(エントリーモデルだとなおさら)「初めてロードバイクに乗ってみたい!」と言うユーザーであれば品質・設計の安定感の高さからまだまだ「ロードバイク リムブレーキモデル」を選ぶのもまだまだアリかなとも思います。
※まあ予算定価40万円オーバーになるとこれからの事を考えDISCモデルの方がいいとは思うんですけどね…。

2020 FOCUS IZALCORACE 6.7 ¥168,000(税抜)
こちらは『IZALCORACE』アルミフレーム+カーボンフォーク、R7000「105」フルコンポーネント、ALEXホイールのアルミフレーム定番モデル
他メーカーのアルミフレームと比べて溶接、塗装共にワンランク上の品質です。

2020 FOCUS MARES 9.8 ¥478,000(税抜)
カーボンシクロクロスバイク。個人的にはロードよりも「シクロクロス」のイメージも強いんですよね…。あっ説明になっていない…(^^;)

2020 FOCUSJAMシリーズ。
8.9 NINE ¥690,000(税抜)
6.8 NINE ¥448,000(税抜)
6.7 SEVEN ¥348,000(税抜)
実際に乗ったことも乗っている人にもあったことがないので何とも書けませんがきっといいに違いない!(^^;)
しかし、本国サイトを見てみると世の中的?ドイツ的?なのかMTBに関してはほぼ『E-BIKE』がメインのようです。なにせ車種数がE-BIKEの方が倍ぐらいあります。最終的には競技モデルと入門モデル以外は全て「E-BIKE」になってしまうのかな??

以上 2020FOCUS展示会の様子でした。




2020 UVEX&ALPINAの展示会の画像。

店長は今年は行っていないのですがUVEXとALPINAの画像です。(^^;)
こちらも分離可能フルフェイスが軽くて良かったそうです。気になるヘルメットがありましたらお取り寄せ可能です!お気軽にお問い合わせください。




2020 インターテック展示会 写真

インターテックさんの展示会の写真です。今回もO様様のおかげです。(一応、店長も写真撮りましたよ。(^^;))
まずはヘルメットのBELL
 
2020 BELL SUPER AIR R ¥43,000(税抜)

2020 BELL SUPER AIR ¥33,000(税抜)

最近、DH常設コースにまた行き始めた(年2回くらいですが)自営業&いい年の身としてはフルフェイスのヘルメットを用意しよう!とこの日の展示会巡りで一番まじめに見た商品w
特に分離可能な「SUPER AIR R」はトレイルライドもするのでサイズ感が気になって何度も被ってしまいました。w マ「SUPER AIR」も別売りのチンバー(マットブラックのみ)を取り付けて「R」のようにアップグレードも可能です。

2020 BELL FULL-9 FUSION ¥41,000(税抜)

2020 BELL 4FORTY ¥15,000(税抜)
この価格でMIPS採用はけっこうお買い得なような。

2020 BELL Z20 AERO  ¥32,000(税抜)

2020 BELL Z20 MIPS ¥32,000(税抜)

2020 BELL Z20 MIPS¥32,000(税抜)(写真左側3つ)とFORMULA ¥13,000(税抜)(右から2番目)とFORMULA LED ¥15,000(税抜)(右端)
FORMULAのMIPS採用¥13,000(税抜)もお値段良心的!と思ったのですが
当店メイン商材のG社さんから¥11,000(税抜)のヘルメットが出ていてびっくりしました。(^^;)

ゴーグルも出ております。
あと、「EVOC」の最近流行りのバイクパッキングなバックたち…


2020 EVOC HANDLEBAR PACK BOA  Mサイズ(2.5L)
¥15,000(税抜) Lサイズ(5L) ¥17,000(税抜)
カラー:ローム、カーボングレー  完全防水


2020 EVOC TOP TUBE PACK (0.5L)¥4,500(税抜)
カラー:ローム、カーボングレー


2020 EVOC SEAT PACK BOA Mサイズ(2L)¥15,000(税抜)
Lサイズ(3L) ¥17,000(税抜)
カラー:ローム、カーボングレー 完全防水

1枚目の写真に載っている「FRAME PACK」ですが
Sサイズ(0.7L) ¥5,000(税抜) Mサイズ(1L) ¥5,500(税抜)
カラー:ローム、カーボングレー
となっております。

2020 EVOC ROAD BIKE BAG PRO ¥108,000(税抜)
サドルやハンドルに触ることなく収納できるバック。

Wahoo「KIKER BIKE」の現品(予想本体価格40万円くらい??)も展示されていたり…。

ブラックバーンから自転車の横側用ライト(2個セット)も展示されていました。たしかにお店で「交差点や路地で横から車や自転車に突っ込まれた…。」と言う話はよく聞くので特に自転車通勤・通学をされている方等はこのようなライトを付けておくと事故防止に大きな効果があります。

スマートフォンバイクアクセサリーの『SP』
なんかいろいろなアダプターがありました。

以上 2020インターテック展示会の写真でした。BELLに関しては今年はやるかも!!




2020 SHIMANO展示会

2020シマノ展示会の写真です。またまたO様の写真を多数頂いているのでまとめて…(^^;)
今年の話題はグラベル系コンポーネント「GRX」と12速になったMTBコンポーネント「SLX(M7100)」「XT(M8100)」そして、今年もE-BIKEユニット「STEPS」。
「GRX」は資料を見て初めて気づいたのですが、ブレーキレバー専用左レバーにすでにやっている方もいると思いますが「ドロッパーシートポスト対応」モデルがあったり、取付作業する側としては「むむむ…」と思ってします「油圧補助ブレーキレバー」があり。「SLX」「XT」を見ているとついにMTB12速の時代がきたんだ…とか、「STEPS」は分解モックすげー!!と言う感じの展示会でした。



 







2020 GIANT展示会 MTB編

2020 GIANT展示会 。最後はMTB編です。正直、人気がないのか展示会の片隅に追いやられていました…(^^;) 
2020 GIANT REIGN29ER 1 ¥500,000(税抜)
エンデューロやハードなトレイルライド向けのMTB「REIGN」に29erが登場。F160mm R146mmにリアセンターが439mmと短めです。
クロカン系、トレイルライド系。そしてエンデューロ系バイクもぐるっと1周回って29er。まあ、車輪が大きい方が走破性が高いので29erでさらにリアセンターが短めになっているので乗れればいいバイクだと言う事は理解できるのですが…170cm弱の身長で日本人体形だと「下り」や「何か時に」股間をヒットしそうで怖いんですよね…w
2020 GIANT REIGN 2 ¥330,000(税抜)
こちらは27.5インチのREIGN。アルミフレームモデルです。
ジオメトリーなどは昨年と変わっていません。 そういえば「SRAM SX EAGLE」のおかげか今年は1x12速のラインナップが増え、なんと¥110,000(税抜)のモデルでも1x12速なんです!ちなみに店長はまだ11速!不満はないですけどね。(^^;)

2020 GIANT TARANCE 29ER 2
こちらも昨年から展開したTRANCE 29er。今年は新型SLX(12速)をメインコンポに採用(ブレーキはMT520)しています。
トレイル遊びが楽しくなる1台です。

2020 GIANT TRANCE ADVANCED 2 ¥390,000(税抜)
上記の写真ですがカタログと「グレー」部分の見え方がちょっと違っていますが27.5インチモデルの「TRANCE」。フロントカーボンフレーム、カーボンチューブレスホイール、SRAM1x12、チューブレスレディタイヤ採用で変更するべきパーツは気になるならブレーキの「Shimano MT420」ぐらいと言うコストパフォーマンスの高い1台となっております。
そういえば、今年のGIANTのMTBは一部のモデルを除き変速系統は「SRAM」。ブレーキが「Shimano製」と言う採用が多かったです。コスト的な問題(価格設定の問題)もあるのでしょうが、高温多湿の日本向けに吸湿性が高い「DOTオイル」を使用しているSRAMよりは「ミネラルオイル」を使用している「Shimano製」を…と言う考えもあるのかもしれません。(もちろん!ミネラルオイルもちゃんとオイル交換のメンテナンスは必要です!)

2020 GIANT TRANCE 3 ¥280,000(税抜)
アルミフレーム&27.5インチサイズのMTB。マエストロサスペンションテクノロジーとF150mmR140mmのサスペンションでトレイル遊びを楽しむための最初の1台に最適なモデルです。ただ…採用されているコンポ―ネントは上位モデルの「TRANCE ADVANCED2」ほぼ同じと言う事で、あと約12万(税込)足すとカーボンフレームにカーボンホイールになると言うなんとも悩ましい価格設定になっております。(なにせ後日12万円払ってもカーボンフレーム&カーボンホイールは買えないのです…(^^;))

2020 GIANT FATHOM 1 ¥180,000(税抜)
19モデルから27.5x2.6インチタイヤを採用され「トレイル遊び」がより楽しく走れるようになったFATHOM。私自身も18モデルをカスタムして乗っています!扱いやすくて本当におススメのバイクなのですが…いまだにリアのスルーアクスル化はしてくれない…去年BOOSTサイズになっても「クイックリリースレバー」のままです。(^^;)

2020 GIANT ANTHEM ADVANCED PRO 29ER1 ¥550,000(税抜)
カーボンフルサスXCバイクの決定版!迷ったらコレ!と言う感じです。
基本コンポーネントは新型XT12速を採用しています。

2020 GIANT ANTHEM 29ER3 ¥260,000(税抜)
軽量アルミフレームのANTHEM29ER。ANTHEMは全て29erになりました。やはりXCは29の方が有利と言う事なんですね。w

2020 GIANT XTC + ¥265,000(税抜)
29erホイールにも対応可能な27.5+のカーボンハードテイルバイク。シングルスピード化も可能です!

以上、全てではありませんが2020GIANT展示会 NTB編でした。あと、まだ発表されていないMTB(できない)モデルが2車種ありますのでそちらも発表が楽しみです。
2020 GIATNのサイトはこちら




2020 GIANT展示会パート9 E-BIKE(MTB)

2020GIANT展示会 そろそろ「小出しにしすぎ!」と言われそうですがあと1回で終了です。そして、今週水曜日は「ツールド展示会 クイーンステージ」でもあるため当分ブログは展示会ネタが続きます。(^^;)
そして今回はあちらこちらすでに紹介されているE-BIKE(MTB)です。


2020 GIANT TRANCE E+ PRO ¥580,000(税抜)
上りも下りもトレイルを楽しく!楽に!速く!走る!!事ができるE-MTBの「TRANCE E+ PRO」上り・平坦は最大トルク80Nmの「SyncDrive PRO」のアシストとマエストロサスペンションテクノロジーにより今まで辛かった坂も荒れた路面もは軽いギアでクルクル回せばドンドン進み、下りも前150mm(フロントはE-BIKE用)後140mmのサスペンションとこちらおマエストロサスペンションテクノロジーにより楽しく下れると言う無限バズーカを手にしたバイオハザードの主人公ような無敵なBIKEです。
バッテリーもフレーム内に内蔵され見た目もスッキリ!!

2020 GIANT FATHOM E+ PRO ¥380,000(税抜)
こちらも最大トルク80Nmの「SyncDrive PRO」採用のハードテイルMTB。キックスタンド台座もあり山遊びだけでなく快適なオンロードサイクリングも楽しめます。またフレームサイズ405(S)は身長155cmから対応可能となっております。

「TRANCEE+」「FATHOM E+」共に採用されている「SyncDrive PRO」ですが最大80Nm 最大サポート率360%と言うハイパワーなアシスト力(大雑把に言うと「PWOERモード」では最大、人が漕いだ100%のペダル入力を360%入力にしてくれるといわけです。※「モード」や「速度」、「ペダル入力値」によって変化します。)にケイデンス対応最大120rpmと言う高ケイデンスにも対応しており、ケイデンスが高くなる傾向にある「E-BIKE』でも無駄なく効率よくアシストしてくれるユニットです。また、もう一つのクロスバイク型E-BIKE に採用されているミドルグレードの「SyncDrive SPORT」とスペック表を見比べると「パワーモード(アシスト最大モード)」でのアシスト率はそこまで変わりませんが、その他の4段階あるモードの差は1.2倍~2倍の差があり、ユニットのラチェット数も違い(SPROT 16ラチェット PRO24ラチェット)反応性もかなり違うようです。

以上 2020GIANT展示会 パート9?でした。
2020モデルのサイトはこちら




2020 GIANT展示会パート8 LIVシリーズ

2020GIANT展示会。今回は女性向けに開発されているLIVシリーズ。(全モデルではありません。)

2020 LIV LANGMA ADVANCED SL ¥800,000(税抜)
女性に適した剛性バランスで作成されたオールラウンドカーボンロードバイク。その性能は「CCC LIV」の活躍が証明しています。
『SRAM FORCE eTAP AXS(クランクはQUARQパワーメーター)」「CADEX 42TUBLESS」採用のレースモデル。

2020 LIV LANGMA ADVANCED PRO 2 DISC ¥450,000(税抜)
「SL」と同じく女性に適した剛性バランスで作成されたディスクカーボンフレームに「GIANT カーボンディスクホイール」「自社クランク型パワーメーター」を採用。また、手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)が採用されています。

2020 LIV LANGMA ADVANCED 2 DISC ¥280,000(税抜)
アドバンスドグレードの「LANGMA」こちらも手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)のShimano105が採用されています。

2020 AVAIL ADVANCED PRO 2 ¥420,000(税抜)
女性向けロングライドモデルの「AVAIL」がフルモデルチェンジしました。アップライトな乗車姿勢のディスクブレーキ専用カーボンフレームとD-FUSEカーボンシートピラー・ハンドルバーによる振動吸収性と安定感・安心感のあるちょっと太めの700x32Cのチューブレスタイヤが快適に楽しいロングライドを約束してくれます。
こちらのモデルも手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)のShimano Ultegra(機械式)が採用されています。

2020 LIV  ESCAPE RX DISC ¥80,000(税抜)
女性向けクロスバイク「ESCAPE RX」に軽いタッチ(油圧ディスクブレーキ初体験の方はだいたいびっくりします!)でたしかな制動力のDISCモデルが登場しました。
女性用コンフォートサドル採用でお尻も痛くなりにくく通勤・通学にお勧めのモデルです。

2020 LIV  ESCAPE RX ¥65,000(税抜)
定番の女性向けクロスバイク。こちらも女性向けコンフォートサドルや520mm幅のハンドルバー、XXSサイズには160mmのショートクランク採用と女性向けならでは快適パーツが採用されています。

2020 LIV BRAVA SLR ¥240,000(税抜)
年々価格が上がっているような気がする「BRAVA SLR」ですが…パーツ構成(軽量アルミフレーム、SRAM APEX1油圧ディスクブレーキ チューブレスホイール&タイヤ)を考えるとまだまだコストパフォーマンスの高い女性向けシクロクロスバイクです。

2020 LIV PIQUE 29ER 3 ¥290,000(税抜)
XCレースやマラソンレースに最適なトラベル量の女性用フルサスペンションMTB「PIQUE」が29erになって新登場。「あれ27.5が最高!って言ってたじゃん」と言ってはいけません…(^^;) まあ、乗れるなら29インチの方速いし、走破性いいし、いいに決まってるよね…。

2020 LIV INTRIGUE 2 ¥340,000(税抜)
フロント150mmリア140mmのトレイル遊びを楽しくしてくれるフルサスMTB。SRAM NX EAGLE 1x12、前後BOOST規格、ドロッパーシートポスト、チューブレスホイール・タイヤ採用の基本的にそのままでも十分な装備です!

以上 2020 LIVシリーズでした。
2020 LIVシリーズのWEBサイトはこちら 




2020 GIANT展示会パート7 キッズ、ジュニアバイク

2020GIANT展示会シリーズ。今回はキッズ・ジュニアバイクです。

2020 GIANT TCX ESPOIR 24 ¥69,000(税抜)
オフロードだけでなくオンロードも快適に走れるジュニア用シクロクロスバイク。リーチが短く操作しやすいマイクロシフト社シフトレバーに補助ブレーキと機械式ディスクブレーキが採用され、リア変速は「Shimano CLARIS 1x8速」です。
重量:9.9kg フレームサイズ:35 適応身長135~150cm

2020 GIANT ARX 24 ¥45,000(税抜)
フロント1xリア8速きで重量9.2kg(エスケープJR24よりも軽いです。)。オンロードもちょっとしたオフロード(バイクロアぐらいな走れちゃうでしょう)も気にせず走れる24x1.5のセミブロックパターンのタイヤを採用した人気ジュニアモデルの「ARX24」。春先には完売になってしまう事も多いため気になる方は冬の間に購入する事をお勧めします!
フレームサイズ:30.5 適応身長130~145cm


2020 GIANT ESCAPE JR24 ¥35,000(税抜)
こちらも人気が高いジュニア用クロスバイク。日常使いから親子サイクリングまで楽しく走ることが可能です!1x7速
重量:11.3kg
フレームサイズ:35 適応身長:135~150cm

2020 LIV ALIGHT 24 ¥35,000(税抜)
こちらも『問い合わせがある時はすでにメーカー在庫完売』なジュニア用クロスバイク。足つき性が高くスカートでも乗り降りしやすい「スタッガード」フレームが採用されています。また、実測していないので正確なところはわかりませんがカタログスペックはこちらのモデルの方が「ESCAPE JR 24」よりも500g軽いようです。
「ESCAPE JR24」「ALIGHT24」共にセンタースタンドが標準装備されています。
フレームサイズ:31.5 適応身長:135~150cm

2020 LIV ENCHANT24 ¥37,000(税抜)
女の子用24インチMTB。サスペンション採用でデコボコ道も歩道にある段差もスムーズに走り抜けることが可能です。難点はサスペンションフォークがある分「重量」が重い…。
重量:11.7kg
フレームサイズ:30.5 適応身長130~145cm

2020 LIV ENCHANT20 LITE ¥32,000(税抜)
女の子用20インチMTB。はサスペンションフォークは採用されていませんがその分「軽く」なります。太めのタイヤで日常使用の段差もスムーズに走る事ができます。
重量:10.9kg フレームサイズ:25.4 適応身長:115~135cm

2020 GIANT JR 20 LITE ¥32,000(税抜)
上記の「LIV ENCHANT20」のカラー違いで男の子用と言う事にはなっています。イメージ的にて年中~年長さん辺りで12、14、16インチからこのサイズ乗り換える事が多いです。
重量:10.9kg フレームサイズ:25.4 適応身長:115~135cm

2020 GIANT ANIMATOR 16 ¥30,000(税抜)
補助輪付きのキッズ用自転車。今年はフレーム設計の変更によりスタンドオーバーハイトが低くなりより跨ぎやすくなっています。
また、一般的な子供車に採用されているキャリパー・バンドブレーキとは違い「Vブレーキ」が採用されているため握力の弱いお子様でもしっかりと止まる事ができます!
重量:9.4kg フレームサイズ:21 適応身長:95~120cm

2020 LIV ADORE 16 ¥32,000(税抜)
基本的には「ANIMATOR 16」と同じですが「カゴ」が付いてるので¥2000円高くなっているぽいです。
こちらも「跨ぎやすいフレーム」と「Vブレーキ採用による確かな制動力」で安心のキッズ用自転車です。

以上 2020GIANT・LIV ジュニア・キッズバイクでした。
2020モデルのWEBページはこちら