CARACLE-COZ R7000ライトモデル試乗車 6月15日まで店頭にございます! 


CARACLE-COZ R7000ライトモデル ¥260,000(税抜)

最近「CARACLEざんまい」な当店。今回は軽量フォールディングカーボンロードバイク(ホイール径451サイズ)「CARACLE-COZ R7000 ライトモデル」の試乗車が6月15日まで店頭にございます。
「フレーム」単体は一度見せてもらったことはあったのですが今回「完成車」を初めて試乗することができました。
本当に簡単な感想ですが、まず箱から出そうと本体を持ち上げた際に『軽!これは輪行が楽かも』と思うくらいに「軽量」。次にちょこっとお店の裏を走りましたが「小径車」特有のハンドリング(乗車感)がロードバイクのみ所有の方にしてみるとやや「不安定感」を感じるかもしれませんが「独特のハンドリングへの慣れ」と「ダンシング(立ち漕ぎ)」ではなく「シッティングメイン(ケイデンス重視)」で走っていただければこの問題は解消できそうな気がします。
気になっている方はぜひこの機会に試乗していただければと思います。どれくらいの重量感でどんな感じの乗車感かは「試乗」してみるのが一番わかりやすいですよ!




ロードバイクのフロントシングル化 46Tお試し中


ロードバイクフロントシングル化の話  
現状のギア比(50x11-34)で連続峠超え(激坂区間あり)のような1日サイクリングは辛すぎ」!と言う事がはっきりとわかり、今月の「一日ロードサイクリング」を自ら辛いコースレイアウトを作ってしまったため「フロントギアの縮小化」と言う作業をを急ピッチで進めなければな…と思っていたところ、ちょうどお店に「46T」のシクロクロス用のチェーンリング(ダブル用です。)が転がっていたためここぞとばかりにこの前の朝サイクリング(荒川)で試してみました!

基本ド平坦のためロー側5枚はまったく使用しませんでしたが、トップから「11-13-15-17-19-21」全てのギアを速度域によって使い分けて使用することもでき「50T」の時に比べよりフロントシングルのメリット(無駄なギアなく使う)は出ているよな気がします。(多く使用したのギアは「15」と「17」です。追い風の30~35km/hやや超え巡航時 。ただ、下流ドン付きのスプリント区間はギア足りず皆さんの後ろ姿が見えました…( ;∀;))
ちなみにダブル用のギアのため気になる「チェーン外れ」ですが「平坦」と言う事もあり起きていません。
とりあえず、なかなかいい感じなのであとは今月の峠サイクリングで「上り」でどうなるかを試してみたいと思います!




ヘイヘイヘーイ!

再掲 CARACLE-S NEWモデル rev.3 スポーツ 試乗車6月9日(日)までです!

せっかく、試乗車をお借りしたのに今週末天気が悪そう(^^;) なため再度掲載します!!


CARACLE-S rev.3 スポーツ 試乗車 希望小売価格145,000(税抜)

「CARACLE-S」のNEWモデル 「rev.3 スポーツ」の試乗車が
2019年6月9日(日)までメーカーよりお借りしています!

こちらのモデル従来の「CARACLE-S スポーツタイプ」のフレームにホイールやショック等を軽量パーツを採用することにより9.7kg(予定)と言う10kg以下を目標に製作された「軽量」「20インチ(走破性もバッチリ)」「折り畳み機構(大型コインロッカーに収納可能)」と言う優れたフォールディングバイクです。
6月発売予定!

ちなみに…こちらの『rev.3 スポーツ』。軽量パーツを使用してため多少デリケートになっています。耐久性を重視する方は従来品の「CARACLE-S rev.2 ¥129,600(税抜)」か「CARACLE-S rev.2.1 限定スポーツパッケージ¥138,800(税抜)」がおススメです!!




シマノスプロケット 11-34Tを使ってみて、個人的に11-32Tより使いやすかった。(ファイナルギアが軽いからだけではなく)


先日の1日ロードサイクリングのために交換してみた「11-34T」のスプロケット。「11-32」と「11-34」二つを実際に使用してみた結果『11-34T』の方が自分に合っていたようです。そこで今回は個人的に良かった点の感想を書いてみたいと思います。

まず、今まで使用していた11-32Tとのギア構成を比べてみると
「11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34」
「11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32」
見ての通りワイドなギアレシオです。全体的に2T~3T軽くなっており自分としては「11-32T」よりも軽めのギアが欲しかったため相性が良かったのかもしれません。

特に交換して良かった点。

①ファイナルギアの「34T」もありがたいが、「30T」がここまで良いとは…。
「34T」と言うワイドなファイナルギアはもちろん助かりましたが、ロー側2枚目「30T」が思っていた以上に「使いやすい歯数」でした。と言うのも、今までの「11-32T」だと『28Tでは「ギア足りず…」かと言って「32T」だと「ギア軽すぎ…」うーん 悩む…(^^;)』と言うシュチエーションがあったのですが、「30T」が用意されたことにより、ちょうどいい感じで「上り」が上れることが増えました。
何故もっと早く出してくれなかったシマノさん…と言う感じです。w

②平地で欲しかったギア「15T」と「17T」が入っている。
以前「11-32T」の記事でも書いていますが以前から荒サイなどの平坦で「15T」と「17T」が欲しい…と思っていたのですが。それがスプロケットを変更することにより使用できるようになりました。おかげで平地が以前よりも楽?気分よく?巡航できるようになりました。

 ③トップ11T~27Tまでのギア構成が2T刻みになっているため27Tまでギアチェンジをした際の負荷のかかり方が均等になる。
トップからロー3枚目までの歯数が均等に2T刻みのため変速した際の負荷のかかり方が一定でペダリングのリズムが取りやすいです。

④5段目のギアから「9速時代のファイナルギアが続き」+ 従来よりも軽いギア + ワイドギアと言う構成がなぜか足に合う!(感覚的な話になってしまいますが…(^^;))
この「11-34T」のギア構成、「21T」部分からの「21-23-25-27-30-34」は9速時代のデュラエース CS-7700時代のファイナルギアが順番にくる構成でした。このギアの構成が絶妙(当社比!)で9速オジサン世代にとってペダルを漕いでいる時の感覚(負荷)が慣れ親しんだなのか相性がいいのかもしれません…。w

以上が「11-34T」を使っての感想でした。
ちなみに基本的に「11-34T」を使用していない方が交換するためにはRD-R7000GSまたはRD-R8000GS(※5800と6800のGSリアディレーラーは32T対応のためシマノ的に非対応です。)リアディレーラー、スプロケット、チェーン+工賃が必要になります。




Pnaracer RACE A EVO 4 TLC  チューブレスコンパーチブル


Pnaracer RACE A EVO 4 TLC  チューブレスコンパーチブル ¥6,500(税抜)

新しくなった「Pnaracer EVOシリーズ」のチューブレスコンパーチブルモデル。EVO3に比べ「転がり抵抗」と「グリップ力」が上がったそうです!チューブレスレディとクリンチャーどちらの使用方法も可能で、重量も210gとチューブレスレディと使用した場合の重量としてはなかなか軽量です。(チューブレスとして使用の場合は必ずシーラント材を使用してください。)
お値段もチューブレスレディのタイヤの中ではお手頃。そして、パナさんなのできっと品質も安定していると思います!
そろそろチューブレスホイールのタイヤを交換しようかな…と言う方!(店長自身も含め…w)いかがですか?




 

サイクリング派には支持を得ているボトルケージの新色!


TOPEAK MODULACAGE2 ¥1,180(税抜)

「自転車用ボトル」と「ペットボトル」どちらも使用できる便利な可変式ボトルケージに
新色の「ブラック」が登場しました。
デザインは「シルバー」と同じですが、ケージ部分の色が「ブラック」になるだけで「高級感」が若干出たような気が…??
上記のとおりケージ部分が可変することができるため様々サイズのボトルにも対応可能なこちらのボトルケージ。ペットボトル以外にも保冷水筒など使えそうです。(ボトルサイズ径63~74mm)
ツーリングやサイクリングメインの方におススメのボトルケージです!




「あいつ」がさらに強くなって帰ってきた!!!

Panaracer GRAVELKING SK PLUS ¥5,700(税抜) 『TUBELESS COMPATIBLE』

グラベル走行時にさらなる走破性を高める「ブロックパターン」モデルのSKに
超高強度の補強材をタイヤ全面に入れ耐サイドカット性能・耐リム打ちパンク性能・耐貫通パンク性能を強化したモデルです。
お店には「32C TLC」モデルが在庫ございます。
また、古いモデルになった…。

RACE Ð EVO3がお買い得です!「700x28C」しかないのでクロスバイクのタイヤ交換にいかがでしょうか?(^^;)

あと、今月26日の一日サイクリングは飯能スタートの秩父サイクリングです!(ルートも作ってもらいました。)ご参加お待ちしております!




アルミロードバイク+105フルコンポ お買い得モデル!


2019 corratec DOLOMITI BK/SIL 105コンポモデル ¥158,000(税抜) ⇒ 期間限定特別価格!!¥138,000(税抜)

他の人とメーカーがかぶりにくく、クセのない乗車感とクランクやブレーキも全て「シマノ」パーツを使用している安心感から当店では人気のある「corratec」の「DOLOMITI」。
8色あるカラーの中から「春の新色」である「BK/SIL」が入荷しました。しかも、今回は期間限定「105コンポ」が「TIAGRAコンポ」価格で購入できると言うお買い得設定です。(実は期間が終わっていると思っていたところ「怖い人」から「まだやってるよ!ぼけええ!w」とお叱りを電話を受け仕入れました。(^^;))
しばらくの間は在庫があるモノに関しては他のカラー&サイズの取り寄せでも対応してくれるそうです。
初めてのロードバイク購入では定番の「アルミフレームロード(キャリパーブレーキ)&105コンポーネント」でお探しの方!いかがですか!!
※「アルテグラ」価格⇒「105」価格にはならないそうです!


WHT/RED

YEL/BK


WHT/BLU

MATTBK /BLU

SIL/RED

BLU/NVY

MATTBK/RED

「corratec」のホームページはこちら