2017 RIDE DISC ADVENTURE-CF

P7200836 P7200837 P7200838
P7200813
2016モデルは『RIDE DISC』と言うモデルがラインナップされていたMERIDAのディスクロードですが、2017モデルは『SCULTURA DISC』と『RIDE DISC ADVENTURE』の2ラインナップが用意されています。
その中でもこの『RIDE DISC ADVENTURE』は流行?のグラベルロードと言われている車種になり、舗装路を快適に走れるのはもちろん『サイクリング』や『ツーリング』の最中にちょっとした『砂利道』、『土の道』等の未舗装路があってもそのまま走行可能な名前のとおり『ADVENTURE』を体験できるロードバイクになります。そして、その『ADVENTURE』を安全に楽しむための装備されている重要な要素のひとつがモデル名に記されている『ディスクブレーキ』なのですが…

こちらの『RIDE DISC ADVENTURE-CF』に装備されている『油圧式ディスクブレーキ』は従来のキャリパーブレーキに比べ軽い力でブレーキを操作する事(ブラケット上でブレーキをかけても十分な制動力を発揮します。)ができ『長い下り』が続く状態であっても腕の疲労はかなり少なくなります。(『長い下り』でブレーキを握り続けて手が痛くなってブレーキが握れない…と言うヤツですね。)、また、雨や砂等によるブレーキ性能の低下も起きにくく『舗装路』はもちろん『未舗装路』でも安心かつ安定した制動力を発揮してくれます。これは1度体験するとなかなか戻れなさそうです。(もちろん気を付けなければならない事もあります。それは後日記事にしてみたいと思います。)

タイヤに関しては最初から28Cのタイヤが装備されており、ちょっとした砂利道を走るくらいだけでしたらグラベルタイヤに交換する必要もなさそうです。(ギリギリ装着できそうなグラベルキング32Cを装備するれば土の道も楽しめそう。)

ドライブトレインもSRAMのリアディレーラー&フロントシングル専用チェーンリングにより未舗装路を走行時の『チェーン外れ』のトラブルの発生が軽減されています。フロントシングルで気になる歯数構成ですが初期装備がフロント42T、リアスプロケット11-42T(11,13,15,17,19,22,25,28,32,36,42)のワイドレシオを装備。フロントシングルだと気になる『上り』も1:1のローギアが用意されいるのでほとんど『上り』に対処可能だと思います。(どちらかと言うと重たいギアが足りなくなりそうです。)

以上のようにオン・オフ(さすがにトレイルは難しそうですが…)問わず1日を自分のペースで走り続ける事ができる1台となっております。

8月末まで2017年モデルの早期ご成約特典をご用意してお待ちしておりますので是非ご利用ください。
*特典内容は店頭でのみご案内させていただきますのでお電話・メールなどでのお問い合わせはご遠慮ください。 






2107 MERIDA画像

とりあえず、本日バタバタしているため昨日のMERIDA 2017モデル発表会で撮った画像をとりあえずお先に…。くわしくは落ち着き次第書いていきたいと思います。
簡単な感想としてはロードの『SCULTURA』は『カーボンのミドルグレード』『アルミモデル』共に2016モデルより変更があります。(上位フレームの同様のセミエアロ形状に変更等)
とは言え今年も去年と同じくやはり『SCULTURA700』の出来がかなりいいかなと。あとはやっと『SCLUTURA』シリーズで小柄な人向け(145cm~)の『SCLUTURA410』と言うシリーズが販売されます。
あと、初めて『650+』に乗りましたが『完成車パッケージではいいところが完全にでないのかな…』な感じですがいろいろと『いじりたくなる自転車』ではありましたが…w
閲覧用のカタログございます。気になる方はお気軽にお申し付けください。
また、
七月末八月末までに『MERIDA 2017モデル』をご注文の方には早期受注特典をご用意させて頂いておりますので、ぜひ、ご利用ください。







MERIDA 2017

IMG_0271.JPG

ディーラーキャンプに来てます。
今年の目玉のひとつ『SCULTURA DISC TEAM』です。

八月末まで2017年モデルの早期ご成約特典をご用意してお待ちしておりますので是非ご利用ください。
*特典内容は店頭でのみご案内させていただきますのでお電話・メールなどでのお問い合わせはご遠慮ください。