明日の1日サイクリングは中止といたします。&お店もお休みいたします。

明日の一日サイクリングですが午前中が雨のピークのようなので中止とさせていただきます。サイクリングは中止ですがお店もお休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。




『防ぐ』とは言っているが『錆びない』とは言っていない…(^^;)


最近、電動アシスト車に比較的標準装備されている『防錆チェーン』。たしかに通常にくらべると『錆びにくく』はありますが『錆びない』わけではありません。しかも、表面上は防錆用のコーティングで大丈夫そうに見えてしまうのでなかなか厄介…(^^;)
今回のケースも表面はまあ少し錆びてるかな…くらい見えますが実際はは『チェーンのリンク部分(コマ部分)』が錆びて固着してしまい、テンションプーリーでチェーンがプーリーに上手くかみ合わないため、ペダルを漕いでいる時に違和感が出てくるのと『カチっ』と言うような異音が発生する状態になっていました。(アシスト車の場合、アシスト機能により多少の抵抗があっても漕げてしまうため気づいていない方もいらっしゃいます。)
こうなってしまうと『注油をした後にチェーンのリンク部分をほぐす』と言う事をしてあげないとなかなか異音やペダルを漕いでいる時の違和感は解消されないです。
と言う事で『防錆チェーン』と書いてあってもちゃんと『注油』はしてあげましょう!

『とりあえず注油』の場合、定番のこちら!




2018 ORBEA展示会。『雑…』と怒られそうですが…(^^;)

基本的には各モデル継続のようです。通常仕様のカラーリングは結構好きなんですよね~あとは『ORBEA』の幕が被さっていたプレゼンテーション発表モデル。おそらく今夜には各WEBサイトで出ているのではないでしょうか…(画像や詳細は7月2日解禁らしいです。(^^;))と人任せ…(^^;)




スプロケットが固くて取り外せない時。工具の取付位置を確認してみましょう。

『「スプロケット」を交換しようと思ったら固くてとれな~い』と言う事ありますよね。そんな時。『スプロケット外し工具』の使い方(取付位置)によって外しづらくなっていることがあります。一度、下記のポイントを確認してみてください。大まかに気を付けて頂きたい点は二つ。

1 スプロケット外し工具(チェーンが付いているモノ)の取付位置
チェーンが付いている取外工具の『スプロケットへの取付位置』によって取り外しやすさはけっこう変わります。

取り外しにくいチェーンのかけ方

歯数の小さいギア(トップ側)にチェーンをかけてしまうと、『ロックリング』を緩める際に一緒に回ってしまう『スプロケット』を抑える力が弱くなってしまいます(またはチェーンが上手くギアかみ合わずに工具がスリップしてしまう。)


このため、歯数の大きいギア(ロー側)にチェーンをかけるようにしましょう。このようにするとしっかりとスプロケットの供回りを抑えることができます。

2.スプロケット外し工具の取付位置2


こちらは悪い例。「スプロケット外し工具」をこのような位置で取り付けると「スプロケット外し工具」に『力』が伝わりにくいため『ロックリング』を緩めようとしてもなかなか緩める事ができません。


こちらが正解。このように取り付けると『ロックリング』に力が伝わりやすく『ロックリング』を緩めやすくなります。

以上の内容は『スプロケット』を外す際の基礎です。スプロケット交換作業の際に『うーん。スプロケットが外れない!』と言う時は一度、工具の位置を確認してみてください。




ついでにスプロケット交換のついでに洗浄するならこちらがおススメ!