3月です。


ユキヤナギ 写真提供:花咲ジジイの「花」麗なる毎日 

三月です。「トクサツガガガ」を毎週楽しみしていた店長です。二期目やってくんないかな…。
そういえば、まだ朝は寒いですが、日中は暖かく自転車に乗っても辛いくない季節になってきましたね。2月はほぼ自転車に乗らない月になっていましたが今月からはちゃんと乗りたいと思います。(^^;)
さて、月初恒例の花咲ジジイの「今月の植物」ですが今月は「ユキヤナギ」「ハナニラ」 ちょっと気が早いですが春の花で、今月中には見られるはずの花たちです

ユキヤナギ まさに雪のように白くそして柳のように枝垂れているのが特徴で「バラ科」で小さい花それぞれには5枚の花びらがあります。『ああ、春だなぁ』と思える花です。

ハナニラ その名が指すように花が咲いてるニラといった感じ。葉をちぎってニオイを嗅いでみればニラのようなニオイがしますが『ニラではないので食べないように!』(^^;)

以上「今月の植物」でした。「花咲ジジイ」さんありがとうございました!
次に今月のイベント・休業日の予定です。

3月10日(日) 朝サイクリング 復活!w AM7:00島忠前集合です。
3月15日(日) 臨時休業日 こどもの行事のため

3月17日(日) 朝サイクリング AM7:00島忠前集合
3月24日(日) 臨時休業日 1日MTBサイクリングのため
3月31日(日) 臨時休業日 1日ロードサイクリングのため

今月から「寒さ」や「私用」でお休みしていた「朝サイ」や「一日ロードサイクリング」などロード系イベントも今月から復活します!「花粉症」の方は辛いかもしれませんがご参加お待ちしております!


ハナニラ 写真提供:花咲ジジイの「花」麗なる毎日

リモートレバー。


Wolf Tooth リモートレバーLA(Light Action) クランプ 限定カラー ¥10,950(税込)

レバー操作のタッチが自分の使っているレバーとと比べモノにならないくらい軽いタッチ…。そして、「質感」も比べ物にならないくらいの「高級感」。
自分のレバーも壊れたから考えよう…。壊れなさそうだけど。

恒例の『組んでないですけど…』シリーズ。(^^;)


ヨツバサイクル YOTUBA 20 プラムピンク ¥30,000(税抜)

2018年度で生産終了になったカラー「プラムピンク」。メーカー在庫がラス1だったので発注してしまいまいた。
一応、メーカー完売商品です!「入学祝い」などで気になっている方!お問い合わせお待ちしております。
店舗在庫としては16インチの『ヒーローレッド』『キャプテンネイビー』も在庫ございます!
YOTUBA18とYOTUBA20はご連絡いただければ試乗することも可能です!(子供たちが乗っている自転車なのでちょこちょこパーツ交換しちゃってますが(^^;))




2月24日(日)に高峰山MTBワールドに行ってきました!

24日(日)は『高峰山MTBワールド』に行ってきました!
前回は、前日夜にに高熱を出し(「わくわく」しすぎる子供か!w)て見事に参加できなかった店長ですが、今回は「体調不良」も「転倒」なく一日楽しむことができました。




こちらのコース。管理者(一人)がハイエースで山の頂上まで搬送作業するため、搬送往復での時間がどうしても掛かってしまうため、ゲレンデDHのようにリフトやゴンドラを使ってガンガンコースを走る!と言う遊び方はできませんが(おそらく1日3~4回くらいがMAX??) 1時間弱の待ち時間はこれはこれで『いい感じのローカル感」といいましょうか…まったりとした空気が流れて、一つの『味』になっています。また、「強制的」に「休憩」することになるため「怪我防止」と言う意味では案外このくらいのペースで走った方がいいのかもしれませんね。
そして、何よりも「体験した人」にしかわからないと思いますが、USJやディズニーのアトラクションよりも「迫力」「楽しさ」「スリル」があるんじゃないかと思ってしまう『頂上までの道のり』!ハイエース(ロング&ワイド)で山道を上っていくのですが脳内は常に『ジェラシックパークのテーマ』か『インディージョーンズのテーマ』が延々と流れていました。あれは「搬送」ではなく「冒険」です。w
もちろん、コースも『ゲレンデダウンヒル』+「トレイルライド」的な雰囲気のコースでとても楽しかったです。(例によって写真なし!(^^;))
ちなみにお客様が動画を撮ってくれていたのでその様子がこちら…。途中何か所もジャンプできる箇所がありますが「高さ」にビビッて飛べる気がしないです。(^^;)

参加頂いた皆様お疲れ様でした!
一応、来月24日(日)も「MTBサイクリング」は行う予定です。(31日(日)は「ロード」)ご参加お待ちしております!




昨日の記事の続き…。コンポ―ネントの品番を調べるには(シマノのロードコンポーネント場合)

昨日の記事の続き?的な話ですが、もし、自分の使用しているコンポーネントの品番を調べたいときは、パーツの裏側?(基本的に見えにくい箇所…(^^;))を見て頂くと大概品番が刻印がされています!
デュアルコントロールレバー

ブラケットの外側。ブラケットカバーをめくると見えやすいです。
フロントディレーラー

変速機の『内側の羽根』の裏。単品でと見やすいですが、自転車本体に取付されているとかなり見えづらい…。
リアディレーラー

こちらも本体に組み付けられているとかなり見えづらいですが…リアディレーラーの真裏です。
ブレーキ

ブレーキの本体の真裏。
クランク

唯一の見やすい箇所かも…。ちなみに「170」と刻印はクランク長が170mmを意味していますので「型番」と同時に何ミリの「クランク長」を使用しているかもわかります。
カセットスプロケット

こちらも本体からホイールを取り外せばわかりやすいです。
チェーン

モデルによっては違う事もありますが基本的にはチェーン横に刻印がされています。
以上がシマノロードコンポーネントの刻印の箇所でした。