2020 GIANT展示会 5 CONTENDシリーズ

2020 GIANT展示会 今回はCONTENDシリーズです。(全モデルではありません)


2020 GIANT CONTEND AR2 ¥150,000(税抜)
リムブレーキモデルの「CONTEND」よりもハンドル位置が高く、泥除け、700x38Cまで対応可能なフレームを採用した「使い方はあなた次第!!オールラウンドロードバイク」と言う感じしょうか。(^^♪
基本コンポーネントは「Shimano TIAGRA」に「GIANT CONDUCT BRAKE」が採用されています。(個人的には値段が上がっても海外で展開がある「AR1」(105仕様)の方が良さそうな感じなのですが展開しないのはなぜだろう…)
「ホイールの取付方式」「ディスクブレーキ規格」は前後12mmスルーアクスル+フラットマウント採用(ディスクブレーキの取付方式)と最新規格が採用されています。

2020 GIANT CONTEND AR3 ¥125,000(税抜)
『Shimano SORA』に「機械式ディスクブレーキ」を採用したモデル。「ホイールの取付方式」「ディスクブレーキ規格」に関しては「AR2」と同じく前後12mmスルーアクスル+フラットマウント採用(ディスクブレーキの取付方式)と最新規格でパーツのアップグレードも問題なしです。

2020 GIANT CONTEND SL1 ¥155,000(税抜)
今年はリムブレーキモデルの「CONTEND 」シリーズがモデルチェンジ。ワイヤールーティングが「TCR」シリーズのルーティングを参考にシンプルなフレーム内装のワイヤールーティングになり、カーボンフォークもフルカーボンのモノになりました。また、タイヤも700x28C のチューブレスレディタイヤが採用されています。(SL1、2共に)
『SL1』は「R7000 Shimano105」をメインコンポーネントに採用しているモデルです。

2020 GIANT CONTEND SL2 ¥135,000(税抜)
メインコンポーネントに「TIAGRA」 を採用したモデル。
「SL1」「SL2」共にフレームは「ALUXX SL」を採用してます。

2020 GIANT CONTEND1 ¥100,000(税抜)
「COTEND SL」シリーズだけではなくエントリーロードバイクの定番モデルの「COTEND」もフレーム・フォーク共にモデルチェンジされケーブルルーティングやカーボンフォーク(フルカーボン)は「CONTEND SL」と同様になっています。(フレームは「ALUXX」アルミを採用)
メインコンポーネント:Shimano SORA タイヤは「チューブレスレディタイヤ」ではなく、クリンチャータイヤ 700x28Cです。

以上 2020 GIANT COTENDシリーズでした。




2020 GIANT展示会4 気になったクロスバイク。

2020 GIANT展示会シリーズ。今回は気になったクロスバイク編です。

2020 GRAVIER DISC ¥62,000(税抜)
27.5x1.75タイヤを採用している安定感抜群のクロスバイクに「安定した制動力」を持つ油圧ディスクブレーキモデル(Shimano製)が追加されました。
見た目では想像できない「軽快さ」も持ちタイヤもスキンサイドが採用され今まで以上に人気が出そうです。

2020 GIANT ESCAPE R DISC ¥62,000(税抜)
クロスバイクの超定番モデル「ESCAPE」シリーズの油圧ディスクブレーキモデル。こちらも「Shimano製油圧ディスクブレーキ」採用モデルでこの価格でShimano製を採用するとは恐ろしいコストパフォーマンスです…。(他社だと価格が高いかサードパーティ製品を使用すしていることが多いです。)
今年モデルからVブレーキモデルを含めタイヤが「700x30C」を採用しています。

2020 GIANT ESCAPE R DROP ¥66,000(税抜)
ついに「クロスバイクの魔改造」の鉄板ネタが本商品になってしまいました!w
もちろん「魔改造」するより安いコストです。ドロップハンドル化を考えている方は素直にこちらのモデルを購入する事をおススメします。(^^;)
このモデルはやっぱり「GIANT JAPAN」が企画提案したのかな…

以上 2020 GIANT 気になったクロスバイク編でした。




2020 GIANT展示会3 DEFYシリーズ

2020モデルGIANT展示会パート3です。今回はDEFYシリーズです。

2020 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1 ¥630,000(税抜)
フルモデルチェンジにより快適性だけでなく巡行性能も高くなった「DEFY」のADVANCEDPROシリーズ。こちらは「UltegraDi2(油圧ディスクブレーキ)」のコンポーネントに「SLR1 カーボンディスクホイール」「自社クランク型パワーメーター」「CONTACT SLR D-FUSE DROPカーボンハンドルバー」を採用したモデル。また、フェンダーや700x32Cまで対応可能なレースからロードツーリングまで様々用途に対応できるロードバイクです。

2020 GIANT DEFY ADVANCED PRO 2 ¥450,000(税抜)
『1』との違いですが「コンポーネントが機械式Ultegra(油圧ディスクブレーキ)」「パワーメーターは無し」「ハンドルバーがアルミ製」が主な変更点です。

2020 GIANT DEFY ADVANCED ¥250,000(税抜)
Shimano105油圧ディスクブレーキによる軽いブレーキタッチとどんなコンディションでも安定したブレーキ性能をほこり、32Cチューブレスレディタイヤ、D‐FUSEハンドル&シートピラー採用に快適性を実現した初めてのカーボンロードバイクをお探しの方におススメバイクです!

以上 GIANT展示会パート3でした。
GIANTのWEBページも2020モデルに変更されました!こちら




2020 GIANT展示会2 PLOPELシリーズ

2020 GIANT展示会 今回はエアロロードモデルPROPLEシリーズです。

2020 GIANT PLOPEL ADVANCED SL 0 DISC ¥1,300,000(税抜)
ADVANCED SLフレーム、SRAM RED etapAXS12速、F:CADEX42TUBELESS DISC R:CADEX 65 TUBELESS DISC、SRAM RED AXSwithQUARQ Power Meter、とハイエンドパーツが全て採用されているいつもの「これ買ったら買い替えはきっと必要なしバイク」です。

2020 GIANT PLOPEL ADVANCED SL 1 DISC ¥850,000(税抜)
こちらは「SL」フレームにコンポーネント(SRAM FROCE etap AXS)とホイール(GIANT SLR1 AEROホイール)等パーツ構成が1グレード下が採用されているモデルです。グレードはダウンしているのですがなかなかのお値段価格設定になってしまっています。とは言え、「SL0」「SL1」どちらとも「無線変速機」に「油圧ディスクブレーキ」採用でケーブルルーティングが大変なエアロロードを作業する自転車屋さんにとっては大変ありがたい完成車とも言えます。w
ちなみにPROPLE ADVANCED SL DISC FRAMESET

の価格は¥370,000(税抜)です。

2020 GIANT PROPLE ADVANCED PRO 1 DISC ¥640,000(税抜)
調整可能なエアロシートポストを採用している「ADVANCED PRO」シリーズ。今年新しくなった「自社クランク型パワーメーター」と「UltegraDi2」「GIANT SLR1 AEROホイール」採用の実践向け完成車です。
2020 GIANT PROPLE ADVANCED PROシリーズのDISCモデルはこちらのモデルのみなります。

2020 GIANT PROPLE ADVANCED PRO 0 ¥600,000(税抜)
PLOPEL ADVANCED PRO シリーズのリムブレーキモデル。「自社クランク型パワーメーター」と「UltegraDi2」「GIANT SLR1 AEROホイール」が採用されています。使用者の好みもあると思いますが、個人的には安定した制動力やスルーアクスル規格による下りの安定性、ディスクロードモデルの一般化等を考えるとあと4万円(税抜)を足してDISCモデルの方がいいような気も。

2020 GIANT PROPLE ADVANCED PRO 1 ¥430,000(税抜)
ざっくり「PRO 0」のコンポーネントが「機械式Ultegra」バージョンのモデルです。

2020 GIANT PROPLE ADVANCED 1 SE ¥285,000(税抜)
調整可能なカーボンエアロシートポストとノーマルステム(「SL」「PRO」シリーズ専用エアロステム)が採用されているポジション調整の自由度が高いエアロロードバイク。こちらのSEは「自社クランク型パワーメーター」も採用されています。

2020 GIANT PROPLE ADVANCED 2 ¥225,000(税抜)
ADVANCEDフレームに105コンポーネントを採用したモデル。エアロロードと言うと「レース」のイメージですが巡航性能が高いと「ロングライド」の平坦区間や下り区間はノーマルのバイクよりも快適に走れるためサイクリングメインの方にもおススメのバイクです。

以上 2020 GIANT展示会 パート2でした。
GIANTのWEBページも2020モデルに変更されました!こちら




2020モデル GIANT展示会1 TCRシリーズ

2020モデル GIANT展示会の模様です。2020モデルは各モデルラインナップを去年よりも絞って展開しているようで(ミドルグレード以上)販売する側も購入する側も購入希望モデルを選択しやすく(もしくは選択できない…(^^;))なっています。
まずはTCRシリーズ(全モデルではありませんが。)
2020 GIANT TCR  ADVANCED SL1 DISC ¥790,000(税抜)
TCR  ADVANCED SLの DISCブレーキモデル。「チーム使用のShimanoじゃないんかい!?」とツッコミを入れそうな方もいそうですが『SRAM FORCE eTap AXS』がメインコンポです。去年は「UltegraDi2」で68万円(税抜)だったので「タイムリーな無線12速を取るか…安定のShimanoUltegraDi2をとるか…」と言うところだったのでしょうが「タイムリーな無線12速&クランク型パワーメーター&GIANTSLR1 42DISCホイール」のパッケージになっています。
ちなみに「ADVANCED SL」シリーズのディスクモデルはこのモデルのみです。また、今年もフレームセット販売はありません。

2020 GIANT TCR  ADVANCED SL2 ¥470,000(税抜)
TCR ADVANCED SL のリムブレーキモデル。グランツールからクラッシックレースまで全てに対応できる稀代の「トータルレースバイク」。
フレームの性能だけでなくGIANTらしく抜群のコストパフォーマンスで希望小売価格300,000の「ADVANCED SL」フレームに「右左パワーメーター(Ultegra)」と「機械式Ultegra」と「GIANTSLR42カーボンホイール」が採用されパーツごとの低下を足し算すると「ホイール代入っていないよね??」と言う価格設定になっています。
こちらもADVANCED SL」シリーズのリムブレーキブレーキはこの完成車かフレームセット販売(カラー:ホワイト)のみの展開になっています。

2020 GIANT TCR  ADVANCED PRO TEAM  DISC ¥440,000(税抜)
CCCデベロップメントチームがレースで使用するレプリカモデル。カラーリング以外は『2020 GIANT TCR  ADVANCED PRO 2DISC』と同じ内容です。
が!!!2020先行モデルはすでにメーカー完売です!(^^;)

2020 GIANT TCR  ADVANCED PRO 2DISC ¥440,000(税込)
去年よりも3万円(税抜)ほど値上がりしましたが、GIANT自社クランク型パワーメーター(希望小売価格10万円)が採用され実質値下げみたいな事になっています。
今年もディスクロードバイクの中で一番のおススメバイクです!
『ADVANCED フレーム』「OD2フォーク」『機械式Ultegra』『左右クランク型パワーメーター』『GIANT SLR1 42mmカーボンホイール 』が採用されています。
ADVANCEDPROシリーズのディスクブレーキモデルはこの完成車モデルのみの展開です。

2020 GIANT TCR ADVANCED PRO 1 ¥380,000(税抜)
「TCR ADVANCED PRO」シリーズのリムブレーキモデル。こちらも去年モデルよりも3万円(税抜)ほど値上がりしましたがGIANT自社製左右クランク型パワーメーターが採用されています。
『ADVANCED フレーム』「OD2フォーク」『機械式Ultegra』『左右クランク型パワーメーター』『GIANT SLR1 42mmカーボンホイール 』が採用されています。
「ADVANCEDPRO」シリーズのリムブレーキモデルはこの完成車モデルのみの展開です。

2020 GIANT TCR ADVANCED 2 KOM  SE ¥210,000(税抜)
「ADVANCED」フレームに105コンポーネントと左クランクパワーメーター(自社モデル)を採用したモデル。また、34Tのワイドギアが採用されているため初めての「峠に行く」または「連れていかれる…。w」際も28Tや30Tよりは「辛さ」は多少軽減されると思います。また、パワーメーター(左側のみ)が採用されているため、対応するサイクルコンピュータで「W数」を管理すればサイクリング時のペース配分が従来のサイクルコンピュータよりも正確に行う事ができます。(無理をしない、頑張り過ぎないを数値として判断しやすくなる
また、写真を撮り忘れてしまいましたがカラーはもう1色

「レッド」もあります。
もうひとつ「ADVANCED」シリーズのラインナップは

「ADVANCED」フレーム 「機械式Ultegra」「左右クランク型パワーメーター」採用の「TCR ADVANCED 1 SE」¥280,000(税抜)も展開されています。

2020 GIANT TCR SL1 ¥150,000(税抜)
今年のTCR アルミモデルは「SLR」シリーズがなくなり「SL」シリーズのみの展開になっています。ALIXX SLアルミフレームにカーボンフォーク、105コンポーネント(ブレーキはTEKTRO  )、チューブレスレディタイヤが採用されています。レース志向のエントリーユーザーにおススメのバイクです。

2020 GIANT TCR SL2 ¥135,000(税抜)
ALIXX SLアルミフレーム、カーボンんフォーク、TIAGRAコンポーネント(ブレーキはTKETRO)が採用されているモデル。SL1もそうですがリアスプロケットが「11-34T」が採用されているため斜度のキツイヒルクライムレースにもそのままの状態で対応可能?

以上 2020 GIANT TCRシリーズでした。
GIANTのWEBページも2020モデルに変更されました!こちら

そういえば…

今年、全日本選手権に勝ったシマノレーシングの入部選手の実車も展示されていました。