2020 SHIMANO展示会

2020シマノ展示会の写真です。またまたO様の写真を多数頂いているのでまとめて…(^^;)
今年の話題はグラベル系コンポーネント「GRX」と12速になったMTBコンポーネント「SLX(M7100)」「XT(M8100)」そして、今年もE-BIKEユニット「STEPS」。
「GRX」は資料を見て初めて気づいたのですが、ブレーキレバー専用左レバーにすでにやっている方もいると思いますが「ドロッパーシートポスト対応」モデルがあったり、取付作業する側としては「むむむ…」と思ってします「油圧補助ブレーキレバー」があり。「SLX」「XT」を見ているとついにMTB12速の時代がきたんだ…とか、「STEPS」は分解モックすげー!!と言う感じの展示会でした。



 







2020 GIANT展示会 MTB編

2020 GIANT展示会 。最後はMTB編です。正直、人気がないのか展示会の片隅に追いやられていました…(^^;) 
2020 GIANT REIGN29ER 1 ¥500,000(税抜)
エンデューロやハードなトレイルライド向けのMTB「REIGN」に29erが登場。F160mm R146mmにリアセンターが439mmと短めです。
クロカン系、トレイルライド系。そしてエンデューロ系バイクもぐるっと1周回って29er。まあ、車輪が大きい方が走破性が高いので29erでさらにリアセンターが短めになっているので乗れればいいバイクだと言う事は理解できるのですが…170cm弱の身長で日本人体形だと「下り」や「何か時に」股間をヒットしそうで怖いんですよね…w
2020 GIANT REIGN 2 ¥330,000(税抜)
こちらは27.5インチのREIGN。アルミフレームモデルです。
ジオメトリーなどは昨年と変わっていません。 そういえば「SRAM SX EAGLE」のおかげか今年は1x12速のラインナップが増え、なんと¥110,000(税抜)のモデルでも1x12速なんです!ちなみに店長はまだ11速!不満はないですけどね。(^^;)

2020 GIANT TARANCE 29ER 2
こちらも昨年から展開したTRANCE 29er。今年は新型SLX(12速)をメインコンポに採用(ブレーキはMT520)しています。
トレイル遊びが楽しくなる1台です。

2020 GIANT TRANCE ADVANCED 2 ¥390,000(税抜)
上記の写真ですがカタログと「グレー」部分の見え方がちょっと違っていますが27.5インチモデルの「TRANCE」。フロントカーボンフレーム、カーボンチューブレスホイール、SRAM1x12、チューブレスレディタイヤ採用で変更するべきパーツは気になるならブレーキの「Shimano MT420」ぐらいと言うコストパフォーマンスの高い1台となっております。
そういえば、今年のGIANTのMTBは一部のモデルを除き変速系統は「SRAM」。ブレーキが「Shimano製」と言う採用が多かったです。コスト的な問題(価格設定の問題)もあるのでしょうが、高温多湿の日本向けに吸湿性が高い「DOTオイル」を使用しているSRAMよりは「ミネラルオイル」を使用している「Shimano製」を…と言う考えもあるのかもしれません。(もちろん!ミネラルオイルもちゃんとオイル交換のメンテナンスは必要です!)

2020 GIANT TRANCE 3 ¥280,000(税抜)
アルミフレーム&27.5インチサイズのMTB。マエストロサスペンションテクノロジーとF150mmR140mmのサスペンションでトレイル遊びを楽しむための最初の1台に最適なモデルです。ただ…採用されているコンポ―ネントは上位モデルの「TRANCE ADVANCED2」ほぼ同じと言う事で、あと約12万(税込)足すとカーボンフレームにカーボンホイールになると言うなんとも悩ましい価格設定になっております。(なにせ後日12万円払ってもカーボンフレーム&カーボンホイールは買えないのです…(^^;))

2020 GIANT FATHOM 1 ¥180,000(税抜)
19モデルから27.5x2.6インチタイヤを採用され「トレイル遊び」がより楽しく走れるようになったFATHOM。私自身も18モデルをカスタムして乗っています!扱いやすくて本当におススメのバイクなのですが…いまだにリアのスルーアクスル化はしてくれない…去年BOOSTサイズになっても「クイックリリースレバー」のままです。(^^;)

2020 GIANT ANTHEM ADVANCED PRO 29ER1 ¥550,000(税抜)
カーボンフルサスXCバイクの決定版!迷ったらコレ!と言う感じです。
基本コンポーネントは新型XT12速を採用しています。

2020 GIANT ANTHEM 29ER3 ¥260,000(税抜)
軽量アルミフレームのANTHEM29ER。ANTHEMは全て29erになりました。やはりXCは29の方が有利と言う事なんですね。w

2020 GIANT XTC + ¥265,000(税抜)
29erホイールにも対応可能な27.5+のカーボンハードテイルバイク。シングルスピード化も可能です!

以上、全てではありませんが2020GIANT展示会 NTB編でした。あと、まだ発表されていないMTB(できない)モデルが2車種ありますのでそちらも発表が楽しみです。
2020 GIATNのサイトはこちら




2020 GIANT展示会パート9 E-BIKE(MTB)

2020GIANT展示会 そろそろ「小出しにしすぎ!」と言われそうですがあと1回で終了です。そして、今週水曜日は「ツールド展示会 クイーンステージ」でもあるため当分ブログは展示会ネタが続きます。(^^;)
そして今回はあちらこちらすでに紹介されているE-BIKE(MTB)です。


2020 GIANT TRANCE E+ PRO ¥580,000(税抜)
上りも下りもトレイルを楽しく!楽に!速く!走る!!事ができるE-MTBの「TRANCE E+ PRO」上り・平坦は最大トルク80Nmの「SyncDrive PRO」のアシストとマエストロサスペンションテクノロジーにより今まで辛かった坂も荒れた路面もは軽いギアでクルクル回せばドンドン進み、下りも前150mm(フロントはE-BIKE用)後140mmのサスペンションとこちらおマエストロサスペンションテクノロジーにより楽しく下れると言う無限バズーカを手にしたバイオハザードの主人公ような無敵なBIKEです。
バッテリーもフレーム内に内蔵され見た目もスッキリ!!

2020 GIANT FATHOM E+ PRO ¥380,000(税抜)
こちらも最大トルク80Nmの「SyncDrive PRO」採用のハードテイルMTB。キックスタンド台座もあり山遊びだけでなく快適なオンロードサイクリングも楽しめます。またフレームサイズ405(S)は身長155cmから対応可能となっております。

「TRANCEE+」「FATHOM E+」共に採用されている「SyncDrive PRO」ですが最大80Nm 最大サポート率360%と言うハイパワーなアシスト力(大雑把に言うと「PWOERモード」では最大、人が漕いだ100%のペダル入力を360%入力にしてくれるといわけです。※「モード」や「速度」、「ペダル入力値」によって変化します。)にケイデンス対応最大120rpmと言う高ケイデンスにも対応しており、ケイデンスが高くなる傾向にある「E-BIKE』でも無駄なく効率よくアシストしてくれるユニットです。また、もう一つのクロスバイク型E-BIKE に採用されているミドルグレードの「SyncDrive SPORT」とスペック表を見比べると「パワーモード(アシスト最大モード)」でのアシスト率はそこまで変わりませんが、その他の4段階あるモードの差は1.2倍~2倍の差があり、ユニットのラチェット数も違い(SPROT 16ラチェット PRO24ラチェット)反応性もかなり違うようです。

以上 2020GIANT展示会 パート9?でした。
2020モデルのサイトはこちら