マルイさんとミズタニ自転車さんの展示会。ちょこっと



やっと、「ツールド展示会」が終了しました。最後はマルイさんとミズタニ自転車さんの展示会で撮った写真をちょこっと…。

参考出品で噂の「ポリウレタン製軽量チューブ」。パンク修理は専用パッチを使って修理します。実際に触った感触はけっこう固めだったので乗り心地がどうなのかが気になるところです。

こちらも参考出品のセルフクリーニング機能があるBB。ヘッドパーツではすでに商品としてあるようで、カートリッジベアリングの中に超微小な凸凹があるセラミックベアリングが数個封入されており、その「デコボコセラミックベアリング」が不純物を粉砕することにより通常上のベアリングに比べクリーンな状態を保ってくれると言うモノだそうです。
あとは…

MAXXISのNEWタイヤとか…

2019 CENTURION GRAVEL 3000 ¥230,000(税抜)
新型R7000 105採用のグラベルロードとか…

2019 CENTURION GRAVEL 2000 ¥170,000(税抜)
TIAGRA・機械式採用のグラベルロードとか…。ちなみに今年のCENTURIONのロードバイク。あと、もう一モデルのアルミフレーム・アルテグラ油圧ディスクブレーキ採用の「2019 CENTURION GRAVEL4000 ¥310,000(税抜)」の3種類のみと言う大胆な展開です。

SCHWINNの子供車は今年もかわいらしいです。

同じく参考出品のカギ。「ネコ」のはけっこう良さそうです。
続いてミズタニ自転車ですが…ほとんど写真を撮ってないのはいつもの事ですが…

NINER RLT9RDO フレームセット ¥320,000(税抜)

NINER RLT9 STEEL フレームセット ¥230,000(税抜)

NINER RLT9 ALLOY フレームセット ¥166,000(税抜)

NINERは日本では「グラベルロード」の方が売れているのでしょうか。MTBフレームセットよりも前面に展示されていました。

THOMSON ドロップハンドルバー。

Defeetの靴下。
という感じで完全に展示会疲れしている店長でした。(^^;)




臨時休業日のお知らせ

大変申し訳ございませんが今週末6日(土)は「こどもの運動会」のためお休みを頂いております。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
怪我しないように気を付けます。w

電動アシスト車のギア摩耗 パート2




火曜日の続き…。こちらも以前記事に書いたかもしれませんが、アシスト車のアシストとして動く重要なこの写真の歯車(小ギア)の変摩耗により「ハトビ」(ペダルを踏んだ際にギアが上手くかみ合わずすっぽ抜けるような感覚でペダルが漕げなくなる状態)が起きることがあります。

上が「古い小ギア」、下が「新しいギア」。正直、フロントチェーリングの時と違い摩耗具合を「目視」では確認できない…。(^^;)
「ハトビ」の原因は目視で確認することがしにくいため、怪しそうなパーツを一つずつ交換することになるのですが、だいたい場合「リアカセットスプロケット」の摩耗が原因であることが多く、次にフロントチェーリング(特に多いのがフロントトリプルギアの場合のミドルギア)が原因の大半です。基本的にはこれらを交換することにより問題は解決しています。(もちろん、稀にそれ以外の原因で延々とトライ&エラーをすることになる事もあります。)ちなみに「チェーン」が原因で「ハトビ」が起きる事はあまりないです。※「錆」によるチェーン固着は除く)
また、内装三段の軽快車(いわゆるママチャリ)で上記のような「ハトビ」のような現象が起きている場合、「ギアの摩耗」以外にも「変速機側」のリアホイール固定ナットの緩みによる「変速不良」が原因の事も多く、「なんかガッチャン!ガッチャン!すっぽ抜けるような感じでペダルが上手く焦げない!」と言うときは「下の写真のナット」が緩んでいないかどうか確認してみるといいでしょう。




すんません!「音駒」をなめてました!!w

以前も記事にしたかもしれませんが…


電動アシスト車のフロントチェーリングも摩耗します。
拡大すると…

もはや「武器」…(^^;)
こうなるとチェーンがギアに「かみ合わなく」なってしまったりします。こうならないためにもチェーンへの「注油」は1か月に1回くらいはするようにしましょう!特に「電動アシスト車」の場合チェーンが錆びていてもアシストの力により気にせず漕げてしまい、「油の切れたチェーン」「チェーリング」『ゴリゴリと削る」事になってしまうのです。
ちなみにこの「チェーリングの摩耗」の話…。木曜日にも続く予定です。