2020 GIANT展示会パート8 LIVシリーズ

2020GIANT展示会。今回は女性向けに開発されているLIVシリーズ。(全モデルではありません。)

2020 LIV LANGMA ADVANCED SL ¥800,000(税抜)
女性に適した剛性バランスで作成されたオールラウンドカーボンロードバイク。その性能は「CCC LIV」の活躍が証明しています。
『SRAM FORCE eTAP AXS(クランクはQUARQパワーメーター)」「CADEX 42TUBLESS」採用のレースモデル。

2020 LIV LANGMA ADVANCED PRO 2 DISC ¥450,000(税抜)
「SL」と同じく女性に適した剛性バランスで作成されたディスクカーボンフレームに「GIANT カーボンディスクホイール」「自社クランク型パワーメーター」を採用。また、手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)が採用されています。

2020 LIV LANGMA ADVANCED 2 DISC ¥280,000(税抜)
アドバンスドグレードの「LANGMA」こちらも手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)のShimano105が採用されています。

2020 AVAIL ADVANCED PRO 2 ¥420,000(税抜)
女性向けロングライドモデルの「AVAIL」がフルモデルチェンジしました。アップライトな乗車姿勢のディスクブレーキ専用カーボンフレームとD-FUSEカーボンシートピラー・ハンドルバーによる振動吸収性と安定感・安心感のあるちょっと太めの700x32Cのチューブレスタイヤが快適に楽しいロングライドを約束してくれます。
こちらのモデルも手の小さく握力が弱い女性でも操作がしやすく。確かな制動力が得られる油圧ディスクブレーキのショートリーチタイプ(ブレーキレバーまでの距離が短く、変速レバーも押しやすい設計)のShimano Ultegra(機械式)が採用されています。

2020 LIV  ESCAPE RX DISC ¥80,000(税抜)
女性向けクロスバイク「ESCAPE RX」に軽いタッチ(油圧ディスクブレーキ初体験の方はだいたいびっくりします!)でたしかな制動力のDISCモデルが登場しました。
女性用コンフォートサドル採用でお尻も痛くなりにくく通勤・通学にお勧めのモデルです。

2020 LIV  ESCAPE RX ¥65,000(税抜)
定番の女性向けクロスバイク。こちらも女性向けコンフォートサドルや520mm幅のハンドルバー、XXSサイズには160mmのショートクランク採用と女性向けならでは快適パーツが採用されています。

2020 LIV BRAVA SLR ¥240,000(税抜)
年々価格が上がっているような気がする「BRAVA SLR」ですが…パーツ構成(軽量アルミフレーム、SRAM APEX1油圧ディスクブレーキ チューブレスホイール&タイヤ)を考えるとまだまだコストパフォーマンスの高い女性向けシクロクロスバイクです。

2020 LIV PIQUE 29ER 3 ¥290,000(税抜)
XCレースやマラソンレースに最適なトラベル量の女性用フルサスペンションMTB「PIQUE」が29erになって新登場。「あれ27.5が最高!って言ってたじゃん」と言ってはいけません…(^^;) まあ、乗れるなら29インチの方速いし、走破性いいし、いいに決まってるよね…。

2020 LIV INTRIGUE 2 ¥340,000(税抜)
フロント150mmリア140mmのトレイル遊びを楽しくしてくれるフルサスMTB。SRAM NX EAGLE 1x12、前後BOOST規格、ドロッパーシートポスト、チューブレスホイール・タイヤ採用の基本的にそのままでも十分な装備です!

以上 2020 LIVシリーズでした。
2020 LIVシリーズのWEBサイトはこちら 




2020 GIANT展示会パート7 キッズ、ジュニアバイク

2020GIANT展示会シリーズ。今回はキッズ・ジュニアバイクです。

2020 GIANT TCX ESPOIR 24 ¥69,000(税抜)
オフロードだけでなくオンロードも快適に走れるジュニア用シクロクロスバイク。リーチが短く操作しやすいマイクロシフト社シフトレバーに補助ブレーキと機械式ディスクブレーキが採用され、リア変速は「Shimano CLARIS 1x8速」です。
重量:9.9kg フレームサイズ:35 適応身長135~150cm

2020 GIANT ARX 24 ¥45,000(税抜)
フロント1xリア8速きで重量9.2kg(エスケープJR24よりも軽いです。)。オンロードもちょっとしたオフロード(バイクロアぐらいな走れちゃうでしょう)も気にせず走れる24x1.5のセミブロックパターンのタイヤを採用した人気ジュニアモデルの「ARX24」。春先には完売になってしまう事も多いため気になる方は冬の間に購入する事をお勧めします!
フレームサイズ:30.5 適応身長130~145cm


2020 GIANT ESCAPE JR24 ¥35,000(税抜)
こちらも人気が高いジュニア用クロスバイク。日常使いから親子サイクリングまで楽しく走ることが可能です!1x7速
重量:11.3kg
フレームサイズ:35 適応身長:135~150cm

2020 LIV ALIGHT 24 ¥35,000(税抜)
こちらも『問い合わせがある時はすでにメーカー在庫完売』なジュニア用クロスバイク。足つき性が高くスカートでも乗り降りしやすい「スタッガード」フレームが採用されています。また、実測していないので正確なところはわかりませんがカタログスペックはこちらのモデルの方が「ESCAPE JR 24」よりも500g軽いようです。
「ESCAPE JR24」「ALIGHT24」共にセンタースタンドが標準装備されています。
フレームサイズ:31.5 適応身長:135~150cm

2020 LIV ENCHANT24 ¥37,000(税抜)
女の子用24インチMTB。サスペンション採用でデコボコ道も歩道にある段差もスムーズに走り抜けることが可能です。難点はサスペンションフォークがある分「重量」が重い…。
重量:11.7kg
フレームサイズ:30.5 適応身長130~145cm

2020 LIV ENCHANT20 LITE ¥32,000(税抜)
女の子用20インチMTB。はサスペンションフォークは採用されていませんがその分「軽く」なります。太めのタイヤで日常使用の段差もスムーズに走る事ができます。
重量:10.9kg フレームサイズ:25.4 適応身長:115~135cm

2020 GIANT JR 20 LITE ¥32,000(税抜)
上記の「LIV ENCHANT20」のカラー違いで男の子用と言う事にはなっています。イメージ的にて年中~年長さん辺りで12、14、16インチからこのサイズ乗り換える事が多いです。
重量:10.9kg フレームサイズ:25.4 適応身長:115~135cm

2020 GIANT ANIMATOR 16 ¥30,000(税抜)
補助輪付きのキッズ用自転車。今年はフレーム設計の変更によりスタンドオーバーハイトが低くなりより跨ぎやすくなっています。
また、一般的な子供車に採用されているキャリパー・バンドブレーキとは違い「Vブレーキ」が採用されているため握力の弱いお子様でもしっかりと止まる事ができます!
重量:9.4kg フレームサイズ:21 適応身長:95~120cm

2020 LIV ADORE 16 ¥32,000(税抜)
基本的には「ANIMATOR 16」と同じですが「カゴ」が付いてるので¥2000円高くなっているぽいです。
こちらも「跨ぎやすいフレーム」と「Vブレーキ採用による確かな制動力」で安心のキッズ用自転車です。

以上 2020GIANT・LIV ジュニア・キッズバイクでした。
2020モデルのWEBページはこちら




2020 GIANT展示会パート6 TCX、REVOLT

2020GIANT展示会 今回はTCX、REVOLTシリーズです。

2020 GIANT TCX ADVANCEDPRO 1 ¥450,000(税抜)
GIANTが誇るカーボンシクロクロスバイク。剛性感の高いOD2カーボンフォーク、シクロクロス用カーボンディスクホイール(チューブレス対応)、SRAM FORCE CX1採用されています。もちろん、前後12mmスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキと規格は最新です。

2020 GIANT TCX ADVANCEDPRO 2 ¥320,000(税抜)
「ADVANCEDPRO1」と同じフレーム&フォークに「SRAM RIVAL1」「アルミチューブレスホイール」が採用されています。フレーム、フォーク、コンポもしっかりとしているので「1」ではなくこちらのモデルで将来的に決戦用ホイール準備するのも良さそうです。

2020 GIANT TCX SLR 2 ¥190,000(税抜)
「ALUXX SLR」アルミフレームを採用したアルミシクロクロスバイク。「APEX1」に「GIANT CONDUCT油圧ディスクブレーキ」が採用されています。
GIANTの自社油圧ディスクブレーキもいいのですが、メンテナンス性などを考えるといっそ機械式でも良かったのではないかな…とも思たりもして…。

2020 GIANT REVOLT  ADVANCED 2 ¥290,000(税抜)
700x45Cまで装着可能なカーボングラベルバイク。コンポは「105」が採用され「え~GIANTなのにシマノの目玉コンポGRXじゃないの??」と思ってしまうのですが「GRX」ではありません。
まあ、不満はないのですが販売する側としては「GRX」の方が営業トークは増えそうな気が…

2020 GIANT REVOLT 2 ¥135,000(税込)
こちらはアルミフレームのグラベルバイク。ホイール・ブレーキなどの規格は最新規格を採用しコンポーネントのグレードを下げることによりお求め易い価格帯にしてあるコストパフォーマンスの高いモデルです。

以上 2020GIANT展示会 パート6でした。
2020モデルのサイトはこちら




2020 GIANT展示会 5 CONTENDシリーズ

2020 GIANT展示会 今回はCONTENDシリーズです。(全モデルではありません)


2020 GIANT CONTEND AR2 ¥150,000(税抜)
リムブレーキモデルの「CONTEND」よりもハンドル位置が高く、泥除け、700x38Cまで対応可能なフレームを採用した「使い方はあなた次第!!オールラウンドロードバイク」と言う感じしょうか。(^^♪
基本コンポーネントは「Shimano TIAGRA」に「GIANT CONDUCT BRAKE」が採用されています。(個人的には値段が上がっても海外で展開がある「AR1」(105仕様)の方が良さそうな感じなのですが展開しないのはなぜだろう…)
「ホイールの取付方式」「ディスクブレーキ規格」は前後12mmスルーアクスル+フラットマウント採用(ディスクブレーキの取付方式)と最新規格が採用されています。

2020 GIANT CONTEND AR3 ¥125,000(税抜)
『Shimano SORA』に「機械式ディスクブレーキ」を採用したモデル。「ホイールの取付方式」「ディスクブレーキ規格」に関しては「AR2」と同じく前後12mmスルーアクスル+フラットマウント採用(ディスクブレーキの取付方式)と最新規格でパーツのアップグレードも問題なしです。

2020 GIANT CONTEND SL1 ¥155,000(税抜)
今年はリムブレーキモデルの「CONTEND 」シリーズがモデルチェンジ。ワイヤールーティングが「TCR」シリーズのルーティングを参考にシンプルなフレーム内装のワイヤールーティングになり、カーボンフォークもフルカーボンのモノになりました。また、タイヤも700x28C のチューブレスレディタイヤが採用されています。(SL1、2共に)
『SL1』は「R7000 Shimano105」をメインコンポーネントに採用しているモデルです。

2020 GIANT CONTEND SL2 ¥135,000(税抜)
メインコンポーネントに「TIAGRA」 を採用したモデル。
「SL1」「SL2」共にフレームは「ALUXX SL」を採用してます。

2020 GIANT CONTEND1 ¥100,000(税抜)
「COTEND SL」シリーズだけではなくエントリーロードバイクの定番モデルの「COTEND」もフレーム・フォーク共にモデルチェンジされケーブルルーティングやカーボンフォーク(フルカーボン)は「CONTEND SL」と同様になっています。(フレームは「ALUXX」アルミを採用)
メインコンポーネント:Shimano SORA タイヤは「チューブレスレディタイヤ」ではなく、クリンチャータイヤ 700x28Cです。

以上 2020 GIANT COTENDシリーズでした。




2020 GIANT展示会4 気になったクロスバイク。

2020 GIANT展示会シリーズ。今回は気になったクロスバイク編です。

2020 GRAVIER DISC ¥62,000(税抜)
27.5x1.75タイヤを採用している安定感抜群のクロスバイクに「安定した制動力」を持つ油圧ディスクブレーキモデル(Shimano製)が追加されました。
見た目では想像できない「軽快さ」も持ちタイヤもスキンサイドが採用され今まで以上に人気が出そうです。

2020 GIANT ESCAPE R DISC ¥62,000(税抜)
クロスバイクの超定番モデル「ESCAPE」シリーズの油圧ディスクブレーキモデル。こちらも「Shimano製油圧ディスクブレーキ」採用モデルでこの価格でShimano製を採用するとは恐ろしいコストパフォーマンスです…。(他社だと価格が高いかサードパーティ製品を使用すしていることが多いです。)
今年モデルからVブレーキモデルを含めタイヤが「700x30C」を採用しています。

2020 GIANT ESCAPE R DROP ¥66,000(税抜)
ついに「クロスバイクの魔改造」の鉄板ネタが本商品になってしまいました!w
もちろん「魔改造」するより安いコストです。ドロップハンドル化を考えている方は素直にこちらのモデルを購入する事をおススメします。(^^;)
このモデルはやっぱり「GIANT JAPAN」が企画提案したのかな…

以上 2020 GIANT 気になったクロスバイク編でした。




2020 GIANT展示会3 DEFYシリーズ

2020モデルGIANT展示会パート3です。今回はDEFYシリーズです。

2020 GIANT DEFY ADVANCED PRO 1 ¥630,000(税抜)
フルモデルチェンジにより快適性だけでなく巡行性能も高くなった「DEFY」のADVANCEDPROシリーズ。こちらは「UltegraDi2(油圧ディスクブレーキ)」のコンポーネントに「SLR1 カーボンディスクホイール」「自社クランク型パワーメーター」「CONTACT SLR D-FUSE DROPカーボンハンドルバー」を採用したモデル。また、フェンダーや700x32Cまで対応可能なレースからロードツーリングまで様々用途に対応できるロードバイクです。

2020 GIANT DEFY ADVANCED PRO 2 ¥450,000(税抜)
『1』との違いですが「コンポーネントが機械式Ultegra(油圧ディスクブレーキ)」「パワーメーターは無し」「ハンドルバーがアルミ製」が主な変更点です。

2020 GIANT DEFY ADVANCED ¥250,000(税抜)
Shimano105油圧ディスクブレーキによる軽いブレーキタッチとどんなコンディションでも安定したブレーキ性能をほこり、32Cチューブレスレディタイヤ、D‐FUSEハンドル&シートピラー採用に快適性を実現した初めてのカーボンロードバイクをお探しの方におススメバイクです!

以上 GIANT展示会パート3でした。
GIANTのWEBページも2020モデルに変更されました!こちら